そよ風のささやきを聴きながら

日々の何でもない事を書いています。またお花の写真などもパチリと。

意識体について

2017-05-26 22:27:25 | スピリチュアル

 命が消えるか消えないかの瀬戸際の時、その人の意識体(魂)は体から一旦離れ空中に浮かんでいます。

助かる場合、意識体はまた体の中に戻りますが助からない時は二度と体には戻りません。

 空中に浮かんだ意識体はじつは周りも見えますし、考える事も出来るのです。そしてその人の寿命も知っております。

その時苦痛で苦しんでいる肉体の自分と苦痛のない意識体の本来の自分を交互に感じてもいます。

そして横たわった自分の肉体と言う体を冷静に見つめながらまだ助かるのかを悟っています。

事故で意識不明になった時に体から意識が離れ空中に浮かんだのを体験し、

そういうことを自分なりに感じたことですので事実かどうかは分かりません。

意識体が空中に浮かんだ時の感覚は俗にいう夢の中の世界と似ています。夢の中では実際リアルに体験をしていますが

現実に起こりそうもない「空を飛ぶ」とか「憧れのスターと散歩している」なども夢の世界ではあります。

また高いところから落ちる夢を見ても実際は痛くないわけです。夢は肉体の体験する世界では無く意識が体験する世界です。

そこが意識体の時の姿と非常に似ているわけです。普段は意識体(魂)は存在すら分かりませんが、その人の命が危険にさらされた時に

この世とあの世の境目を教え、体から離れ空中に浮かんだりまた体の中に入ったりしながら助かるか助からないかを教えてくれます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和がどんどん崩されようとしている

2017-05-24 22:30:22 | 社会

今日は暑さも一段落したようで一雨降りし、むしろ雨がありがたいと思える過ごしやすい日でした。

本当に気候はお天気ばかりもないですし、上手く気温が調整されて天候が巡っております。もちろんそうでなければ過ごせませんものね。 

 安倍独裁政治はまたまた共謀罪(テロ等準備罪)も衆院強行採決に持っていったようですね。参院でもまず強引に持っていくでしょう。

国民などいてもいなくても、反対していてもいなくても「そんなの関係ない!」みたいに見えます。実際国民などどうでも

いいのでしょうからね。いつかこんな一国民の小さな意見さえ口をふさがれてしまう時代が来ようとしているようですね。

北朝鮮がミサイルを打って来るから「いつ戦争になるかも知れませんよ、その為にも戦争出来るように憲法改正が必要でしょう」とか

イギリスでテロが起こったから「だからいるでしょう、共謀罪は」という人もいますが、論点が違うのではないかと思うのです。

それはただの都合のいいこじつけにしか見えません。

アメリカの銃社会は銃があるから銃の事件が多発しているのです。銃があるから平和も侵されています。

それは武器を持つことの意味をよくあらわしているのではないでしょうか。

戦争を出来る国にしたら戦争が実際起こりやすくなるのは世界の争いが証明しています。

日本は広島、長崎で思い知らされた「戦争しない」という使命があります。

今の大人である私たちが自分の子供たちや孫やもっと先の子供たちに「平和」や「平等」などを残していかなければいけないのでは

ないのだろうかと思ってしまいますが、その平和がどんどん崩されようとしているように感じてしまうのはワタシだけなんでしょうか。

 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

こういうタイプだけは止めたいと思うと何故だかそのタイプに当たるようですね。

2017-05-22 22:36:51 | 日記

 今は丁度バラの季節ですね。バラも美しいお花だと思います。それにしても今日も夏日の暑い日でした。

お洗濯はよく乾きますのでありがたいですが日焼けは心配です。暑い季節に木々の緑が清涼感と癒しを与えてくれますね。

 

さてさて

近年は芸能人などでも年齢差の大きな開きのある結婚が増えていますね。しかも女性側が年上の場合も多くなりました。

一般の人でもあるみたいですね、こういう結婚の人はね。仕事の知人の女性で一度離婚された人に偶然お店で出会いましてね

連れの30代後半か40代前半の男性も一緒にいたので誰かなと思っていたのですよ。「再婚したのよ、年下だけどね」と

紹介されました。ちなみにこの女性は50代前半です。「それはおめでとうございます!」とご挨拶をして

一言二言お話してその場を離れました。

こういう結婚はワタシでは考えられないです。もし離婚したらまず再婚はしたくないのもありますが、自分より若い男性の面倒を見ることは

面倒だなと思っちゃいます。年上なら別の意味でもっと手がかかりますけどね。60代の女性が70代の男性と事実婚された途端に

その70代が倒れて介護生活になった人もいます。熟年の再婚は色んな意味で大変ですね。

夫もどちらかと言えば構ってタイプですが、ワタシはこういうタイプが一番苦手だったのに何故か当たったようなんです。

むしろ全く手のかからない自立心旺盛な独立したタイプに見えました、結婚前はね。

結婚はそんなとこありますよね。こういうタイプだけは止めたいと思うと何故だかそのタイプに当たるようですね。

イヤだと思うと逆に引き寄せるのはあるのでしょうね。

男女そうかも知れません。結婚前は違うタイプに見えるのですね、しかしふたを開ければそうだったになるのです。

何を書こうとしていたか分からなくなりましたのでこの辺で。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心は段階を踏まないと落ち着かない

2017-05-21 21:59:03 | 気づき

 今日もかなり暑い日でした。車で近場ですが一回りして来ました。出かける季節のせいかバイクのツーリング群が多くなりましたね。

ツーリングの人たちは道路を走るマナーを心得ておられますね。車を運転していても無茶な追い越しや横入りもなく

タイミング良く追い越しされています。でもこの前はツーリングの人の事故現場にも通り合わせたことがありますが、

バイクが倒れていましたのでお怪我は大丈夫だったのかなと心配になりました。無事だといいなと思いつつ走りましたが。

路肩には80代と見られる男の人がパトカーに事情を聞かれておられました。

車を運転する事もよくありますので人ごとではないです。

車もバイクも乗れば楽しくて便利ですが一歩間違えば大変なことになります。気を付けねばと一層気持ちを引き締めました。

 人生は上り坂から下り坂はもちろんのこと「まさか!」まであったりしますね。急な大病や大けがもそうですし

予期せぬ自然災害や家庭内の思いがけない大問題などで人生が坂道を転げ落ちることもあったりします。

最初はそういう事を受け入れるのに時間が要りますね。

一定期間苦しんだら今度は「何故自分ばかりこんなことに」と怒りが出て来て、それも過ぎると諦めの境地になります。

心は段階を踏まないと落ち着きませんのでそういう時間は必要だと思います。最終的には何だかんだと言いつつも

とにかく前を向くことが自分をいい方向に運んでくれるのではないかと感じています。理屈ではなく形から入らないと前に進めません。

形から入ることでそれなりの形も出来て心がそれについて来るようになります。

「心に太陽を」って人の心の本質をつくいい言葉だと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家の北東と南西の位置の見えない力は夫や妻そして長男に作用する

2017-05-18 22:30:35 | 気づき

よく長男が家に居つかないとか問題行動がある場合、家の北東の位置に水場か火を使うキッチンになっている場合があります。

じつは・・イヌの雄も北東の位置に飼っている場合にケガや病気をよくするのは実際あります。 

北東は鬼門の位置でもありますので不思議ですがそういう事はあるのです。

また家の南西の位置に水場や火を使うキッチンがある造りの場合もその家庭の主婦が病気がちになり易いのも不思議ですが実際あります。

南西は裏鬼門という重要な位置でもあり主婦の位置でもあります。そのお部屋で主婦が過ごすなり寝室なりの場合はむしろ安定します。

この南西の位置である裏鬼門には夫の行動を抑制する作用もあるのです。もしその家庭の夫が問題行動なり浮気などが頻繁に起こる場合

南西の部屋に寝室を変えると不思議と収まることがあるのです。南西の主婦の位置であるのと裏鬼門のために見えない

夫の行動のブロック作用が働くからであります。もし心当たりがある方がおられましたら一度試されて見られると

たぶん効果に驚かれるだろうと思います。ただすべての方に当てはまるというわけではありませんが。

家なり場所の方向も運が作用しているのは見えませんが不思議とあるのは見聞きしており、感じています。

実際よく新築や改築の後に運勢がガラリと変わるのはよく聞く事でもありますし、引っ越しなどが運勢を上げるのも良くあることでありますので

家にしても場所にしても方向に運の流れがあり、それぞれ一人一人のその年の運の流れとの見えない力が作用しているようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加