そよ風のささやきを聴きながら

日々の何でもない事を書いています。またお花の写真などもパチリと。

現実と同時並行の意識の世界のこと

2016-12-13 23:10:07 | スピリチュアル
毎日現実の生活が日常の中で展開されています。誰でもこの目の前に広がる現実しか見えません。

この自然界の空間には見えない意識(魂)の世界も同時に展開されております。





さて

人は霊的な生き物ですので、体という肉体と意識(魂)を持っております。

肉体は長くて100年ほどで今世を卒業します。

ワタシは肉体が終わっても意識(魂)は輪廻転生を繰り返しながら永遠に生き続けていくと考えております。

何故人間は輪廻転生をして何度でも生まれ変わりながら生き続けるのかという事に関して

人の本質は意識体(魂)が本当の姿であるが、魂は宇宙の様々な次元の空間の中で自由に生きる事が出来るのが

本来だと思っています。様々な次元の空間はそれぞれの魂の意識レベルによって界層が分かれ

その人に相応しい空間に存在しているのです。現実の生活でもそうですが、意識は自由でありどんな事でも

考えたり思う事が出来ます。思ったり想像だけなら何にでもなる事も可能です。

ただ意識は自分の次元の空間に存在しながら更なる高い次元の世界へ行く事を目指しているわけです。

高い次元に行く為にはそれなりの苦労なり経験が必要となって来ます。その様々な苦労が体験できるのが

輪廻転生でいく今世などの世界になります。何回も輪廻転生する目的は、様々な経験を積む事であります。

今の現実はたまたまの今回での経験で生まれて来ています。

日常の生活の中で意識(魂)は体と同時にあったり意識のみが他の世界に飛んでいる時もあるのです。

他の世界に飛んでいる状態で分かり易いのが夢の世界だと、ワタシは思っています。

夢の中の自分が意識の自分と似ています。空から落ちても痛くないのが意識の世界です。

意識は集合意識として飛ぶ事もありますし、例えば親は遠くに離れた子供の所に意識が飛ぶ事もあります。

飛んでいる意識は現実の世界から、そういう意識(魂)の世界の空間に存在したり現実に帰ったりしています。

よく誰かの事を思った時に電話が入る時は、その意識がその人の所に行っているのです。

意識はどんな遠くでも一瞬で帰る事が出来るのです。例えば想像で違う場所に一瞬で行ったり帰れるのは

経験しております。その意識のみが移動する空間は現実の空間とは別の空間であります。

人が意識を失った時に意識が体から離れて空間に浮かぶ体外離脱などがあります。

その空間の意識はその周りを見る事も考える事も出来るのを経験しております。

その時の意識は現実ではない空間に存在していますが、自分の意識不明の体も見ております。

体の方が意識を取り戻した時に空間の意識は体の中に入ります。

そういう事などから意識は人の本来の姿であるとワタシはそう感じております。

これらの考えはワタシ独自のものであります。ただそう思うという一つの意見です。

こういう事に関しては様々な意見があると思います。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 羽生結弦選手の演技に魅せられて | トップ | 老後の未来予測をしなけりゃ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。