二層透かし彫り花瓶

模様を透かし彫りにした2層透かし彫り花瓶を作ったのは田中さんです、花瓶の首から斜めに流れるラインに透かしの模様が並んだ作りは、大変難儀をされて作られたのではないでしょうか。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では今日は休みでしたが、3日~5日に行われる「土崎公民館まつり」に参加するため作品の準備などをしておりました。今日紹介した作品も出品します、「公民館まつり」には数多くの分野の作品がたくさん展示されます、ぜひ見学に訪れて欲しいものです。


二層透かし彫り花瓶

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

季節の色を表現した葉皿

季節の色を表現したようなタタラ作りの葉皿、紅葉を終えた暮色いった景色の皿を作られたのは畠山さんです。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では多くの方達のお出でをいただき、無事に工房展を終えることが出来ましたことを、感謝しております。今日は午前中には展示作品の搬出を終えホットしております、また今週の3日~5日には秋田市・土崎公民館祭りがあり工房の皆さんの作品も出品します。芸術の秋といいますが、芸術には程遠い作品でも皆さんに見ていただける機会があることを嬉しく思い参加しております。ぜひ会場へ足を運んでいただければと思います。


季節の色を表現した葉皿

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

工房展今日28日17時まで…

可愛らしい魚の形をした作品は、石井さんが作った線香炉で25日に窯出しされたものです。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」で間近に出来上がった作品なども展示し、工房展を今日28日5時まで行っている。昨日は天気が悪いにも関わらずに、多くの方が工房を訪ねてくれましたが、今日は幾分天気も良さそうなので、告知をご覧になられた方達の来訪をお待ちしております。工房展についてや陶芸の話などを一緒に語りあえれば幸いです。

可愛らしい魚の形をした線香炉

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

二層透かし彫りの作品などが多く展示…

秋田市・手作り工房創遊舎では今日から工房展開催、秋田市内は今朝霙が降るような悪天候となるが、知人達が大勢工房展に来てくれた。他の陶芸教室との違いをコーディネートした展示を汲み取ってくれた方もおり、陶芸の話など聞かせていただいたりもした。忙しい工房展の準備であったが、お出でいただいた方々との出会いは、充実した時間で楽しい一日であった。



二層透かし彫りの作品など、
切り抜き加工したした作品が多く展示されている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

工房展の準備ほぼ完了…

秋田市・手作り工房創遊舎では、明日27日と28日に工房展を開催する。創業時は友人や先生方の賛助出品をしていただき始めた展示会も、毎年続き4周年になる。小さな工房ですが、人の集まる場所を作りたいと始めた講座にも、創業以来多くの方達の参加をいただき感謝しております。今回の工房展は4周年になりどのように変わったのか、お越しいただき作品等を見ていただければと思っております。

昨年の展示会風景

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

工房展には2層の花瓶なども展示

秋田市・手作り工房創遊舎では27日~28日に行われる工房展の準備をしている、小さな工房にどのように展示するのか思案のしどころである。工房に通ってくださる皆さんの作品を大切に預かり展示しなければと思っております。今日は本焼きの窯出しが行われ、出来上がった作品を出品される方もおり、間に合ってよかったとホットしております。

工房展には2層の花瓶なども展示

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

工房展には火鉢なども展示

秋田市・手作り工房創遊舎では27日~28日に工房展を開催します。工房展には火鉢や土鍋なども展示、また2層透かし彫りの作品なども…、日頃工房で作っている仲間の皆さんの作品と一緒に展示されます。他に絵手紙・ビーズ・パッチワーク・押し花・布小物なども展示し皆さんのお出でをお待ちしております。

火鉢で炭を焚き土鍋を囲む
そんな時期も間近です

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「源流-太古の民」の作品を展示会で見学

秋田市・新屋の秋田公立美術工芸短期大学の教員展を見学に行ってきた。先週出かけた時は休みで展示会は見ることが出来ず、再度期待しての訪問であった。期待して行った皆川准教授の「源流-太古の民」は以前にも観たが素晴らしい作品であった。昨年と一昨年は八塩いこいの森で行われた、野焼きを楽しむ会で一緒に作品を焼成する機会があり、皆川准教授の作品に取り組む姿を目の当たりしていた。その後何度か作品展などで観た「源流-太古の民」の作品であったが、また見学の機会を得たことで、感動が甦って好い一日を過ごすことが出来感謝している。

八塩いこいの森「野焼きを楽しむ会」で
焼成の準備中

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

手作り工房創遊舎工房展

秋田市・手作り工房創遊舎では27~28日に工房展を開催する、陶芸を中心に工房で開催している絵手紙教室などの作品も展示する。今日は絵手紙の講座が開催され、展示会に出品する作品をお預かりした。他の講座の作品も集まりどのように展示するかレイアウトを考え中である。また本焼きの窯焚きも行われ、展示会にあわせた作品も焼成中であり、どんな作品に出来上がるのか楽しみである。

昨年のポポロードでの展示会場の様子

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

サークル・七窯土展・21日4時まで

秋田市・アトリオンで行われている、サークル・七窯土の展示会が今日最終日である、昨日は一日中会場におり、見学にこられた色んな方たちのとの出会いがあった。今日は昼過ぎから会場に出かける予定であり、見学に訪れる方たちは展示されている作品に、どんな興味を示してくれるのだろうか楽しみである。4時からは作品の搬出が行われ、6時からの反省会サークルの皆さんからはどんなコメントが聞けるのだろうか。また秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、27~28日の工房展の準備が行われている。

サークル・七窯土の展示会場

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

陶芸と展示会

爽やかな秋空に恵まれ、趣味の陶芸をするには一番よい時期になりました、先週の土曜日は縄文文化に触れる野焼き大会に参加しましたが、今日は展示会会場で受付をすることなりました。グループ七窯土展には自分も出品し、野焼きで作った埴輪の飾り馬など13点を展示しております。初めての参加なのでメンバーの作品の出来栄えに感心したり展示会を楽しんでおります、会場にお越しの際にはぜひ声をかけていただければと思っております。アクセスしてくださる皆さんと会場でお会いできれば幸せです。また秋田市・手作り工房創遊舎でも「陶恵窯」の作品を始め、手作り講座に参加しておられる皆さんの展示会を27・28日に工房で行います、お出でをお待ちしております。

グループ七窯土展  オ-プン前の様子

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

グループ七窯土展始まる

今日から始まるグループ七窯土展の準備のため、8時半に家をでて会場に、コ-デネター担当の指示でセッテングを開始するがメンバーの皆さんの力作に見とれる。自分は今回初参加であったので、少し緊張気味、午前中に展示終わり見学者一番目が知人で合った、芳名帳に綺麗な文字で記帳をしていただいた。3時頃まで会場にいたが多くの人たちに見ていただき感謝しております、展示会は21日4時までです。何時もの投稿は写真を添えておりましたが、パソコンが壊れ画像修理などができず、古いパソコンで対応しております。アクセスしていただいてる皆さんにご迷惑をおかけしますが、購入なども考えながら早く写真対応できるようにしたいと考えております。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明日から展示会

明日から、自分が参加している陶芸サークル「七窯土」のサークル展が行われます。出品する作品を展示スペースに見立てた場所に展示シミレーションしてみました、なんとなくまとまったように思えましたが、写真等の紹介ができません。昨夜から今まで使用していたパソコンがトラブルを起こしてしまい、画像処理ができず写真なしの投稿となってしまいました。アクセスしてくださる皆さんには申し訳ありませんが、パソコンが直るまでご迷惑をおかけします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

陶芸で季節を楽しむ

葉っぱが描かれた片口はこれからの季節にあわせて、出来あがったようです。酒器として熱燗などを盃に注いで貰うと、喉を通るお酒が季節感をも沁みさせてくれそうです。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」では、今日また素焼きの窯焚きが行われました。次回は本焼が行われ工房展前には出来上がります、これからの時期色んな所で展示会などが行われますが、発表する機会があることは作り手として嬉しいことです。出品の対応など準備が大変ですが、芸術の秋を楽しむつもりで参加しようと思います。

季節感を楽しむ…片口

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

縄文文化に触れる野焼き…

萱と藁を燃やして焼き上げた野焼き作品、高温と煙で大変であったが、出来あがった作品は縄文土器の風合いを醸しだしていた。萱を燃やし続けること3時間半、楽しみな灰の中から作品を取り出す瞬間である。秋田市・手作り工房創遊舎「陶恵窯」からは今回は2人の参加であったが、天気に恵まれ縄文時代の土器文化に触れ合う事のできた有意義な一日であった。

萱と藁で焼成された塔の作品

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ