そゆる日記

訪問ありがとうございます!

LOUVRE

2009年05月30日 | 日々のあれこれ
ルーブル美術館展、はしごしてまいりました。



国立新美術館は「美の宮殿の子どもたち」と題して
『歴史や地域を超えて「子ども」をテーマにした』展覧会。

展覧会のHPによると

ティツィアーノなどの名画と、とてもシンプルで日常的な作品を並べるなど、
その意外性からもルーヴル美術館の豊かさを実感できる展覧会です。

とのことですが、ちょっとテーマに無理あるように思えた。
ミイラとおもちゃと絵画が一緒って… 作品が多岐にわたりすぎて散漫だよ(辛口~)。




国立西洋美術館は「17世紀ヨーロッパ絵画」と題して
ほとんど絵画と、彫刻がいくつか。正統派。

こちらは、見ごたえ充分。
だけど、混み方もハンパない。(苦笑)

閉館一時間前、最終入場30分前に到着したのに『60分待ち』の表示。
(計算、合っていませんけど~)
チケットはまだ売っているので「これって入れるという意味ですか?」とたずねると
「はい、館内にいていただくお時間が短くなるので
急いでいただくことになりますという意味です」とのこと。

あんまりよくわからない説明だったけど、
とりあえず並んで45分後には入場。
館内では別にせかされることもなく、じっくり鑑賞できました。



それにしても、阿修羅展といいルーブル展といい、
昔のように「話題性」で見に行くというのではなく
人々が「本物に接することを求めてる」のだと感じる。

なんか、ほんと、みんな意識してないかもしれないけど
ちゃんと選んでるんだなぁと思った。
捨てたもんじゃない時代。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セドナやシャスタの話も聞けるよ

2009年05月29日 | 日々のあれこれ
昨日のブログに、やすこさんが異様に行動半径が広い&腰が軽い
という記事をアップしたとたん、それを実証するような電話がかかってきた。

「土曜日東京に行くわ。
 あと7月2日からシャスタに行くことになったから」

東京、3週間前に来たばっかりだよね~。
そして年に一度のお約束、シャスタはやっぱりはずせないんだね~。



30日に東京である方のお別れ会があるのだそうで
ついでに(笑)翌31日の私の木更津でのイベントにも
参加してくれるとのこと。

「それで30日は宿をとったんだけど
 31日の晩、泊めていただくことは可能?」

もちろんですとも。
「家の中が片付くから、時々来てくれるとうれしいわ」という
私の願いをリアルに実践(笑)。



ってわけで、31日はやすこさんも参加して下さいます。
追加のクリスタルも持って来てくれるということなので
クリスタル好きな方は、ぜひどうぞ。

あとセドナシャスタの話も詳しく聞けると思うので
興味がある方はこの機会にやすこさんに質問をぶつけて下さい。



日時:5月31日(日) 11時~12時
場所:ワンデイキッチン 『 KANDENCHI 』
   木更津市中央2-8-18(地図↓)
   JR木更津駅より徒歩12分、駐車場有

当日は800円で 『マールツァイト』 のおいしいパン付ランチが召し上がれます。
(お食事の時間は14時までとなります
 0438-25-6544 までお電話でご予約下さい)
『マールツァイト』のパンの販売もあります。




思い出のシャスタ山
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行動半径

2009年05月28日 | 日々のあれこれ
セドナ友達のやすこさんは札幌在住。
「間に海があるから行かないけど、陸続きだったら
たとえば、もし青森に住んでたら
ふつうに車運転してしょっちゅう東京に行くわ」と言った。

飛行機を使ったとしても、
札幌の人は東京の人が札幌に行くほどの距離感を感じないらしく
札幌の人、けっこう東京に来てるからね、と言っていた。



逆に、都心部に住んでる人の行動半径は驚くほど狭い。
代々木上原(渋谷駅から2キロくらいのところ)に住んでる友達は
渋谷の駅から向こうにはほとんど行ったことがないと言っていた。
(神楽坂を「こんなにこっちに初めて来た」と表現。)

元代々木(原宿駅から西に1キロくらいのところ)に住んでる友達も
「『神宮前に行く用事があるから一緒に食事しよう』とか言われても
神宮前とか全然知らないし」と言ってた。
(神宮前は原宿駅の東側エリア)



やすこさんは海外に行くことも多いのだけど
本人曰く「たぶん飛行機に乗っちゃった時点で
行く先が東京でも海外でも、感覚は変わらないんだと思う。
乗ってる時間が長いか短いかってだけで」とのこと。

そう説明されて、サンダル履き(盛ってないよ、まじで)で
海外に行ってしまう、あの旅慣れた感じが
ちょっと理解できる気がした。



住んでるところによって、距離感って全然違ってしまうんだな~。
みなさんの距離感は、どっちに近い?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ママさんバレー

2009年05月27日 | 日々のあれこれ
「アキレス腱断裂」という言葉を聞いたら
ママさんバレーのことを思い出した。

子どもたちが小学生の頃、誘われてママさんバレーをやっていた。
「ママさん」なんていう言葉の響きに、お遊びの楽しいバレーを想像してたら
子どもができるまでは社会人(Vリーグができる前なので)チームにいた
なんて人がけっこういて、そうとうに本格的なものだった。

そして、試合中にアキレス腱や十字靭帯を切ってしまったのも見た。

家族の理解なしには続けられないものだったから
誰かが大きなケガをすると、それが理由で家庭不和、なんてならないように
みんながそこの家に通って手分けして家事をするなんてことまでしてた。

オリンピックチームのコーチをしてた人が教えに来てくれる
講習会なんかもあった。
今考えると、部活顔負けな熱さで頑張ってたと思う。

知られざる『ママさんバレー』の世界でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『芸術家のくすり箱』

2009年05月26日 | 日々のあれこれ
KEIJIさんのケガで改めて思うけど、
ダンサーというのは、本当に大変なお仕事だと思う。



以前、WWBの起業セミナーで
卒業生で 『芸術家のくすり箱』 を起業した
福井恵子さんからお話をうかがった事があった。

大好きなバレエを観客として楽しみ、その舞台裏についても知るうち
厳しい稽古を重ねて、ステージで見る人に夢を見せてくれるアーティストが
その裏で実は身体ケアもままならないという現状を知るようになったそうだ。

芸術家(福井さんはパフォーマーのことをそう呼ぶ)は
オーディションで集められてひとつの舞台を作るため
基本、一匹狼的な立場で仲間がない。

一部、教える仕事のある人もいるが
基本、オーディションに受からなければ仕事はない。

ケガする確率が普通の人より高いので、保険に入れないか
入れても普通の人より料金が高かったりする。
ケガや病気をしてしまえば、収入の道がとだえてしまうので
治療に専念する余裕がない。



福井さんが語るのはバレエダンサーの話だけど
肉体を使って表現する方々は、ほぼ同じ境遇だよね。

ほんとは自分がバレリーナになりたかったという福井さん。

自分自身が表舞台に立つことはできなかったけれど
表舞台に立っている方々を支えることで
自分のかわりに夢を与えてもらうことができたら、と起業を決意。
『芸術家のくすり箱』を立ち上げた。

「芸術家が安心して治療に専念できるための
保険制度を作りたいんです」と言った福井さんの熱意は
多くの人の賛同を得て、現在ではNPO法人として
活動を続けています。



ほんとは、こういうことは国の仕事なんじゃないかなぁって気もするけど
「そんな制度がないなら自分たちで作っちゃえ」という気概が、カッコいい。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

KEIJIさん…(がっくり)

2009年05月26日 | EXILE
昨日のEXILE広島ライブ中、
足を怪我をしてしまったというKEIJIさん。

アキレス腱断裂で数ヶ月の加療が必要だって。

14人体制のライブが今月から始まったばかりだったのに…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿修羅展

2009年05月23日 | おすすめ


阿修羅展に行ってきました。

HPによると、遅い時間が比較的すいてるってことだったので、
18時頃現地到着。
「待ち時間は40分」と表示がありましたが
実際は20~30分くらいで入れました。



社会科嫌いの歴史オンチなんで、
興福寺の背景とかまったくわかっちゃいないんだけど、
あの有名な阿修羅像は見とかないと、という
単純な興味ででかけていきましたが…、これは絶対見なくちゃいけないね。

どの像をとってもすごく迫ってくるものがあって感動。
これは、ほんとにすごい展覧会だ。
中でも国宝の阿弥陀三尊像とやっぱり阿修羅像。
見たら何でか泣きそうになった。

阿修羅像は周囲にものすごい人垣ができちゃっているんだけど
像のまわりには何とも言えない静けさが広がっているような感じ。
人垣をとりまくように壁ぎわに立ちつくして、像を見つめ続ける方多数。
私も思わずそうしてしまった。

仏さま方、こんな遠くまでお姿見せに来てくださって
ありがとうございました。
今度は奈良に会いに行きますね。


↑会場の平成館。帰るころには真っ暗け。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

月曜日の『いいとも』はTAKAHIROだよっ!(笑)

2009年05月22日 | EXILE
お昼になにげにテレビをつけると
テレフォンショッキングのゲストはGLAY
4人揃ってのテレフォンショッキングは初登場だったんですって。

GLAYは、姪たちが中高生の頃、すごいファンだったので、
あの伝説の『20万人ライブ』に私も行かせていただきました。

20万人がひとつところに集まるなんてそうはないから、貴重な経験だったな~。
(みんながジャンプすると地面が波打つんだよ!)
何気にもう10年前の出来事なんですね~。
一緒にジャンプしてた姪も、先月ママになりました(遠い目…)。



GLAYはEXILEとコラボもしてて
昨年末のEXILEライブにも、映像で出演してたくらいだから
EXILEをご紹介とか?と思って見ていた。(エグバカ 笑)。

話題的には
DJ MAKIDAI名義でソロアルバムを出したばかりの
MAKIDAIが濃厚だね、と思って見ていると
ご紹介されたのは「EXILEの…(ほらやっぱり!)
TAKAHIROくん(あれれ、そう来たか)」

ま、この前ATSUSHIが出たから
今度はTAKAHIROってことですか。
月曜日も忘れずに『いいとも』見なくちゃ(笑)。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

何を話そうかな

2009年05月21日 | 日々のあれこれ
木更津でのイベントまであと10日となりました。

何を話そうかな~。まだ、決まってません。

時間を1時間もいただいちゃっているので、
当初の計画では「気と体」的なことを30分話して
「軟酥の法」(リラックス法 20分くらいかかる)と質問で、
とか思っていたのだけど、
何か、自分自身がその話題に全然乗らないなぁって思えてきた。



私自身、もはや、先生に色々教わる時代じゃないねって思ってる。
むしろ、より自分自身になる時代。

自分自身(直感や好き嫌い)を信頼して
自分が「いいな」とか「好き」って思うものを
選んでいったらいいんだって思ってる。

だから、先生が前に立って皆に教えるってスタイル自体も
なんか、もう、違うかな~って思う。

そんなふうに思っていたら、なんか円座になって
みんなが自分の持っているものをシェアしあう場面が浮かんできた。
それで、いいのかもしれないなぁ。



一応「適当健康法(開運法のおまけつき)」っていうタイトルだけは、
告知の都合上、早い時期に、先方にお送りしてしまったのだけど
タイトルと内容が全然違うのも、ままあることなので
まあ、違っちゃってもいいか。

何か、みなさんに語りたいことをお持ちの方は
ぜひ、この機会にシェアして下さい。
お待ちしています。

あと、やすこさんから預かったクリスタルも展示します。
クリスタル好きな方も、ぜひ、おいで下さい。

お天気良かったら、お話して、お食事して
海にお散歩、とかもいいなぁ。




日時:5月31日(日) 11時~12時
場所:ワンデイキッチン 『 KANDENCHI 』
   木更津市中央2-8-18(地図↓)
   JR木更津駅より徒歩12分、駐車場有

当日は800円で 『マールツァイト』 のおいしいパン付ランチが召し上がれます。
(要予約 0438-25-6544 までお電話で)
『マールツァイト』のパンの販売もあります。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

東京で今年一番の暑さ!!!

2009年05月20日 | 日々のあれこれ
今日は熱かったですね~。

東京(大手町)では29.3度を記録したそうです。
東京で今年一番の暑さ!!!

そんなさなか、明治神宮前→表参道→渋谷って
おもてを歩いてました。

紫外線? んなものは気にしません。
お日さま浴びて、足動かして、浄化&グラウンディングです。
爽快、爽快!(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加