灯りが燈ると大空に開く花火の如く…

四角に花火をイメージした模様を切抜いたランプシェードは佐藤さんが作られました。大きさは14cm位ですが灯りが燈ると大空に開く花火の如く各面へ光が飛び散る事でしょう。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日は朝から素焼きの窯焚きが行なわれ午後4時近くには無事焚き終えました。また今日は居宅介護支援事業所から次回に行なわれる講座の相談があり、ポーセラーツの提案をさせていただきました。また皆さんと楽しく作品作りが出来ればと願っています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

色んな透かし模様の切抜きは手馴れた細工…

白い釉薬が掛けられた香炉は石井さんが作られました、色んな透かし模様の切抜きは手馴れた細工の石井さんです。最近は作品を作られる度に難易度の高いものに挑戦されているようで…今回の香炉も難しい形をバランス良く作りあげておられるようです。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」工房脇の梅は、3月中旬頃には花が咲きそうな気配であったが、最近雪が降ったりの季節の変化で蕾が頑なに開こうとしない。春が遅い秋田とはいえ早く梅の花が咲き…そして桜の花が咲く時期が来て欲しいと思う今日この頃である。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

灯りが燈った時には大輪の花火が夜空に…

紹介のランプシェードは田村さんが作られました、切り抜かれた模様は何をイメージされたのでしょうか…。灯りが燈った時には大輪の花火が夜空にひらいたようにも見え、見る人の感性で色んな夢が広がります。

秋田市・手作り工房創遊舎では今日は午前中にパッチワークの講座、午後からは押花講座が開かれました。陶芸は5週目は休みとなっており作陶される方はおらず、4月に入ってから皆さんの楽しく作品を作る様子が見られます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

古色然とした趣のある雰囲気が兜飾りとしの品位を…

昨日窯出しされた兜飾りは茶蕎麦釉が掛けられ、古色然とした趣のある雰囲気が兜飾りとしの品位を保っているようです。同時に出来上がった、端午の節句にと作られた「つるし飾」と一緒に飾られたら、きっと嬉しいお祝いが出来ることでしょうね。

秋田市・手作り工房創遊舎では今日は陶芸は休ませていただき、絵手紙講座を地元ハウスメーカーのイベントで開かせていただきました。10時からお昼までの講座でしたが、皆さん初心者とは思えないような筆運びで描いておられました、最後には講師の助言や補筆で出来上がった作品に皆さん満足されたようでした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ボトルをイメージした形にトナカイなどを切り抜いて…

ボトルをイメージした形にトナカイなどを切り抜いたランプシェードは、斎藤さんが得意とする透かし模様のデザインです。釉薬の掛け分けで森がスッポトライトが当たったような雰囲気を演出しているように見えます。灯りが灯されるとどのような情景が浮かんでくるのでしょうか。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日は本焼きの窯出しが行なわれ、紹介の作品も今日出来上がったものです。他の作品も沢山あり随時紹介していきます、また作陶の方は今日が2回目で前回作られた作品の高台作りなどされていました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スポットライトをイメージしたようなランプシェードは…

スポットライトをイメージしたようなランプシェードは、桜の切抜き模様が内側にライトアップされたように映り、ドーム型のランプシェードと違った雰囲気となりました。いろんな発想でオンリーワンの作品を作り自分の世界を表現できる事が作陶の楽しみのようです。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日は作陶を休み、スタッフで隣接市へ作品展を見学に出かけました。他の人達が作られた作品から次回の作品作りに役立つイメージが広がってくれればと思います。明日は本焼きの窯出しが行なわれます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

頭に葉っぱを載せた狸は香炉…

頭に葉っぱを載せた狸は香炉として関谷さんが作られました、下絵の具で色付けし透明釉を掛けているようです。出来上がった作品はまだご本人が見ておりませんが喜んでいただければと思っております。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日は手付きの作品を作られたり、リンゴの形をイメージして作られたランプシェードに、花模様を切り抜いたりしていました。同じ作品を3個作っていましたので依頼されたのでしょうか。28日に絵手紙講座を依頼されて画帳を買いに行きましたが秋田では同じ品が10冊揃わない…明日また同列店を捜しどうにか揃えようと考えております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

花が開くところをイメージして作られたような花器は…

花が開くところをイメージして作られたような花器は石塚さんが作られました、釉薬は黒天目に白萩を霧吹きで掛けたようです、花瓶の口を作り込んでいる分…色合いは控えめにされたのでしょうか。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日は朝早くから本焼きの窯焚きを行なっております、作陶に来られた方でお地蔵さんを作られたり、釉薬や絵付けをしている方もおられました。陶器のつるし飾りを作ったいる人達は、端午の節句用の鯉のぼりや熊に跨った金太郎など2.5~4cm位の作品を紐に通して飾り付けており完成が楽しみです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

色んな食材の盛り付けに適した器は体験で…

色んな食材の盛り付けに適した器は体験で作られた作品です、出来上がった作品は今日午後に千秋苑在宅介護支援事業所に、16人の皆さんの作品と一緒にお届けしました。25日には皆さんの集まりがあり作品を手にされます、作った時の話しなどされお互い作品の出来上がりを喜んでいただければと思っております。

秋田市・手作り工房創遊舎では、今度の日曜日に「ライファ秋田南」さん主催の感謝祭で絵手紙講座を開く事になり、材料の購入などの対応をしておりました。参加される皆さんが楽しく有意義な講座であったと喜んでいただけるよう、講師の先生と万全の対応で臨もうと考えております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

結婚式でご両親にプレゼントするために初めての陶芸…

結婚式でご両親にプレゼントするために、初めての陶芸で感謝の気持ちを込めて作られたオンリーワンのカップです。お二人で陶芸に来られたのは2月で…4月の披露宴でご両親にプレゼントするためにカップを作りたいとの希望で、一日の制作であったがお互いのご両親へのカップとマイカップも作られた…お二人の末永い幸をご祈念申し上げます。

秋田市・手作り工房「創遊舎」では、今日二層透かし彫りの作品の試作品作りをされていました。今年も公募展に出品する作品を色々考えているようで、どんなイメージの作品を作られるのか出来上がりを楽しみしております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

それぞれの仕草の五体の地蔵さん…

それぞれの仕草の五体の地蔵さんに作られた安田さんはどんな願いを込められてのでしょうか。焼締めの地蔵さんと灯篭など釉薬を掛け分けた事で、長閑で心和む情景に出来上がったように思われます。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日彼岸の中日は墓参のため休ませていただきました。天気予報では大荒れとの事で田舎までの遠出は躊躇しましたが、何度も予報を確認し一年ぶりに先祖の墓参りをしました。帰りにまだ雪壁の有る道路を通り、中学生の頃…雪道を何キロも歩いて通った事が思い出されました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

居宅介護支援センターで行なった体験陶芸…

2月25日に居宅介護支援事業所で行なった体験陶芸の作品が焼き上がった、16人参加で色んな作品が出来上がったが25日には皆さんの手元に届く、喜んでいただければと思っている。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日本焼きの窯出しが行なわれ、体験陶芸で作られた作品などが出来上がった。年齢が65歳以上の方達が参加されている支援事業所での陶芸は皆さん楽しみにされており、一緒に陶芸が出来る事は「陶恵窯」としても嬉しい出会い出る。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

満開の桜が咲いたようなランプシェードは…

満開の桜が咲いたようなランプシェードは佐々木さんが作られた作品です、秋田市内の施設で早くも桜が咲いたニュースが報道された、「陶恵窯」の工房脇の桜も例年窯焚きの温度の影響で早く咲くのだが今日の様子ではまだ先のようですが、何時になったら満開の桜が見られるのか今から楽しみです。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日つるし雛飾り用の小さな梅やお雛ささま等に下絵の具で色付けされていましたが、小さな作品でも数が多いの難儀されているようでした。また練り込みで皿などを作られたり、色んな試みをされ作陶を楽しんでいました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ラインを入れた中鉢は使い勝手の良く…

ラインを入れた中鉢は使い勝手の良い大きさのため、色んな惣菜が入れられて食卓に登場します。普段使いの器は気取らず使い込んでいくうちに愛着がわいてくるようです、自分が毎日お茶を飲んでいる茶碗は少し歪になっているが、手に馴染んで飲むお茶の味も格別です。

秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では昨日の本焼きは20時近くまでかかり、今日は作陶せず少しのんびり過ごしていました。今月28日には絵手紙講座の依頼があり出前で講座を開きます、参加者は10名との事で画材などを通販で注文したら大阪から2日で届きました。秋田では品揃えが大変でも色んな対応が出来る事嬉しく思いました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

二層透かし彫りの花器…模様の割り出しは

二層透かし彫りの花器は13日に紹介した三つ耳付の花器と同時期に作られ同じような模様を切り抜いている。模様の割り出しには注意をしながら行なっているようだが、誤差を生じた部分をどのように対応するのだろうかとフト思う時がある…小さな事には拘らないと作り手は笑っているが…。

秋田市・手作り工房創遊舎では今日、ブリザードフラワーの講座が午前と午後の2回行なわれ、バスケットにアレジメントされた作品を作られていました。また「陶恵窯」では朝6時から本焼きの窯焚きが行なわれており、体験陶芸で作られた作品が焼かれております。皆さん出来上がりを楽しみにされているので壊れることなく無事に焼き上がってくれればと願っております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ