そゆる日記

訪問ありがとうございます!

キャンドルナイトin三河島

2017年12月24日 | 日々のあれこれ

思い出の荒川自然公園は、

三河島下水処理場の上に土を盛って作った公園です。

三河島下水処理場は日本で最初に造られた近代的処理場ということで

大正時代の建造物が国の重要文化財に指定されています。

その建物がまじかで見られるイベントがあったので

行ってきました。

 

『キャンドルナイト in 三河島』

レトロな建造物のライトアップを

キャンドルで彩るという趣向のこのイベント

雰囲気あってなかなかすてきでした。

建物の中にあるポンプでさえあたたかな光でライトアップされてていい感じ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スクラップ&ビルド

2017年12月18日 | 日々のあれこれ

荒川自然公園の連絡橋の工事が始まりました。

荒川区に住む叔母のところに来るようになって

はじめて自然公園に来た時、

連絡橋を見て「この場所見たことある!」

家に帰ってアルバムをひっくり返してみると、やっぱりそうでした。

長男3歳。

30年近くも前の写真です。

写真が趣味のこの子のおじいちゃんは

お休みの度にこの子と二人で新宿御苑や代々木公園、

上野公園、水元公園なんかにでかけては

フィルムカメラで写真を100枚近くも撮ってくるのが常でした。

その中にこの写真もありました。

 

その頃荒川区のことは何にも知らなかったので

「都電でおでかけしてきたよ」と言われたことくらいしか

憶えていなかったのですが、

30年たってこんなに身近な場所になるとは

思ってもみませんでした。

おじいちゃんも数年前に亡くなって

その時のことを語る相手はもういません。

 

連絡橋の工事は『改修』となっているけど傷みもひどいし、

きっと取り壊されて新しく架け替えられてしまうのでしょう。

 

 

先日、晴海埠頭の旅客ターミナルを訪れた時

この場所もオリンピック後には撤去されて

公園になるということを知りました。

そのちょっと前には、貿易センタービルが

これだけの高層ビルとしては初めての解体が決定したとの

ニュースが流れていました。

スクラップ&ビルド。

避けられないことだけど、なんか寂しい。

そして、若いころは「年寄って

なんで思い出話ばっかりするんだろう」と思っていたけど

自分が中高年になってみると、わかる。

思いでの量がいっぱいなんだもん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

買占め

2017年11月05日 | 日々のあれこれ

アヲハタの牡蠣のテリーヌが買えないって騒いでたら

O野さんから

「飯田橋の三浦屋さんにあります」との情報が寄せられました!

三浦屋さん! 忘れてました!

神楽坂に行ったら必ず寄る「お高いスーパー」のひとつ。

地方のメーカーさんの品物や輸入食材が充実してて

他では見ないものたくさん売ってる。

なんで思いつかなかったかなあ。

 

で、さっそく行きました。

で、さっそく買いました。

「牡蠣」のほかによそで売ってるの見たことない「きのこ」と「オリーブ」も。

(牡蠣が三個なのは職場でも騒いじゃったから社内の試食用)

 

さっそく食べてみたところ、牡蠣のうまみは濃いけれど

特有のくせはほとんどなくて案外あっさり。

賞味期限が開封後2日というのでびびったけど

食べれちゃうな(なんなら1日で)。

きのことオリーブはゆっくり味わうことにしよう。

(開封しなければ2年くらいは大丈夫らしい。

製造年月日はなかったけど牡蠣の賞味期限は

2019年12月となっていた)

 

いやあ、思いが叶って満足した。

O野さんありがとう。持つべきは友

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

意地

2017年10月29日 | 日々のあれこれ

Twitterで知ったアヲハタの塗るテリーヌ

その名も『広島産牡蠣』。

ビーフペーストやレバーペーストは見たことあるけど

牡蠣なんて見たことないよ、食べたい。

 

お高いスーパーならあるのかな?と思って

京橋に行ったとき明治屋に寄ってみた。

ものっすごくたくさん並んでるジャムに期待が高まったけど

よく見たら全部MEIJI-YAブランド

そりゃそうか。

オリジナルブランド持ってたら

他社さんのものは置きませんよね。

 

東京駅丸の内改札の外に紀ノ國屋ができてて

ここならどうかな?と見てみたら

こちらもKINOKUNIYAブランドをお持ちなんですね

なかった。

 

あと思いつくのはクイーンズ伊勢丹?

とりあえずネットで見てみたら

最近は伊勢丹もオリジナルブランドなのね。

どいつもこいつも、あっ、いや、失礼。

 

あとはプレッセ?

こちらはオリジナルブランドありません。

そして、アヲハタ置いてたよ!

けど

 

牡蠣だけ無~い

 

実はAmazonとかで買えるときいてはいるんだが

なんだかくやしくて実店舗で買いたいの。

なんの意地なんだか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハロウィン

2017年10月27日 | 日々のあれこれ

ハロウィンですね。

正式には10月31日らしいですが

一番の盛り上がりは今週末と予想されてるようです。

渋谷は大変なことになるので厳戒態勢らしく

駅近くの会社さんの中には

社員が帰宅時騒動に巻き込まれないよう

駅までの迂回ルートを示して

早い帰宅を指示したところもあるとか。

そして公衆トイレや商用施設のトイレはもちろん

その辺の裏路地も立ち入り禁止になるところがあるので

わが社の配送員もどの経路で納品に伺うか

お客さんと打ち合わせしたりしてました。

た~いへん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大雪

2017年10月19日 | 日々のあれこれ

旭岳で行方が分からなかった方が

無事保護されたとのこと。

良かった。

 

大雪は20代の頃縦走したことがある。

ロープウェーで黒岳まで上がってしまえば

ものすごい急な登りや険しい岩場があるわけでなく

案外歩きやすい。

けれど道が見えずらくて怖いと思ったことは今も覚えている。

高い木がほとんどなくて、

低木も生えていないところもたくさんあって

砂利についた踏み跡が白く見えるものの

それは良く晴れた日に遠くまで見通せるからであって

霧が出たり雨が降って視界が狭まったら

簡単に道を見失うと気を引き締めた記憶がある。

今回のことをニュースで見たら

雪が降ってしまったようだから

きっと道がわからなくなってしまったんだろうなあ。

状況が想像できました。

 

ちなみに雪が残る5月、春スキーに行ったときも

上記の夏山縦走のときも

遭難した方の遺体が発見されていました。

それが、たやすく見えて全然そうじゃない

この山の恐ろしさをなお印象づけました。

 

大雪山系旭岳 遭難の4人発見

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寿がきやのラーメン

2017年10月08日 | 日々のあれこれ

名古屋の街を歩いているとちょいちょい目にする

この壁から半分覗いてるような女の子のマーク。

愛知県を中心に展開する寿がきやさんという

ファストフードチェーンだそうだ。

愛知出身の職場のY田さんが

ここのインスタントラーメンをお土産にくれたことがあって

おいしかったのでそう伝えたところ

帰省のたびにくれるようになった。

 

それが数か月前のこと、時々行くスーパーのインスタント麺の棚に

この寿がきやさんのラーメンのコーナーができたのです。

ふつうのラーメンと、一緒に並んでた『富山ブラックラーメン』を購入し

「東京でも買えるようになったよ!」って報告しがてら逆にプレゼント。

 

そうするうちY山さんが「うちの近所でも売るようになったよ!」と

『味噌煮込みうどん』を買ってきてくれました。

コシが命の味噌煮込みうどんだから茹で時間はちょっと長いが(五分)

あの濃いけどしょっぱくない独特の味噌味をかなり再現。

おいしい。

今日はまた新しく『奈良天理ラーメン』なる商品が

売られていたので買ってみました。

豚肉白菜にらで作るラーメンです。

これまたおいしかった。

 

 

 

Y田さんはご主人も愛知のご出身。

義理のお父様が2年前に亡くなられています。

 

ある日、入院していたお義父さんを

お義母さんが家に連れて帰りたいと言った。

家での看護がどれくらいのものになるかわからないので

ご主人含めご家族は反対したけれど

お義母さんの強い意志は変わらず

最後はご家族が折れてお義父さんはご自宅へ。

 

ほとんど食事がとれなくなっていたお義父さんに

お義母さんが「何か食べたいものある?」と聞くと

「寿がきやのラーメン」と答えたのだそう。

 

やわらかくやわらかく煮たラーメンを

ほんの三本くらいしか食べられなかったけれど

とても満足した様子で

その翌日お義父さんは天国へ旅立ちました。

ご家族のみなさんは「おとうさんのやり残したことって

寿がきやのラーメンだったの?」と

泣き笑いになったというエピソードは

なんかとても地元愛を感じるものでした。

寿がきやのラーメンって

それくらい愛知県民のソウルフードなんですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末

2017年09月28日 | 日々のあれこれ

先週、職場でパートさんがせっせと手帳を整理してたので

「なんか予定があるの?」ときくと

「いいえ、来年の手帳を買ったので」と言う。

ちょっと待って、まだ9月。

その日家に帰るとお節料理のカタログが届いてました。

もー。。。早すぎるって

世の中だんだん前倒しの時期が早まってるようです。

 

ま、しかし、ぐちってても始まらないので

流れに乗りました。

昨日、自彊術の帰りGEORGE’Sで手帳を買い

ネットで賛否両論のお節料理を予約。

あと、お歳暮ね、と思ったら

お歳暮の予約はまだ受け付けてなかった。

(お節は受け付けるのに順番がへん

 

休みの今日は東急ハンズに行って

スケジュール帳用のシールとか付箋を大人買い。

新しい手帳に書き込みをしてシールを貼ってたら

年末どんと来いって気分になった。

って、今年あとまだ三か月あるんだけどね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お花畑

2017年09月27日 | 日々のあれこれ

お彼岸だったので二人の叔母とお墓参りに行きました。

帰りに姉叔母の家でお茶していると

当然のように二人の子供時代の話になりました。

妹叔母は小学生のころ盲腸を誤診されて

腸が化膿してしまい40度の熱が何日も下がらず

死ぬ思いをしたとのこと。

妹叔母のお腹には大きな傷があり

その話は何回か聞いたことがありました。

姉叔母はすごく心配して学校が終わると

遠く離れた病院まで見舞いに通っていたそう。

 

するとふと妹叔母が言いました。

「あの時はお花畑を見たのよ」

えっ? どゆこと?

「ものっすごくきれいなお花畑が見えて

手前にすごくきれいな川が流れていたのよ」

えっ、それって三途の川ってこと?そんな話は初めて聞きました。

 

 

川の向こうに亡くなったお祖父さんと叔母さんだかがいて

そちらへ行こうとするのだが

どうしてもうまく船に乗れない。

それをうわごとで言ったらしく

ふっと目を覚ますと祖母が必至でほっぺたを叩いて

「行っちゃだめっ! 目を覚ましてっ!」

と叫んでたんだそうだ。

 

 

私は立花隆さんの『証言・臨死体験』を読んで

あちら側の世界に興味を持ち

木内鶴彦さんの講演を聞きに行ったりしてた人ですが

まさかこんな近くに臨死体験者がいたとはね。

 

でも、なんか「すごいきれいだったの?」と

ありきたりな質問しかできませんでした。

「すごくきれいだった」と答える妹叔母の目の中には

その映像がしっかり残っているんでしょう。

天寿を全うするときは

あの日「行っちゃだめっ!」って叫んでた祖母が

川の向こうで「おいで」って船に乗せてくれるのかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠征

2017年09月20日 | 日々のあれこれ

思い返せば京都のエグ友JUNさんが

「チケットあるんだけど来ませんか」と声をかけてくれて

「行きます」と大阪へ行ったのが遠征の始まり。

以来ツアーのたび一回は大阪へ行くのが当たり前のように。

そして、せっかく大阪までいくんだから

ついでに観光しようというので

ライブをからめての国内旅行という定型ができあがり。

 

WORLD ORDERのファンになってからも

そのスタイルは続き

名古屋行ったり大阪行ったりするたびに

どこを観光しようかプランを立てて

一粒で二度おいしいスタイルは続いてた。

 

というわけで『新潟光の饗演』にご出演のWOさんを鑑賞方々

新潟を旅行してきました。レポは次回

コメント
この記事をはてなブックマークに追加