絵を描こう 旅に出よう

いつもわくわくしていたい

「灯台に恋したらどうだい?」

2017年05月05日 13時25分56秒 | 旅行(灯台など)
連休はじっとしている。
爽やかなお天気で、窓の外は新緑が日々濃くなっていく。
早朝ドライブもせず
ベランダの月桃の木を大きな鉢に植え替えたりしてみる。
あちこち整理整頓したり
トレファクで掘り出し物の丸いテーブルを買ったり・・

アマゾンで、灯台の本を2冊買った。
「灯台に恋したらどうだい?」不動まゆう著
「灯台一直線」

不動まゆうさんの本は、この4月に発行されたばかり。
灯台女子を名乗る若い女性の書いた本。
わたしも灯台好きだけど、ここまでは好きを貫いていないな・・
ライトハウスラバーズというサークルもあるらしい。
燭光会にも一般の人も会員になれるみたい。

このところ、新聞の特集にも灯台の魅力が取り上げられたり、テレビでも灯台巡りがあったり、こんな本が出版されたり、ちょっとブームが始まっている気配。

本を読んでいるうちに、早く残りの3基を回らなければ、と思い、
沖縄行きの飛行機の予約をしてしまった。
6月9日金曜日、決行。
格安航空券で約20,000円
宿は、Airbnbで予約。二泊で6,000円。
あとはレンタカーを予約しよう。
せっかくなので、残波岬灯台(目的の登れる灯台)だけではなく、他の灯台も見てきましょう。
宮古島にも一基、平安名岬灯台があるのだけど、それは別の機会に。
(だって那覇から宮古島までの飛行機代は、東京からの往復より高いのです)

もうこうなったら、登れる灯台15基といわず、
世界の灯台百選、行く?

友人から、スペインの巡礼の道を歩きはじめたとのメール。
いつかわたしも行きたいサンディエゴ・デ・コンポステーラ。

旅を楽しむためには体を鍛えなければ。
右膝が痛いので、塗り薬を買ってきて塗り、包帯をぐるぐる巻いて、
いつもありがとう、もう少しがんばってね、と言い聞かせた。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 運転練習に付き合うの巻き | トップ | ラウンド島の灯台、「ある日ど... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。