イーダイブ スペシャルトリップ報告☆

ediveオペレートのインドネシア・コモドクルーズ、インド領アンダマン諸島クルーズのSPクルーズ報告!

コモドクルーズ 2012年8月 後半 

2012-08-25 | 2012/8 コモドクルーズ
コモドクルーズ後半はマンタポイントの予定だったんだけど、マンタがいない・・・
と、情報が入ったので魚影の濃い【クリスタルロック】を攻めてみた。
タカトコ(キャッスルロック)と並んで人気の高いクリスタルロック。

タカトコ同様ロウニンアジカスミアジホワイトチップナポレオン等々。
さらにギンガメアジの群れやインドネシアの海に多いイエローリボンスイートリップスの群れなど。











2本目は初めて潜った【バトゥモンチョ】
エントリーしてすぐに目の前に広がる真っ白な砂地にスパゲッティーイールの群れ。



少し進むとアマモが混じった砂地へ。。。こういうポイント大好き!
アマモと同じ色で擬態してるカミソリウオニシキフウライウオの幼魚等々。





浅場では綺麗なイソギンチャクにハナビラクマノミが。。。近ずいてよく見ると透明な小さいエビもついていた。





カイメンが多く、ヒダの隙間を探せばピンクスクワットロブスター
コモドの海には結構個体数が多いから、自分でも簡単に見つけられる。





3本目も初めてのポイント【ゴールデンパッセージ】
深場にはアオマスクアケボノハゼアカボシハナゴイなどがいたけれど。。。
正直あまり記憶に残らないポイントかな~
でも、エキジット前にマンタが通り過ぎた。

4本目はナイトダイビングで人気の高い【ゲイザービーチ】
ゲイザーとは和名でメガネウオのこと。
はたしてポイント名になるぐらい人気のメガネウオには出会えたのか?

こちらはメガネウオによく間違われる?ワニゴチ(笑)



このポイントではハナミノカサゴキリンミノの捕食シーンがよく見られるので
ぜひ動画でも撮ってみて(コツはミノカサゴの少し前にいる小魚にライトを当てることだよ)



他にもカラッパスネークイールゴーストパイプウミエラカニダマシなど
珍しい生き物たちがいっぱい。











翌日はコモドエリアを離れて火山の島サンギアン島へ
1本目はその名も【ホットロックス】

海底から湧き出す気泡の下に手を突っ込むとたしかに温かい



黒砂に色鮮やかなキンギョハナダイの群れが映える不思議な水中景観



カエルアンコウピグミーシーホースはここの定番
今年はオレンジとブラック2種類のカエルアンコウに出会えました。





浅場のリーフ内にはこれまた色違いのハダカハオコゼ







2本目もサンギアン島の【ティクノリーフ】
ここは黒砂にカラマツの仲間(ブラックコーラル)が点在していて
よく探すとニシキフウライウオクダゴンベがいたりします







3本目と4本目(ナイトダイブ)はスンバワ島の同じポイント
マーメイドのスタッフが一押しのスーパーマクロポイント!
【アンユージュアルサスペクト】直訳すると珍しい容疑者・・・
はたしてその珍しい容疑者とは???

こいつです!タイガーシュリンプ(和名はトゲツノメエビ)







他にも珍しい容疑者たちがいっぱい!
カミソリウオイポンテグリツマジロオコゼ?やイバラダツ?等々









カエルアンコウもナイトダイブと合わせると4個体!
中でも小指の爪の半分ほどの超チビなクマドリカエルアンコウの赤ちゃんにガイドもゲストも大興奮





さらに!なぜか?このポイントに多いイイジマフクロウウニには
珍しいコシオリエビの仲間やコールマンシュリンプ





透明度があまり良くなかったのでゲストには賛否両論だったけど・・・
珍しい容疑者たちをいっぱい逮捕できました(笑)



いよいよクルーズ(ダイビング)最終日は初日に潜ったモヨ島に近いサトンダ島へ
1本目は【ロストボーイ】そして、ラストダイブは初日に潜れなかった【モヨ島・エンジェルリーフ】へ

エントリーしてすぐにイエローダッシュの群れがお出迎え。
ドロップオフ沿いにはニチリンダテハゼアケボノハゼなどがいました





浅場は元気な珊瑚と魚たちがいっぱい!



真っ白な砂地に自分の影が映るほど透明度が良くて気持ちが良い~



このポイントで良く見られるスパインチーク



ガレ場ではゴールドスペックジョーフィッシュが巣穴の掃除に大忙し







今年はここ数年よりも水温が低かったせいか各ポイントで色んなウミウシたちにも出遭えましたよ!





















今回のクルーズはお祝い事がいっぱい!
100本記念の千佳ちゃん、200本記念のめぐみさん、500本記念のれいじさん、800本記念の雅夫さん
みなさんおめでとうございました!これからも安全にダイビングを楽しんでくださいね~
そして、クルーズ中に誕生日を迎えた裕美子ちゃんおめでとう!













最後に今回も安全に楽しくコモドの海を紹介してくれたマーメイドのガイド陣


















Thanks a lot & See you again !



写真提供:Ms.Kaori , Ms.Yumi




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コモドクルーズ 2012年8月 前半

2012-08-23 | 2012/8 コモドクルーズ


大人気のバリ島発のコモドクルーズ。
満員御礼の18名のゲストと共にShoji&Kyoで行ってきました。

バリ島に現地集合して夜出港。
日本からだと直行便もあって、その日のうちに乗船も可能だから楽ちん!
クルーズ船は勝手知ったる快適クルーズ船マーメイドⅡ号。




約16時間の船旅で目指す最初のポイントは【モヨ島・エンジェルリーフ】
のはずが・・・先にほかの船が入っていたので、急きょポイント変更したのはすぐ隣の小さな隠れ根。
その名も【リトルエンジェル】へ。。。

でも、暗黙のルール(各ポイントにボート1艘まで)をみんなが守ってるから
同じポイントで他のダイバーに会うこともないし、珊瑚や魚達も元気いっぱい。






浅場のガレ場ではハナヒゲウツボの幼魚&成魚






2本目は【スンバワ島・スンバワウォール】でナイトダイブ。
夜はそのままコモドエリアまで船を走らせ、2日目の1本目は【ギリバンタ島・ギリバンタベイ】へ
クマドリカエルアンコウピグミーシーホースなど人気のマクロネタを激写。





エントリーしてすぐにマンタを2枚見たチームも。。。


2本目は大物期待の【タカトコ】別名キャッスルロックとも呼ばれているコモドエリアの人気のポイント。
今回は潮どまりを狙って入ったので、ほとんど流れがなくせっかく買ったカレントフックも出番なし。
それでも魚影が濃くてロウニンアジカスミアジの編隊がクマザサハナムロの群れに突っ込むシーンは圧巻。






マダラトビエイナポレオンホワイトチップなども普通に見れる。








3本目はマンタ狙いで【タカマカサー】へ
流れ強い。。。
マンタいない。。。
ドリフトだけど泳ぐ。。。
珊瑚も魚もあまりいない。。。

そんな中で記念すべき100本記念を迎えた千佳ちゃん!
おめでとう~
ある意味忘れられない記念ダイブだったね(笑)


4本目は【リンチャ島・ワイニル】でナイトダイブ
ゼブラガニピカチューウミウシのカップル、セミホウボウなど珍しい生き物がたくさん見れました。








クルーズ3日目の朝はリンチャ島へ上陸。
コモドドラゴンツアーへ出発!
桟橋に着くとサルの親子がお出迎え~




去年までは無かった立派なエントランスが不気味にそびえ立っていた。




出ました~朝の散歩。。。ではなくて、体温を温めるためにこうして朝は外に出てくるんだそうです。
危ないからあまり近づかないでね~






1時間弱のトレッキング。
結構きつかったです。。。ヤバいですね、体力鍛えないと。
でも、上からの景色は最高でしたよ~









朝食後、1本目はここも人気のポイントの一つ【バトゥボロン】へ
目の前で乱舞するキンギョハナダイの群れは本当に素晴らしいです。






そして、浅場のサンゴがめちゃめちゃ綺麗です!




2本目、3本目はタタワ島の【タタワベサ】【タタワケチル】
タタワベサは初めて潜ったけど個人的にはかなり気に入りました。
大きな島の東側のリーフなんだけど、北側はソフトコーラル、南側はハードコーラル
そして最後はマングローブで終わるといった変化のあるロングドリフトのポイントです。











この日は3本で終了~
そして今日はビデオグラファーPEPEのバースデー!
スタッフが手作りケーキでお祝い。
かなり怪しげな色をしたクリームだけど。。。








前半はここまで。
後半は近日中にアップしますのでお楽しみに~



写真提供 Ms.Kaori , Ms.Yumi

コメント
この記事をはてなブックマークに追加