二層透かし彫りの作品を試行錯誤しながら…

二層透かし彫りの花瓶の内側の筒には下絵が描かれている、透かしの模様とのバランスで上手く見えないのが残念でならない。作られたのは石塚さんで、二層透かし彫りの作品を試行錯誤しながら追い続けている、何作も作っては壊れたりしているが思い描いた作品が出来る事を期待し応援していこうと思っている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」にカモシカ訪問…

何時もは陶芸の写真が載っているが、今日はカモシカの写真となった。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」は5週目は工房を休ませていただいて、7月から行なわれる夏休み体験陶芸の準備を進めていた。妻と二人で棚を移動させたり汗だくで頑張ってホットした頃、突然のカモシカの訪問となった。カモシカを見かけ最初は驚いたがデジカメで撮影しながら5m位まで近づいてもカモシカは驚きも逃げもしなかった。

秋田魁新報に第52回県美術展覧会の入賞・入選者の名前が発表され、何人かの知人の名前を見つけた。自分も若い頃には出品し発表日になるとソワソワした事を思い出した、現在は妻の出品のアシストをしており、妻の名前を入選者の中に見つけホットしたが、何時かは受賞できるようは作品を作って欲しいと願っている。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

二層透かし彫りの花器…

二層透かし彫りの花器、紅葉に蜻蛉の模様をあしらっておりレイアウトする際に感覚的に配列しているようだ。同じ模様を規則的に割出すのも大変だが、オリジナルな模様を考え色んな二層の透かし彫りの作品作りを続けて欲しいと思っている。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日職場の同僚4人が体験陶芸に来られカップや皿・ランプシェード作りに挑戦、午前中から午後3時頃まで作陶を楽しんでいた。また創遊舎では、午前中にキルトの講座があり、午後からは押花講座も行なわれました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

町内で採れた粘土を使って作った茶碗…

町内で採れた粘土を使って作った茶碗、一度作った時には温度に耐えられず型崩れしたので、市販の白粘土を30%混ぜて作ってみた。どうにか茶碗が出来上がったが釉薬はどのように対応したらよいのか、また挑戦してみようと考えている。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日は工房を休ませていただいております。7月に入ると子供会等の夏休み体験陶芸が行なわれる、楽しく作品を作れるように手作りで道具を作ったり準備を進めております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

清楚で上品な器…

透かし模様の入った蓋付の器は山田さんが作られましたが菓子器でしょうか。白い釉薬が掛けられて清楚で上品な器には、どんなお菓子を容れて接待されのでしょうか。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」で今日作陶の方は、複雑な模様の切抜きをされておりました、市内は気温が上がり蒸暑つく細かな作業をするには集中力の持続が大変ですが、予定時間内に完成させたようです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

以前急須に掛けた色合いが気に入り今回の茶碗にも…

茶蕎麦釉を掛けた茶碗を作ったのは山田さんです、以前急須に掛けた色合いが気に入り今回の茶碗にも同じ釉薬を使われたようです。茶碗は今日窯出しされたので本人は作品をまだ見ておりませんが、気に入ってもらえれば幸いです。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日は朝早くから窯出しを行ないました、その後は市内の窯元で展示会が行なわれているので見学に行って来ました。窯場にある2基の登り窯も見学させていただきました。また今日は自宅裏の家庭菜園でキウリの初収獲…、早速初物を美味しく頂きました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

紅葉や蜻蛉の模様を切り抜いた二層の花器…

紅葉や蜻蛉の模様を切り抜いた二層の花器は田中さんが作られました、細い線を残しての透かしは乾燥段階でヒビが入ったりして大変ですが、良い状態で出来上がり作られたご本人に喜んでいただければと思っております。

秋田市・手作り工房創遊舎では、今日午後から地域の居宅介護支援事業所でポーセラーツの講座を開かせていただきました。参加者は24名で皆さんポーセラーツは始めての体験でしたが、マグカップにシールで絵付けをしていただきました。レイアウトを考えオリジナルの作品を作ろうと真剣に取り組んでおられました、作品は窯で焼成し後日お届けします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

勝手が良いようにオリジナルの形に…

手付きの作品は、畠山さんがコーヒーを楽しむ時にスプーン等を入れたりするために作られたようです、買い求めるのではなく使い勝手が良いようにオリジナルの形に作りあげ、好きなコーヒーを楽しむ事が出来るのは、作陶しているから出来ることでしょうね。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」で今日作陶方は、隣接市から来られご自身がイメージした皿を5枚・2枚とセットで作られていました。帰りには時折雨が降ったりの道路状況でしたが無事ご帰宅さられた事でしょうね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

耳を付け拘った形に作り上げ…

蓋付の作品は高橋さんが作られました、耳を付け拘った形に作り上げ、釉薬も良い雰囲気の色合いを出しているようです。今日は作陶日なので新しい作品を作っていましたが、帰りには出来上がった作品を持ち帰っておりますので、もう使われているのでしょうか。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日作陶の方たちはそれぞれ思い描いた作品を作っておられましたが、最近蕗を型押しした皿を作るのを見かけます。秋田蕗など良い形の蕗の葉が手に入る季節なので、葉脈等を綺麗に型押ししてオリジナルの皿を体験陶芸でも作れます、是非この機会に挑戦して見ませんか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

紐作りで立上げて口周りを滑らかにせず…

透かしの模様を入れた作品は佐藤さんがラックとして作られました、紐作りで立上げて口周りを滑らかにせず、手作り感を残したままに完成させているようです。きっとラックにいれられる物を想定されて作られたことでしょうね。

秋田市・手作り工房創遊舎では、午前中には絵手紙講座が行なわれました。天気予報では時折雷雨もあるとの事、自転車で来られる方も多いので、雨を気にされ休まれた方もおられました。「陶恵窯」では作陶に来られた方は透かし模様の仕上げをされ、その後素焼きの終った作品に釉薬を掛けられ午前中で作業を終えられました。帰りには完成した作品を大切に持ち帰られております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

初めて巾着型のランプシェード…

初めて巾着型のランプシェードを作られたのは八柳さんで、紐作りで立上げてから口を桜の形に作るのは、粘土の特性を活かしなが徐々に絞り込んでいきます。桜の模様の切り抜きも乾燥させないように気遣いながら綺麗に作られており、灯りを燈される瞬間が楽しみですね。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」は今日素焼きの窯出しがされ、午前中には次回の本焼きに向けて釉薬掛けの対応をしていました。午後からはゆっくり休んで英気を蓄え明日からの仕事に備えようと考えております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ロウソクが飾られ天使が祈りをしている作品…

ロウソクが飾られ天使が祈りをしている様子を作品にしたクリスマス用の飾りは斎藤さんが作られました。クリスマス用のランプシェードも沢山作られており、お孫さんのプレゼントでしょうか…夢のある作品を沢山飾られ一緒に喜ぶ姿が浮かんできます。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日土曜を作陶日されている方たちが作品作りを楽しんでいました。細かな作業をされた方もおられたり、それぞれの工程を3時近くまでされ、帰りには出来上がった作品を持ち帰られました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

燭台に燈る仄かな灯りは情緒があって…

鳥をイメージしたような形は燭台とし作られました、皿の中央部にはロウソクを立てる釘がセッティング出るように作られておりました。黒っぽい色合いにしたのはロウソクが引き立つように配慮されているようです、ロウソクの仄かな灯りも情緒があって楽しいことでしょうね。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日前回から作られていた透かし模様のの仕上げや、タタラで作り上げた作品に細かな細工を施したり色んな手順で作業をされていました。また釉薬掛けをされた方は昨日と二日続けての作品作りとなりました、それぞれの方たちがイメージした出来上がりになってくれればと思っています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

オリジナルの模様を考え試行錯誤しながら…

二層透かし彫り花器は石塚さんが先日に焼き上げたものです、二層の作品はオリジナルの模様を考え試行錯誤しながら色んな作品に挑戦しているようですが、いまだに満足のいく作品にはなっていないようです。使用する粘土によって透かし模様に亀裂が出たり、一作毎に問題が生じいるようですが頑張ってクリアして欲しいものです。

秋田市・手作り工房創遊舎では今日午前中にビーズの講座が行なわれました、講師の指導を受けながら細かな作業をこなし作品に仕上げていました。また「陶恵窯」でな釉薬をかけたり、細かな透かし模様を切り抜いたり各自の工程に合わせた作業をされていました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

陶芸で初めて作ったのが大小2個のピエロ…

陶芸で初めて作ったのが大小2個のピエロ…作られたのは柿沢さんで紙粘土の制作は以前あったとの事、初めての作品とは思えない見事な陶人形、きっと良い思い出になる作品となる事でしょうね。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日作陶の方は紐作りで大きな作品を立ち上げていました。また工房では今朝早くから素焼きの窯焚きが行なわれましたが順調に予定時間内に温度が上がりホットしております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ