そよ風のささやきを聴きながら

日々の何でもない事や、またお花の写真なども

✳当ブログ(gooブログ)の無断転載は固くお断りいたします

牡丹

2014-04-29 23:23:28 | 
我が家の牡丹が咲きました。





コメントは閉じております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チューリップ 3

2014-04-27 23:01:39 | 
近くの木々の葉が少しづつ鮮やかな緑になって新緑の季節になって来ましたね。チューリップシリーズの最後です。

チューリップの「ちびまる子ちゃん」です。毎年色んなテーマのチューリップアートをされるそうです。

まもなく5月の連休も始まりあちこち行かれる方も多いでしょうね。


















コメントは閉じております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生いろいろ チューリップもいろいろ

2014-04-24 20:54:41 | 
チューリップシリーズ2です。人生いろいろ、チューリップもいろいろですね。

チューリップのネームがまたいいですね。夢のあるネームがついています。





















兵庫県北部の空気のきれいな「たんとうチューリップまつり」に行って来ました。

ここは空気の波動がいいですね。非常に癒される風景と空気があるように感じます。

車で走っている時に、周りの自然の美しさに感動とある郷愁のようなノスタルジックな気分で胸がいっぱいになりました。

チューリップ畑が近くなると今度は気分がウキウキしてすごい幸せな気持ちになりました。

そういう素敵な気分にさせる空気が一面に漂っていてそれだけでも来て良かったなと思いました。

ここのチューリップを見に何回か来ています。前は駐車場は楽に停めれましたが

今回はすごい車で駐車場がなかなか空かなくて大変でした。観光バスもたくさん停まっていましたよ。

みんなお花も大好きですし、人の集まる所に人が集まりますね。楽しい所に人は集まる習性がありますね~


コメントは閉じております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チューリップ

2014-04-23 19:33:02 | 
桜が終わって、いよいよチューリップの季節になりました。

桜などは情緒があって大人のお花のような感じがしますが

チューリップはじつに素直にまっすぐに咲くお花だなと感じます。

色がカラフルだからか、見ているだけで元気になれそうです。それにしてもチューリップも種類が多いですね~~













こうして四季のお花が季節の移り変わりと共に見れるのはいいものですね。

以前でしたら綺麗なお花を見て「ああ綺麗だな。」と思うだけでしたが

今はお花から癒しの波動も出ているのも感じるようになりました。そしてそれぞれのお花は

何かの意味があるのをとっても感じます。チューリップなどは色彩を楽しめますよね。

人の体も色彩を見る事で体のバランスを整えるのはあるように思います。

色は体にある7つのチャクラと連動しているそうですから。空の虹なども7色ですが

7色が体のバランスにはいいと本にも書かれていました。人と自然の仕組みなどはみんな

意味があると思います。「言葉が言霊」とよく言われています。自分が発した言葉はすべて

最後には自分に返って来るものだとワタシは思う事があります。山などに行った時の

「やっほー」と言ったら、「やっほー」と同じ言葉が返って来る「こだま」は

自然が「言葉はこだま」のように、自分が言った言葉がそのまま自分に返ってくると示唆しているようにも取れます。

そういう事を考えて、ワタシは出来るだけいい言葉を言えたらなと思っている今日この頃です。

コメントは閉じております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教諭の入学式欠席問題から

2014-04-18 23:35:51 | 日記
ここ様々なニュースが流れていますね。その中で高校の教諭が我が子の入学式の為に担任である一年生の入学式を欠席された

事で賛否両論の意見がありますね。どちらかと言えばその教諭の立場を理解した意見がたくさんあるそうです。



基本的には欠席を受理されている訳ですからその教諭には問題はないと思いますけどね。

もちろんその先生の母親としての立場から、我が子の入学式に出てやりたいと思うのは分かりますよ。

そしてその新入生の一年生のクラスの保護者の気持ちも、入学式に参列されない担任に対して

一抹の寂しさを感じるのも分かります。昔なら教師は聖職的な立場でもありますから欠席はなかったでしょうね。



時代もどんどん変わって来ていますし、子育てでもイクメン時代と言われるようにどんどんやり方は変わって来ていますものね。

何か今までと違うやり方を行うと必ずそれに対する反対はあるだろうと思いますよね。

ワタシは別にいいのじゃないかと思います。時代の流れが変わって来ていますので、何でも反対じゃなくて

それを受け入れて新しい風を入れるのもいいのじゃないかと思います。これについては賛否両論はありますね。

入学式や卒業式は我が子の節目の時でもありますので、親ならそれを共有し、また我が子が曲がりなりにも少しづつ成長しているのを感じたいですものね。

また親にとっても子育ての大切な節目でもあるのですよね。



どちらかと言えば母親の参加の方が多いですね。お父さんもたまには参加されている方もありますが

ワタシなどは羨ましいなと思っていました。父親って経済の大黒柱ですからなかなか会社休めないかも知れませんが。

子育てに参加するのは、子供の赤ちゃんの時にお風呂入れたりおむつ変えるだけじゃなくて

本当に子供と関わる、向き合うというのが大切なんじゃないかと、今子供たちが大きくなって感じるようになりました。

子供も中学生くらいになると難しい年頃にもなりますし、学校などではいじめなども起こる時期ですよね。

母親一人では抱えきれないくらい大変な重荷です。そして父親の仕事が忙しくなったり責任も重くなったりして、

どうしても母親に任せきりみたいな事もあります。

子供が高校になると少しみんなが落ち着いて来ますけどね。また大学受験もあるから進路の問題も出て来ます。



母親は相談したい時に父親の帰りが遅くなる為に相談する時間も取れなくなって

その他家庭内のもろもろの事なども加わり、この時期から夫婦仲もグラグラして来ることもあります。

子供自身もクラブ活動や塾、習い事で忙しくなったり、家族がそれぞれの方向向いてたりする時もあります。

全く他人であった夫婦が家庭という枠のなかで協力しながら築いていくのですが、所詮お互いが未熟だから

失敗やら意見の食い違い、そんな事で時には夫婦が冷え冷えしてしまう事だってありますね。

でもそういう歩みを重ねていきながら、互いに足りない所まで許せるようになって来ますね。我が家の場合です。

ひょっとしたらお互いが「あきらめ」かも知れないですけどね。

コメントは閉じております。いつもありがとうございます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加