医者嫌いのジスキネジア治療記

(注)私は医者じゃないので、すべての情報に一切の責任は取れませんが、参考にしていただけたら幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

(新しいブログに載せた記事)このブログの記事についての謝罪

2017-03-14 16:03:00 | 日記

このブログの記事「久しぶり」の記事において、まず冒頭で8割がた治ってきたので更新と書いてしまったのですが、それが思い違いも甚だしく、たくさんの人を傷つけた記事であることをお詫び申しあげます。しっかりした体幹と姿勢が出来上がったと書いたのも、思い違いでした。
それから、「昨日」という記事の中で、キチガイ医 と病名で検索すれば、見たい記事が出てきますよ! と言ったのことも、間違いでした。辞書のようにすべてが出てくるわけではありません。本当に失礼しました。(今は「うつみんのブログ」に改名したようです)
「姿勢を正したら調子が良くなってきた」と、最新の「久しぶり」の記事では、ヨガや体感トレーニングについて書きましたが、姿勢に着眼点を置いたこと自体は間違ってはいないものの、つらい症状で動けない人や寝たきりの人々の気持ちを一切わかっていない失礼な記事ですみません。
そもそもの原因が骨格のずれと心の状態にあるのに、運動をするということ自体狂っていました。
色々なエクササイズや治療法に関しては、確かに効果は感じていたのですが、私の場合は対症療法に過ぎませんでした。
期待を持たせるようなことを書いて、一喜一憂させるなんて、最低にも程がありますよね。
他にも、「自生思考」という記事で、鍼灸をぜひ試してほしいですと書きましたが、ひとりひとりの体は全然違うにもかかわらず、押しつけがましいことになってしまい申し訳ありませんでした。
体と心はひとりひとりちがうから、合う合わないがあるという基本をわかっていませんでした。
鍼灸やヨガ、整体で治る人もいるし、それ自体間違いではないのですけどね。私自身はこれらによって症状が消える瞬間というものがありましたし、
あとは継続あるのみだとばかり思い込んでいましたが、そうではなかったです。
私の場合、結局根本から治すというものではなかったし、地に足がまるでついていなかったです。



前のブログを読んでくれた方々がこのブログを見つけやすくなるように、一応過去ログはコピペして載せておきますが、新しくこれを読み始める人は、過去の引継ぎの記事は見ないほうがいいでしょう。

それと、体と精神は、一人ひとり全然違うし、何をやったらいいかということは、本人しかわからないという基本をわかっていませんでした。心身共に傷つき、治療そのものに向き合えない人もいるということに考えを及ばせられなかった自分が情けないです。
本当に申し訳ありませんでした。



 追記

・以前のブログのパスワードを忘れてしまったので、以前のブログのコメント欄に、こちらのURLは一応貼り付けておきました。
(ここに書いておいても意味ないけど)

  


※ 次の記事からは新しいブログから掲載します。
  新しいブログ
  医者嫌いのジスキネジア治療記 続編 



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (新しいブログに載せた記事... | トップ | (新しいブログにのせた記事... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。