そゆる日記

訪問ありがとうございます!

地図フェチ御用達

2012年06月26日 | 日々のあれこれ

度々書いているけど地図フェチ。

新幹線に乗ると 「地図持って乗ったら楽しいだろうなあ」

って思うことが度々あった。

しかし地図帳は重いし旅の荷物になるし

新幹線だったら全国版を買わなきゃならないし

けど、寄り(縮尺の大きな)の地図も見たいし。

 

そんな私にスマホの、グーグルマップ。

こんな夢のような道具があるかしら。

 

「あそこのこんもりした緑は神社かなあ」

「この大きな工場は何の工場かしら」

「あそこに見えてる峰はなんていう山かな」

景色を眺めながら次々に浮かぶ疑問。

いままでなら景色と一緒にスルーしていくしかなかったのに

いちいち答えが得られるんですよ、めちゃうれしい。

 

逆に地図を眺めながら

「そろそろ高速道路と交差するはず」

「在来線が並走するはず」

「川にさしかかるはず」 ほらきた!っていうこの喜びね。

フェチじゃない人にはなんのこっちゃでしょうが

なんでだか、こういったことがものすごく楽しいという病気(笑)

浜名湖近辺。

四角く区切られた水面が太陽に照らされてるのを見ただけで

異様にテンション上がったわ。

 

 

 

もうひとつの地図フェチ御用達は

GPSトラッキングっていうの? 移動を記録してくれるアプリ。

奈良でいっぱい歩く予定だったから

行く前にダウンロードしておこうと思ってた。

たくさんある中から、皆さんの評判がよさげだった

ランキーパーという無料アプリを選択。

ラン、ウォーク、サイクリングなどを記録すると

移動した場所、距離、時間、消費カロリーが表示される。

いっぱい歩いて

地図上にがっつり足跡を残せたからすごい充実感がありました。

 

いろいろなところへ出かけていって

家に帰ってから地図で復習するのがこれまた楽しいんだけど

道に迷っちゃったりすると 「どこ通ったのかなあ」 って事態に。

だいたいはわかっても通り一本右か左か定かじゃないっていう

もやもや感を残したままってことがよくあったけどそれも解決。

お散歩もママチャリサイクリングも100倍楽しいこと間違いなし。

ありがとうスマートフォン。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

~TOWER OF WISH 2012~ 東京

2012年06月22日 | EXILE

行って来ました、東京ドーム。

近いと思って油断して、けっこう時間がギリになりました。

開演15分前に水道橋到着。

ドームの前に行って驚いた。

どのゲートも長蛇の列。

これ開演に間に合うように入場できるのか?と不安になったわ。

ゲートに着いてわかったことは持ち物検査が丁寧だったってこと。

西武ドームも京セラも、

口頭でカメラを持ってないかきかれただけだったのに

東京ドーム、まさかの

「おかばんに手を入れさせていただいてよろしいでしょうか」

で、自分の席をみつけたとたんにライブ開始。あぶねえ。

 

今回の席は一塁側スタンド一階、前から25列目。

仮設ではないけど前回の京セラとほぼ同じ感じで、

全体が見渡せセンターステージのメンバーも判別つく

ストレスフリーな席でした。

(西武ドームどんだけストレスだった 笑)

 

そして、ライブ始まったとたん楽しさ爆発。

京セラの楽しかったこと体の細胞が覚えるみたいで

メンバーまだトロッコ(?)に乗ってるだけで何もしてませんけど~

ってうちからノリノリになっちゃいました。

 

しょっぱなから飛ばしすぎたせいで、

ライブの途中で人生初、わきの下がつってびっくり。

完全にフラッグふりまわしすぎ。

 

東京ドームで音が悪いのはいつものことだけど

ATSUSHIソロのとき音が割れて、

歌詞が聞き取れないところが多々あったのはちと残念。

それでもあっちゃんの歌は最高です。

あと、京セラでも思ったけどSHOKICHIは歌うまくなったね。

テクニックがどうとかじゃなく(いや、テクニックもあるのかもだけど)

すごくひとつひとつの言葉が心に伝わる気がしました。

 

ところで期待された All Night Long はなかったし、

演出の違いも一切なし。

そうそう、着席指定ってどこがそうだったのかも全然わかりませんでした。

 

「今回、先行が全然なかったせいか、

普段来たことない人が多い感じだよね」 って言ってた人がいたけど

確かにそんな感じ。

私のとなりは小学生くらいの男の子を連れたおかあさんでした。

アンコールの途中で退席。

去り際、突然 「子供がいるので」 って言われた。

え? いや別に全然かまいませんが?

 

そして、終演後の人がはけるの早!

あんまり地方の人とか来れなかったからでしょうね、

ラッシュ慣れしてるっていうか、

あれだけの人なのに流れ方スムーズすぎ。

飯田橋、水道橋、後楽園、春日って

すごい勢いで分散してった感じでした。

 

「急な追加だったのに、連日5万人の方に来ていただき」 と

HIRO社長が言っていた。

急でもいけるんだな、と思って

変な追加を繰り出すようになるんじゃないかと若干の不安が残りました。

(だってさ~、ときどきあるじゃん、それやっちゃう?みたいなの)

なんちゃら先行、なんちゃら先行、って

どこが先行かわかんないくらいいっぱいあるのも考えものだが

今回みたいに急すぎるのはいくらなんでも勘弁してね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

TOWER OF WISH 2012 追加の追加

2012年06月20日 | EXILE

奈良から帰ったら東京ドーム追加公演のお知らせですよ。

なにこれ。講演まで10日もないじゃん。しかも平日て。

これ、行ける人いるの?

こんなに急じゃ大人はスケジュールの調整がつかないだろうし

遠方の方はもちろん来れないだろうし

時間が自由になる学生さんっていったっていきなりの1万円じゃ

中学生はムリだろうし。

バイトしてる高校生、大学生、専門学校生限定で

10万人集まるのかね。

 

「ファンの皆様から追加公演の要望が多く寄せられ」っていうけど

実は

◎どうしてもご招待したい芸能人ができた(GTOの共演者とか)

◎どうしてもご招待したいけど東京でなければ来れない

 高齢だったり病気だったりのメンバーの家族がいる

◎大阪で撮影したDVDに不備があって撮影しなおしたい

 (けど札幌じゃ規模が違いすぎて不可)

◎急遽TV番組の収録が決まった

とか、とか、とか、の裏事情があるんじゃないの?と

うがった見方をせずにいられないどたばたぶり。

 

東京でやってくれるって言ったって、もう、行かないよ。

埼玉のアリーナと大阪のスタンドで大満足だったから。

 

…と思っていたのに

席種が指定席と着席指定席、と知って心が揺らいだ。

どうしても座ってもらわなきゃならない席があるって何?

もしかして演出違う?

それなら見たい。

 

運が良くだか悪くだか23日の休暇の予定。

「21日に変えることとかできますかね」 ときくと

「全然大丈夫ですよ」 との回答。

(早退でもいける距離だが、前回大変なことになったのを教訓に)

これ、ぜったい席埋まらないだろうし、

申し込んだら絶対当選しちゃうよね~と思いながら

FC先行に申し込み、結果、当然のように当選。

もう一万円つっこむことになりました。

 

あとから落ち着いて考えたら

たぶん東京ドームってグランドレベルが広いから

大量の仮設席を設けることになった結果

仮設の全員が立って踊ったら危ないってことで

着席指定席だったんじゃないかと推察。

(年末のエキサイトシートも、大阪の仮設席も

相当揺れてこわかったんだよ)

演出は変わらんかもしらん。

 

とりあえず、明日21日、高校生でも大学生でもないけど

行ってきます。

社内でY田さんに 「あの~、同じライブを何回も見て

楽しいんですか?」 と素朴な疑問をなげかけられた。

まあ、そう思うよね。(苦笑)

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

奈良

2012年06月19日 | 寺社めぐり

EXILEライブの翌日は奈良観光。

JR奈良駅。

奈良観光なら近鉄奈良駅のほうが便利ですよ、

とJTBのお姉さんにアドバイスされたけどあえてのJR。

春日大社の参道へまっすぐつながっているので

たぶんここも参道の延長であろうというだけの理由ですけど。

古墳、というか陵。

ちゃんとこんなふうに守られているんですね。

入り口はなんと商店街に面しているのに

入り口から先は静謐な空気が流れてました。

奈良公園の入り口。

来たぜ、春日大社

一の鳥居。

いいでしょう。とても静かで気持ちいいです。

奈良なんで、あちらこちらに鹿の姿が。

このすてきな建物は仏教美術資料研究センター

明治時代の洋風な建物が大好き。

月曜なので奈良国立博物館が全部お休みなのはわかっていたけど

ここは建物の中を見たかったな。

奉納された石灯篭が延々と続いています。

南門。

中に入ったら写真撮ることとかすっかり忘れちゃった。

『屋根を葺き替えるための桧皮のご寄進一口千円で受け付けます』

との貼紙があったので、社務所に申し出ると

ちゃんと住所氏名を書いた上「こちらをお持ちください」と

クリアファイルを下さいました。

一緒に「御殿用材桧皮 奉納相成り

右の善行は大前にご披露申し上げ候也」 

と書かれたカードまで。

もっと簡単な募金のように思っていたので

ご丁寧にしていただき恐縮しました。

 春日大社の巫女さんは藤の花をつけた装束もかわいらしく

おっとりした雰囲気がなんともすてきだったし

いや~、いいところだ~、と大好きになりました(単純)。

 

春日大社から二月堂方面へ。

途中 参道の食事処でお昼。 →茶亭ゆうすい

これがね~、とっても良かったのよ。

観光地で食べる定食なんてこんなもんでしょという思い込みを

軽く裏切って、繊細な味と盛り付け。

「できるかぎり奈良県産の材料を使っています」

と説明してくださったお店の方もとても感じよくて

いや~ん、ほんと奈良いいとこだね~(単純)

 

 

茶亭ゆうすいからちょっと階段を上がったら若草山の入り口。

ちょっと下って、三月堂。

お隣が二月堂。

このあたりから修学旅行&遠足の集団がごっそり。

写真はできるかぎり彼らが写らないように撮ったが

一気に騒がしい雰囲気ですよ。寺なんか見ちゃいないね。

(まあ、思えば自分もそうでした。子供を連れてく意味ってあるのかね?)

坂の下から仰ぎ見る二月堂。

 

そして、来たぜ東大寺大仏殿。

とりあえず、人の数と、鹿の数と、鹿のフンの数はんぱない。

従って、漂うかおりもはんぱない。

でかい。大仏殿の大きさは素直に感動する。

しかしながら大仏は、撮影オッケーだったけど、

なんか全然撮る気になれなかったのね。

全然拝みたい気分にもならないし。

 

仏様自体が全然ってわけではないのだけど、周囲の雰囲気ですかね~。

修学旅行生も、連れてる先生方も、同行のお母様方も

みんながここはお寺だってことを完全に忘れちゃってるみたいだし

ってか、東大寺自身がお守りを売店みたいなとこで

お土産チックに売っちゃって

お寺らしからぬ(単なる観光地っぽい)雰囲気かもしてるし。

 

先に春日大社行っておいて良かった。

奈良の入り口がここだったらちょっと幻滅だったかも。

 

 

奈良の締めは興福寺

奈良行きの決め手はやっぱり阿修羅様。

東京に来てくださってお会いしたけど

機会があったら本来の場所でお参りさせていただきたい、と思ってた。

 

ところが、行ってみてわかった

阿修羅様って国宝館に美術品みたいに飾られているのね。

仏像としてお堂の中にいらっしゃるものかと思ってた(不勉強)。

国立博物館で見たのと雰囲気変わらなかった。

 

けれど、ご本尊(?)の千手観音さんの前に立ったら

急にお参りしたくなり、

お参りしたらなんかすごく来るものがあったの。(漠然)

ちょっと泣きそうになっちゃった。

 

東金堂。

五重塔。

南円堂。

でも、お土産はやっぱり阿修羅様。奈良のスター(笑)。

メモパッドのイラスト、かわいいでしょ。

 

余裕があったら法隆寺か唐招提寺に周る予定だったけど

朝から歩きまわって奈良公園だけでけっこうへとへと。

また、次の機会にとっておくことにしました。

奈良、おっとりしたいいところだったなあ。

また、行きたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

~TOWER OF WISH~ 2012 大阪

2012年06月13日 | EXILE

EXILE TRIBE LIVE 2012 ~TOWER OF WISH~

京セラドームへ遠征編

 

今回の参戦はJUNさんと一緒なので、

どんな席でも二人で大盛り上がりして

楽しいことは間違いないとわかってたけど

前回の西武ドームのアリーナが、

メンバーがいる場所によってにすごく近いか全然見えないかという

両極端な席だったため、

できたらスタンドの前のほうで、

全体が見渡せ、かつ、センターステージのメンバーも判別できたら

最高なんだけどな~と思ってました。

 

ライブ二週間前、JUNさんからの 「チケット来ました」 メールには

「会場HPの座席検索には該当がありません」 の一文が。 

番号から推測するにスタンドと外周アリーナの間の仮設?

だとすれば、ほぼ理想どおりじゃないかしら。

と言っても憶測の域は出ないわけで

「どんな席なんだろう」 というドキドキも加わって

眠れない夜を過ごし(苦笑)当日を迎えました。

 

会場に入ってみると

全体が見渡せ、かつ、センターステージのメンバーも判別でき

かつ、柱と柱のほぼ真ん中という予想通りの理想的な席。

もちろんステージ上は全部見えるし

前回見えなかった上のモニターも見えてるし。

もう、始まる前からうれしくてたまらなかった。

 

 

さて、ライブが始まったら初めて見ることばかり。

まずオープニングで山車(?)の後ろを

フラッグ隊やらドラム隊やらが行進してたことから

知らなかったからね。

アリーナからは演出の半分どころか

三分の一くらいしか見えてなかったんじゃないかしら。

 

全部が見えてストレスゼロな上

ツボが似てるJUNさんと一緒に盛りあがって

めちゃめちゃ楽しくて、ほんとにほんとに、

ほんっと~に幸せなひとときでした。

 

ありがとうJUNさん、

ありがとうEXILE。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪~奈良

2012年06月13日 | 好きな場所

EXILE大阪ライブにJUNさんと一緒に参戦と決めた日から

すっごい楽しみにしてた大阪~奈良旅。

初日はライブまでJUNさんと大阪観光。

価格の安い早朝新幹線にしたため

ちゃんと起きられるのかっていう緊張感と

JUNさんに会えるってことと久々の長距離旅のわくわくで

前日は1時間おきに目が覚めてしまったくらい。

7:00東京発 9:33新大阪着。

直前に梅雨入りが発表されてお天気が心配だったけど

晴れ時々曇りで雨はなし。日頃の行いが◎。

 

「ちょっとお待たせしてしまうかも~」 と言ってたのに

ちゃんと私より先に着いて出迎えてくれたJUNさん。

ありがとうございます。

JUNさんの車で、まずは京セラドームへ。

ど~ん。

ビルの間に、あの特徴あるうねった屋根が見えたときは

テンション上がった(笑)。

ドームのまわりはすでにファンでいっぱい。

車をドーム近くの駐車場に置いて、地下鉄で難波へ移動。

目指すはねぎ焼き福太郎

 

4月に休暇申請をしたとき、所長が「どこか行くの?」 と聞くので

「大阪です」 と答えると 「ねぎ焼き食べておいで。おいしいよ」。

ってわけで事前にJUNさんにお願いしてありました。

行列が絶えない人気店。

種類はいっぱいあるけど牛すじねぎ焼きをチョイス。

人生初ねぎ焼き。

人生初牛すじ。

名前のとおり、中はねぎがぎっしり。

そして生地はもっちり、表面はかりっとでうんま~。

牛すじは柔らかくしっかり味が染みて、これまたうんま~。

 

牛すじを初めて食べたって言ったらJUNさんにびっくりされた。

「じゃあおでんにも入ってないの?」 はい、入ってません。

「カレーに入れたりもしないの?」 はい、しません。

だいたい、売ってるの見たことありません。

で、黒門市場のお肉屋さんで、売ってるとこを見学。

 

 

次はもうひとつの大阪グルメ、串揚げを味わうべく恵美須町へ移動。

地下鉄の駅を出た瞬間、真正面に通天閣。ほんまもんや~

通天閣の足元に広がる新世界は串揚げ屋さんがいっぱいらしい。

「通天閣、どうします?」 の問いに

「せっかくだから」 と上ることにしたものの待ち時間90分。

狭い通路にうねうね並んで暑かった~長かった~。

そして…

この眺め。

古い町並みが残る一角。小さな建物がみっしり。

遠くに輝く京セラドーム。

秀吉の茶室をイメージして4月に貼りかえられたばかりの

金ぴかの壁をバックにビリケンさん。

 

 

通天閣の前でJUNさんの大阪のお友達

こころさんとこころさんの息子さんと合流。

結局ねぎ焼きでおなかいっぱいすぎてお茶したところでタイムアウト。

串揚げは食べず (食べないんか~い) 京セラドームへ。

JUNさんから京都の食べるお茶

こころさんからビリケンさんの宝くじ入れ(笑)をいただきました。

宝くじ買わなくちゃ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソラマチ・デビュー

2012年06月04日 | 好きな場所

M田さんから星型のメロンパンをもらいました。

デリフランススカイツリータウン店の限定品とか。

日曜に、ご家族とソラマチへ行ってきたのだそうで

「いや~、めっちゃ混んでました。

やっぱり平日の夜が狙い目ですよ」 と言うので

今日、仕事終わりに行ってみました。

スカイツリーがオープンしてから初見参。

 

平日でも20万人もの人がおしよせているというし

夕方の新宿駅ぐらいか? と思いながら行ってみたら

夕方の北千住駅よりすいてるくらいでした。

Mさんの見立てどおり平日夕方以降ねらい目です。

 

1、2時間じゃ見切れないくらい

ショップもいっぱい入ってて楽しかったんだけど、

ぶっとい鉄骨が間近に見れるガラス張りの休憩スペースが

一番テンションあがった(笑)

こんなに丁寧に溶接してあるのか~。

これが積み上がってあれだけの高さを支えているのか~。

感動です。(笑)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加