そよ風のささやきを聴きながら

日々の何でもない事を書いています。またお花の写真などもパチリと。

相談する人は答えはすでに知っているが、前に進めない何かを知りたくて相談する

2017-03-06 23:24:16 | 日記
早いもので3月も数日過ぎました。ここ春の陽気のような日々が続いていましたが明日は寒くなるようですね。





さてさて

人に悩みの相談する時は本人の中ではすでに答えは出ている事がよくあります。その答えが間違っていないと自信がある場合は迷ったりしません。

どこか間違っているのではないかと思っているから迷うのです。すでに出ている答えに対して「それでいい」と言ってもらえれば、また

さらに応援してもらえれば前に進めます。自分の悩みの中で自分自身が本音と建て前の部分で迷い悩みます。

本音はそれをやりたいか、やりたくないで迷った時、どちらかの自分の答えが間違っていると自分自身の建前が感じるから迷います。

会社を辞めたい時、何かの選択のどちらかを選ぶ時などでも本音と建前の答えが違う時迷います。しかし本人はすでに答えは出ております。

ただ答えの方にどうしても素直に進めない何かの引っ掛かりを感じるために、むしろその引っ掛かりの原因を知りたいという事があります。

何かで迷いどちらかを選択する時には、一つを選択するために何かを捨てなければ選択できない事はよくあります。

その捨てなければならない方を捨てられなくて迷っているのかも知れません。たとえば自分が選択する方向で誰も悲しませたり、困らせたリしなければ

あっさりと決断は出来ます。誰かの気持ちを悲しませるなり困らせるなりする事が発生するので迷うのです。

何かに迷う時に選ぶ選択のメリットとデメリットを測りにかけて見てどちらがより重いのか、そして

自分が一番重要な選択の目安なり気持ちがメリット方にあるのかデメリットの方にあるのかも一つの解決への糸口になる事も多々あります。

そういう場合はむしろそういう悩みから遠ざかってニュートラルな状態に心を持っていった方が真実が見えて来る場合もよくあります。

悩みを悩めば悩むほど答えが見えなくなるのはあります。

俗にいう距離を置くという事もいいかも知れないなと思います。距離を置いて心をニュートラルにしている期間も運の流れは動いていますので

思いがけない方向や思った方向に流れていく場合もよくあります。悩む時こそ一呼吸がいりますね。


『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ここらで正義の味方の政治家... | トップ | 親孝行の子に福の神がやって... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。