そよ風のささやきを聴きながら

日々の何でもない事を書いています。またお花の写真などもパチリと。

結婚を考える時に相手の血液型まではあまり考えないように思いますが・・

2017-05-17 23:29:06 | 日記

 気候的には5月はなかなかいい季節だなと最近感じます。若い頃にはこういう事に関心がなかったですが、

年々四季の良さを感じれるようになりました。

さてさて

結婚を考える時に相手の血液型まではあまり考えないように思いますが、

夫婦の血液型の組み合わせで生まれる子供の「血液不適合」というのは起こる場合もあるようですね。

A型とO型の組み合わせの結婚で、子供が生まれた時に父親の血液型と同じ時に「血液不適合」というのが起こったりする場合があるようです。

他の血液型同士でもあるかも知れませんが、A型とO型の組み合わせにはよく起こるらしいです。

血液不適合が起こると「新生児黄疸」がひどくなるそうです。

生まれたての赤ちゃんは新生児黄疸は出ますね。通常はそんなにひどくはないので問題ないですね。

黄疸がひどい場合は「光療法」という治療を新生児がうけ、退院する頃にはたいてい問題はないようです。

実際は専門的な知識がありませんのでよくは分かりませんが、ちょっと気になります。

大昔から結婚する時に相手の血液型など気になどせずに結婚している人は多いと思いますがそんなことを聞いた事がなかったので

ちょっとびっくりしました。

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三才までの幼児は 意識の部... | トップ | 家の北東と南西の位置の見え... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。