絵を描こう 旅に出よう

いつもわくわくしていたい

ラウンド島の灯台、「ある日どこかで」

2017年05月11日 06時17分21秒 | 日記
また一つ、訪ねたい灯台ができました。

ミシガン州ラウンド島のライトハウス。


きのう、保育園へいく前の少しの時間に見たBSの映画、「ある日どこかで」。
舞台が、この灯台の見えるグランドホテル。
時を超えた愛のお話。
ホテルの窓から遠く灯台が見える。
そして二人はライトハウスの下まで散歩して語り合う。

この灯台を見ると、なぜ灯台はライトタワーではなくライトハウスか、よくわかりました。お家に塔がくっついているイメージですね。

いつか行こうね・・


それにしても、あの映画はただの映画ではありませんぞ。

パラレルワールド
ハイゼンベルク
並行世界
一人につき一つの世界が存在する
地球は70億個ある
私たちは一瞬一瞬世界を創造している
無限の可能性を崩壊させて、一つの現実を選んでいる

そういうような、高橋ナナさんの本に書いてあったこと
読んでもなかなか理解できないこと
この映画はそういうことを言ってるのかなー・・


たった一つのコインの存在で、世界が切り替わってしまう。
私たちの世界はそんなにはかないものなのか・・

光りの振動ですべてが成り立っているとすれば、
堅固なものなどなにもない。
われわれが思い込みさえ外せば、奇跡はいくらでも起きるのかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「灯台に恋したらどうだい?」 | トップ | 山中湖 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。