そよ風のささやきを聴きながら

日々の何でもない事を書いています。またお花の写真などもパチリと。

運と方向

2016-11-30 23:14:33 | 
よく先の事は分からないと言われる事があります。自分を取り巻く運の流れは絶えず動いているからであります。

そして運には方向が関係あります。





小さな日本と言えどもそれぞれの地域にはその地域の空気があります。その場所に応じた気候や波動などがあり

そういう事などからその地域独自の方言などが生まれているのではないかと思っています。

また同じ地域の人は「県民性」などと言われるように似通った気質を持っています。地域差がある事から

それぞれの地域の方向の運の流れがあるだろうと思います。もちろん一人一人の生まれた日にも

波動がありそれを基本として、様々な場所に移動する事により運の流れの波長が合う地域や合わない地域は

出て来て運を左右するのではないかと思います。同じ県内でも場所の移動により運の流れがそれぞれあります。

また地域の運の流れは日々動いていますので年々変わります。方向に運の流れがあるのを如実に表しているのが

「家相」だと思います。一定の場所に建てられている家でさえ部屋の方向により空気や運の流れが異なります。

運の流れなどは見えませんし説明も難しいですね。そうであったとしても不思議な事に引っ越しや

新築、改築などをしてから運がガラリと変わる例は実際あるのも事実であります。家の方向の運の流れも

日々動いていますので一定ではないですが、大まかに一年間を区切りに家相などは考えているようです。

一家の主の星回りを基準にして新築や引っ越しの時期や方向を考えるのはやっておいた方が無難であると思います。

お店などでも同じ場所にあるお店が次々店をたたんではまた次のお店が出来ても、いつの間にか

そのお店もいなくなる場所は実際ありますね。そういう風に土地にはその年の波動と運の流れを持っているのだと考えられます。

やはり運の波長の合う場所はどんどん運勢が上がって来る現象が起こって来るのですね。

普通の出かけるなどは考える必要はないですけど、引っ越しや新築、改築などの時は少しは考えた方がいいかなと思っております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供を守れない時代

2016-11-27 23:40:47 | 社会
ニュースを見て一番心が痛むのが小さな子供の可哀そうな事件です。

こういう理解できない人達がこの世にいるのは分かっていますが、幼い命が奪われる事に

非常に憤りを感じてしまいます。





近年は核家族になり子育てが各家庭の中に隠れてしまっていますね。マンションなんかですと

隣の人も付き合いのない場合もあります。また可愛そうな子供に見える子供がいても口出しなど

出来ない社会でもあります。本当はそういう若夫婦には両親もいるでしょうが、そういう親との

信頼関係とか連携も取れていないのでしょうね。本当は子育てする気のない人は子供など

生まない方がいいと思うのですが、そういう人に限って何も考えずに簡単に子供を何人でも生みます。

生んでもあとは放置して育てず自分たちの快楽のみ追いかける生活をしているのですね。

子供って本来は幸せになるために生まれているのだと思います。ただ各家庭には様々な問題やら

いろんな出来事も起こったりして十分に幸せな環境が整えられない場合は確かにありますけどね。

昔は近所の子供を遊んであげることは出来る社会がありましたね。

今は子供たちの事件が多い為に声もかけられない社会になっています。現代の社会の子育てが

孤立化して来ているために母親の負担も増えていますし、子供たちも社会の中で皆に育てられていく環境が

なくなって来ていますね。その代わりに親のレールに乗せられて育っていく環境になっています。

子供を生み育てる事は各個人個人の両親に任せられています。こういういびつな時代だから

学校でのいじめなどもよく起こっています。これだけ大人がいても子供を守れない時代なんですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

免疫学の「安保徹」先生の本にハマっている

2016-11-26 22:45:22 | 
11月から12月に切り替わろうとしている今日この頃です。11月までは比較的ゆっくりした時間ですが

12月になると途端にバタバタと時間が流れますね。まずは年賀状からでしょうか。



さてさて

ワタシは3日前から読書にハマっております。ここ読み漁っていますのが、「免疫学の権威」である安保徹先生の

本に興味を持って次々と買って読んでいるところです。



白血球の働きで体を病気から守る自然治癒力について分かり易く

書かれていて、興味深く読み易いです。白血球についてはよく聞く言葉でしたが、その中に細菌や古くなった

細胞など大きな異物を処理する「顆粒球」と細菌よりずっと小さいウイルスやガン細胞などを攻撃する

「リンパ球」があるそうです。白血球数の中で、顆粒球54~60%でリンパ球が35~41%が健康バランスがいいそうです。

それをコントロールしているのが「自律神経」だそうです。自律神経には交感神経と副交感神経があるのは

学校の勉強などでは習ったように思います。顆粒球が増えると病気になり易いそうでありますし、

かと言ってリンパ球が増え過ぎるとアトピーやアレルギーになり易いと書かれています。

免疫学から男性女性の体の性質なども書かれていまして、「そうだったのか!」でなかなか目がウロコの連続でした。

男性はどちらかと言えば元々交感神経優位であるため仕事などに頑張れるそうです。ただストレスなどが強くなると

そのバランスが崩れ病気になり易いそうです。女性はどちらかと言えば副交感神経優位であるため

家庭などを守るのは向いているそうです。女性が男性のようにバリバリ仕事したりするのは

性質上病気になり易くなるそうです。体の仕組み的に男性は温め過ぎてはいけないようですし

女性は冷え過ぎてはいけないようです。男性は外の寒さに当たる事で逞しくなれるのだそうです

女性の場合は冷やさない事が健康のためであるなどが書かれています。まだまだ読むのは途中ですが

免疫学や自律神経などからの健康に関する事が本当に分かり易く書かれていますので読みやすく

いっぱいの興味深い箇所、これからの健康にも勉強になると思う箇所が満載の本です。今回久しぶりにハマった本です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夫や妻の運気を下げる配偶者

2016-11-23 22:39:31 | 夫婦
今日は冬型で寒い日となりました。最近お野菜にハマっております。生産者のネームが入った物を買うようにしています。

お野菜って新鮮な物であれば美味しいのかなと思っていましたが、作る人によって本当に美味しいお野菜があるのですね。





さてさて

お話がガラリと変わりますが、以前ジャニーズのグループのスマップが解散問題で揉めたようですが

その影響で「キ○タ○」さんの人気がガタ落ちだそうですね。この解散問題に「キ○タ○」さんの

奥さまである「工○静○」さんが口出しをした事で問題が悪化し、ネットでも叩かれていたようです。

その結果二人とも人気がガタ落ちになってしまったようなんですね。

これは有名人ですのでこういう事も公になっていますが、普通の家庭にも「口出し」の多い妻というのはいますね。

旦那さんが何かをやろうとしたり、仕事のことなどでもあれやこれやと口出す妻はいます。俗に言う足を引っ張る妻です。

こういう妻は子供にもあれやこれやの口出しが多いようです。これが年数を重ねれば必ず夫の意欲と運気を下げます。

また子供も問題行動を起こしやすくなります。方や「妻に嘘をよくつく夫」も妻の信頼をなくし

一緒に歩む気持ちも奪います。妻に嘘をつくのは何か隠し事があるからですね。いい事なら隠さなくていいですので都合の悪いことでしょうね。

一家の柱である夫が妻の信頼をそこねたら妻の心が安定しなくなるため、家庭内の運気がどんどん下降して行きます。

家庭は妻の位置であるため、そこが崩れると家庭内も崩れます。

お互いの気持ちにすれ違いが出来ると必ず別室で過ごすようになって来ます。夫婦が別室で過ごすようになると

坂道を転げ落ちるように夫婦仲が転げ落ちます。夫婦は所詮は他人ですから信頼関係は重要だなと感じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログとは・・

2016-11-22 22:03:18 | 





ブログとは自分を表現するもの

そして自由に表現出来るもの

ブログとは内容に関係なく

海を越え空を超えるもの

たとえささやかなブログでも

世の中の誰かには役に立つ

お金では買えない広い交流

ブログとは世代を超え

立場を超え男女も超える世界

ブログとは言葉があっても無いような

それは人と人の心の世界

そこには一人一人の自由な空間がある

そこには人の優しさがある

そして人の厳しさもある

何かを気づき何かを学ぶ

ブログとは多くの人の繋がりの世界


画像 (京都府立植物園)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加