医者嫌いのジスキネジア治療記

(注)私は医者じゃないので、すべての情報に一切の責任は取れませんが、参考にしていただけたら幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

児童相談所の子供の拉致

2017-04-07 14:58:42 | 日記
病気治療とは全然関係ないけど重要なこと

虐待の実態がないにも関わらず、一時保護と称して児童相談所が子供を拉致するといった恐ろしい実態があるようです。


ここのブログを読んでくれている人たちは、基本的に薬害に遭った人達だと思うから、薬品の恐ろしさは身をもってよくわかっていることと思います。
その知識を持った人たちが狙われているんですよね。
例えば、薬品やワクチン(ワクチンも薬品同様健康被害を引き起こす。子宮頸がんワクチンの被害は記憶に新しい代表例。イタリアではワクチンを打って子供がダウン症になった事件が起きた。・自閉症はワクチン病だった!しかもメーカーはそれを知っていながら隠していた!)は子供に有害だとわかっているため、子どもを病院に連れて行かないようにすると、親が虐待しているとみなされ、通報されます。有害な薬品から子供を守っているにも関わらず、です。
逆に、こどもが事故でけがをしてしまったとき病院に連れていった際でも、医師が勝手に虐待だと判断したらまた児相に通報され、一時保護という「拉致」をされます。
子どもが風邪を引いたり病気になったりしても、症状は体を良くするために起こしている反応であるから、薬品を投与して無理やり押さえつけてはいけない。
こういった知識のあるまともな人たちが、行政や権威からターゲットにされているのです。
他にも、砂糖や牛乳が人体にとって有害なのは有名なのですが、それを給食で断ったり、家庭でお菓子を与えないようにしているとまた、虐待とみなされ、通報されます。服の重ね着のしすぎが子どもの体温調節機能を弱めるからといって、冬に厚着させないのも、虐待扱いされます。(真冬でも半袖短パンの子供なんて普通にいただろって思うんですけどね)市販の紙おむつに化学薬品が使われているから、こどもを守るためにおむつなし育児を選択してもまた、虐待扱いしてきます。(ちなみに市販の生理用品に金属片が入っていたことが明らかになり、メーカーが回収していることがニュースになった:女性ご注意!生理用品に金属片が混入の恐れ P&Gウィスパー自主回収
ひどいときは、親が病床にあるとき、こどもを育児放棄しているとみなして一時保護、つまり拉致するそうです。
なぜ児相の職員はやめないのか。それは児童相談所が子供を保護すると、ひとりあたり30万円政府から支給されるという制度があるからです。学校の校長や教職員も、こどものケガやあざを見たらすぐに児相に保護させるよう言われており、彼らは実態わかっていないので保護者が何を言っても話を聞き入れず、無理矢理児相に入れ込むそうです。(もちろんわかっててやっている人もいます。)

その結果、子供に何年も会わせてもらえない家族が増えているそうです。
子どもが帰りたいとすがっても、帰すことはないそうです。
それだけではない。
なんと、子供に精神病薬を投与するそうです。
小さなこどもが、私たちが飲んで被害に遭ったあの恐ろしい薬品を飲まされ、薬害に遭っているというのです。これも、製薬会社から児相に補助金が出るためですね。
ちなみに児相は権限が強大なため、どれだけ裁判を行っても、まず勝てることはありません。製薬会社は実態がばれてきているため、抱えた在庫を処分して子供を洗脳したいのです。。
そして親たちの時間と精神と金を奪って追い詰めていくそうです。兵糧攻めですね。
行政、製薬会社、製菓会社、司法、警察、病院行政、学校はみんなグルで、人を不幸にして金を奪うためならなんでもします。マスコミもグルなので、虐待が増えていると嘘の報道をし、児相の犯罪を後押ししています。特に、NHKと5大新聞社は不買しなければいけないのです。
児童虐待の件数は増えていませんし、本当に虐待している親の場合、児相職員は関わるのを嫌がって、それこそ介入しないそうです。

最低ですね。とにかく児相の拉致を許してはいけません。児相の職員には、明らかな悪人もいますが、実態がわかっていない善人が、普通の親を虐待している悪魔だと思ってしまっているので、もし被害に遭った場合、まずは相手と仲良くなって、よくコミュニケーションを取り、誤解を解くことが大切だそうです。


被害者のブログやニュースを貼っておくので、是非家族や友人、沢山の人に情報を共有してほしいですね。日本だけではなく、アメリカや中国でもかなり深刻な問題になっているそうです。(アメリカでは、児相が拉致した子供が小児性愛者へ人身売買されたり、子供が殺されてマックの商品の肉にする犯罪が起きている。オバマやクリントン夫妻、またエリザベス女王やローマ法王など、特権階級や王族皇族には小児性愛の犯罪者が非常に多い。ヒラリークリントンはメールを使う際、隠語で子供をピザと称し、子供の人身売買の流通ルート「ピザゲート」を通してホワイトハウスに沢山の子供を送り込ませ強姦や殺人を行ってきたとされる。ピザゲートの他に、ディズニーゲートもある。エリザベス女王とローマ法王(既に辞任しているベネディクトの方)は5万人の子供を虐殺したとして、ベルギーの国際慣習法裁判所から逮捕状が出ている。日本の警察監督も、子供の人身売買に関わろうとしている。

子供5万人大虐殺の罪で英女王、ローマ法王、カナダ首相、バチカンが25年の懲役刑を受けます

イギリス王室が叩かれてるだとか…にわかに信じがたい話。裏社会の正体はあるのか。噂の黒い貴族たちとは
【ディズニー帝国の真相】:悪魔崇拝のサブリナルメッセージが・・・
これものせとこ。フランシスコ法王の犯罪。
International Common Law Court of Justice Finds Pope Francis Guilty of Child Trafficking, Rape, Murder 国際慣習法裁判所により、フランシスコ法王が子供を人身売買、レイプ、そして殺人していた事が発覚

米マクドナルドが子供の人肉を使っていた Human Meat Found In McDonald’s Meat Factory


オバマの小児性愛の写真



ホワイトハウス前のピザゲートのデモ。


日本の児相被害者のブログやニュース

児童相談所 一時保護という名の拉致【本当の虐待は放置?】我が子に会えない…児相の現状と問題点

肉食鍼灸師の食養ブログ 児童相談所に通報されてわかったこと


もう5年も児童相談所に「保護」されている子供 ①

Keishohのブログ

児童相談所拉致


児童相談所の怖い話 内海聡(著)
(一時保護と称した拉致について書いてある本)



告発 児童相談所が子供を殺す (文春新書) 単行本 – 2016/9/21
山脇 由貴子 (著)


(本当に虐待されている子供は救済しないことについて書いてある本)

甲斐由美子さんというカウンセラーの方も、児相被害者の救済活動に当たられ、児相の実態をtwitterやフェイスブック、ブログなどで発信しているそうです。
自律サポート カウンセラー 甲斐由美子 児童相談所の実態
http://ameblo.jp/hi-mawaricom/entry-11908167452.html
甲斐 由美子 フェイスブック 児童相談所の問題
https://ja-jp.facebook.com/y.kai1/posts/870352223009687

のんびり親子」という、児相問題に取り組む団体もあるので、リンク貼っておきますね。
http://ameblo.jp/ji-sou/


いずれにせよ、児相は子供を殺す組織でしかありません。
マスコミもグルである以上、兎に角この問題に関しては、人々の認知度を高めることが大切です。

この重要な問題について以前から知っていたにも関わらず、このように記事にするのが大変遅れてしまって申し訳ございません。
この件に関しては、何卒広めてもらうようお願いします。








ブログを新しく移転しました
移転先 医者嫌いのジスキネジア治療記 続編 前のブログのパスワードを忘れたため、再開設しました。
    http://blog.goo.ne.jp/genmaimugimeshi123











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事が見れなくなること

2017-03-29 18:59:49 | 日記
最近、医療や政治の実態を伝えているネット記事が見れなくなるということがあるそうです。
インターネット監視法というものがありますからね。
自分のブログは大したものではないので、大丈夫だろうとは思いますが。。。

「遅くなってしまい、申し訳ございません(1)」からのブログ記事は反映されているでしょうか?
もしよかったら、見れているかどうかをコメントに書いてくれるとありがたいです。

個人的な相談等は一切乗れませんが、よろしくお願いします。




追記
別のところで見れていると報告をいただきました。
ありがとうございました。

ブログを新しく移転しました
移転先 医者嫌いのジスキネジア治療記 続編 前のブログのパスワードを忘れたため、再開設しました。
    http://blog.goo.ne.jp/genmaimugimeshi123


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前のブログから引き継いだ記事に関して

2017-03-28 18:12:52 | 日記
前のブログからの引継ぎの記事のいくつかに、注意書きと謝罪を載せました。
赤字で書いてある部分です。遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
リンクが抜けている部分もあったので、一応載せました。でも、人によって何がいいか悪いかは全く分かりませんし、古い記事を参考にするにしても、自己責任でお願いします。私はただの一般人です。
わたしは内海聡さんという、医療の実態を伝えてくれている人のフェイスブック記事を参考に治療していますが、彼もまた「何が正しいかわからない」とおっしゃっていますし、彼が絶対というわけではないと思います。
本当に、心と体は人によって違いますからね。
とにかく、人の状況を思いやらない傲慢な記事ですみませんでした。

それではお大事に。


ブログを新しく移転しました
移転先 医者嫌いのジスキネジア治療記 続編 前のブログのパスワードを忘れたため、再開設しました。
    http://blog.goo.ne.jp/genmaimugimeshi123
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「今までの経緯と現状、そして考えた事のまとめ。」の記事について

2017-03-28 03:19:48 | 日記
「今までの経緯と現状、そして考えた事のまとめ。」という記事をずっと非公開にしていましたが、先週から再び公開しています。
新しいほうのブログにもコピペしました。
公開しないほうがいいかな、したとしても知らせないほうがいいかなと思っていたのですが、やはり知らせたほうがいいかと思い、公開することにしました。
読む場合は、こころと体は人によって全然違うということを念頭に、注意書きを読んでお読みください。


ブログを新しく移転しました
移転先 医者嫌いのジスキネジア治療記 続編 前のブログのパスワードを忘れたため、再開設しました。
    http://blog.goo.ne.jp/genmaimugimeshi123

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事の書き換えとコメント拒否について

2017-03-27 22:17:43 | 日記
間違いを訂正したり、説明不足だった部分を補うために、ちょこちょこ過去の記事に補足をつぎ足すことがあります。
一応報告しておきます。
落ち着きがなくて申し訳ありません。

それと、コメント欄に、個人の症状について質問される方が以前いらっしゃったのですが、申し訳ありませんがさすがにそこまで深く言及はできません。
自分は内海聡さんという、医療の実態を伝えてくれている人のフェイスブック記事を参考にした経験を載せることしかできません。
体とこころはひとりひとり全然違います。
というわけで、コメントは基本的にお断りさせていただきます。

ブログを新しく移転しました
移転先 医者嫌いのジスキネジア治療記 続編 前のブログのパスワードを忘れたため、再開設しました。
    http://blog.goo.ne.jp/genmaimugimeshi123
コメント
この記事をはてなブックマークに追加