焼き締めの花器

帽子をかぶった焼き締めの作品は花器として作られたようで、丸く抜かれたところに花が飾られている様子が想像される…作られたのは山田さんです。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、昨日窯焚きされた温度が350度近くまで下がっておりました。今日陶芸に来られた方たちは釉薬掛けの準備をされたり、製作中の作品の成形をされたりしております、想い描いた作品に出来上がってくれれば思います。



焼き締めの花器

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

トンボ模様のランプシェード

トンボの模様を切り抜いたランプシェードは佐藤さんが作られました、赤土を使い織部釉薬がかけられているようです、灯りを燈すとトンボが浮かんでくる光景が見えてくるようです。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では外はまだ薄暗い6時から本焼きの窯焚きを行っており、終了予定は19時ですが無事焚き終えて欲しいものです、窯出しは2日となります。

トンボ模様のランプシェード

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

寄り添うワンちゃん

愛犬をイメージして作られたワンちゃん、親犬に寄り添って可愛いですね、作られたのは佐藤さんで、色が違ったワンちゃんも作られておりました。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日ランプシェードの体験があります、イメージ通り仕上がってくれればと思います。

寄り添うワンちゃん

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シャイに構えたフクロウのランプシェード

少し斜めに構えたフクロウのランプシェードは吉田さんが作られました、白土を使い鉄赤釉薬を掛けハートの模様を切り抜いたランプシエードは、どんな想いを込めて作られたのでしょうか。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日は陶芸を通じてどんな出会いがあるのでしょうか。本焼きの窯焚きを予定しておりましたが、明日おこなう事にしました、今日は途中までの作成中の作品の仕上げや、釉薬掛けが行われる予定です、思い通りの作品に出来上がってくれればと思います。

シャイに構えたフクロウのランプシェード

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

親子カメとカエル

親子のカメと葉っぱにのったカエルを作られたのは吉川さんです、今にも葉っぱから飛び出しそうな状況を上手く捉えられ、陶人形などもリアルに作られ吉川さんの表現力には感心させられます。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、昨日窯出しが行われ今朝撮影し紹介となりました。バラエティに富んだ作品が沢山出来上がっておりますので順次紹介して行きたいと思っております。


親子カメとカエル

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

雰囲気が素敵手付きの器

手付きの器は片口として作られたのでしょうか、釉薬も二度掛けされ良い雰囲気を醸しだしております。出来上がった作品は持ち帰られておりますので、お使いになられたのでしょうか。秋田市手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日本焼きの窯出しが行われましたが、撮影の段取りができませんでした、作品は明日からお渡しできますので、楽しみにしてお出でください。

雰囲気が素敵手付きの器

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

白御影で作られたランプシェード

白御影の粘土を使って作られたランプシェードには、桜の模様が花びら一枚一枚丁寧に切り抜かれており作られたのは斉藤さんです、イメージされた色んな形の作品を何時も手際よく作られるのには驚きです。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日も休みですが明日には本焼きの窯出しが行われます、皆さんの作品がどんな色合いで出来上がっているのか楽しみです。

桜模様のランプシェード

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ランプシェードからはどんな光が…

赤土を使って作られたのでしょうか、巴の形に模様を切り抜いて作られたランプシェードは佐藤さんが作られました。ランプは光が変化するものを使うと楽しみが広がりそうですね。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、昨日の窯焚きは19時半近くまでかかりました、あと徐々に温度の下がるのを待つだけです。今日は久しぶりに休ませていただきますが、連休明けには作品が出来上がっている予定です。

ランプシェードからはどんな光が…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

使い勝手の良い板皿

赤土で作った板皿には鉄赤釉が掛けられているようです、作られたの岩本さんで同色の皿をもう一枚作っており、使い勝手が良いので出番も多いことでしょうね。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、先日天気が悪くて中止していた本焼きの窯焚きを6時から行っております。まだ薄暗い時間からの窯焚きは大変ですが13時間近くの温度と炎との戦いが続きます、焼き上がりを楽しみに無事焚き上げて欲しいと思います。



使い勝手の良い板皿

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

体験陶芸で作られた焼き締めのランプシェード

体験で作られたランプシェードは赤土で作られ焼き締め焼成されており、2回目の方たちの作品は今度焼成の予定です。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日は介護支援センターから依頼を受けた体験陶芸の打ち合わせです、25名近い始めての方に楽しんでもらいながら、どのように行うか提案してきたと思います。スタッフも4人で対応し、不足している材料の購入等準備しなければいけない事が沢山ありますが、滞りなく進めて行こう考えています。

体験陶芸で作られた焼き締めのランプシェード

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

急須の持ち手は…どんな蔓で

黒御影の粘土を使い紐作りで立ち上げた急須…、持ち手は蔓で編みこんで作るのでしょうか。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今朝本焼きの窯焚きの予定でしたが天気が悪く中止となりました。作陶予定の方も道路状況を電話で確認されてから来られたり難儀されたようですが、工房ではテラコッタで愛くるしいお地蔵さん作られたり、茶香炉を作る方もおりました。それぞれイメージして作られた作品が希望通りに出来上がってくれればと願っています。

急須の持ち手は
どんな蔓で編みこむのでしょうか

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

笊の模様を写したタタラ皿

竹で編んだ笊の模様を写したタタラの皿は土佐さんが作ったもので、織部釉を筆で流し込んでアクセントにされたようです、タタラでの制作もアイデア一つで色んな作品が作れるのは陶芸の楽しみです。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、タタラ作りの技法で陶人形やランプシェードの体験陶芸も行っております。陶芸を通して仲間の輪が広がればと思い、出前の講座を地域の介護支援センターなどでも行っております。陶芸をされている時の皆さんの楽しそうな笑顔に会える機会が多くなればと思っております。

笊の模様を写したタタラ皿

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

出張体験陶芸の準備を…

鉄赤釉薬を掛けた器は中鉢でしょうか…作られたのは大野さんで、同時に窯出しされた作品で同色の小鉢も良い色合いに出来上がっておりました。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、来月に介護支援センター主催で体験陶芸を出張で行う事になっております、初心者の方が20名以上が参加される予定です。どのような手順でどのような作品を作るのか今週中に打ち合わせをし準備に取り掛かろうと思っております。

鉄赤釉の中鉢

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

絵付けされた片口

絵付けした片口を作られたのは石井さんです、ランプシェードなど透かしの切抜は石井さんが得意の分野ですが、片口は初めて作られたのではないでしょうか。先回いらした時には、切り抜き加工した作品に釉薬掛けをされておりましたが、イメージ通りの色合いが表現されれば嬉しいことですね。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」ではテラコッタの粘土を使って作品を作られたり、新作に意欲的に挑戦されている方もおりました。また今日は創遊舎では絵手紙の講座があり、新しく参加された方も楽しく年賀向けの作品を描いておりました。

絵付け片口

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

リンゴ型ランプシェード

リンゴ型のランプシェードは手ごろの大きさで、プレゼント用に作られる方たちが多くおられます。今回の作品は高橋さんが作られたものですが、もう何個か作られているようです、出来上がったランプシェードは何方の元で明かりを燈すのでしょうか。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日休みを活用して久しぶりに陶芸に来られる方がおります。来られる時は友達と二人ですが、今回はどんなイメージの作品を作られるのでしょうか。


リンゴ型ランプシェード

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ