いつかロングステイ!⇒ 今マレーシア

2013年1月から、クアラルンプール暮らし(MM2H)。
それまでの神奈川生活、移住候補地への旅行。マレーシアの海。

地球博物館(小田原)

2008-03-24 12:00:04 | 神奈川県
最近、地球温暖化が深刻な問題なので、「地球」って昔と違うの?って思いませんか?
そんな注目の「地球」に関する、面白い博物館が神奈川県にあります。
箱根へドライブの時にちょっと立ち寄ってみるといいかもしれません。

<神奈川県立 生命の星・地球博物館>
電車:箱根登山鉄道 「入生田(いりうだ)」駅から徒歩3分
※小田急線が乗り入れています。

車:西湘バイパス・小田原厚木道路から→箱根口インターで国道1号線へ(博物館まで約600メートル)
他、詳しくはhttp://nh.kanagawa-museum.jp/index.htmlで見てください。

館内の私の注目点をご紹介します。
最近はニュースで聞きませんが、隕石がアメリカやオーストラリアに落ちてるんですよね、70kgもある隕石が落ちてくるって、落ち所によっては大惨事ですね!
原始地球はマグマに覆われていたんですって。
よくテレビで見る、火山から流れるオレンジ~赤のドロドロしたような熱ーいものに覆われていたとは想像できません。

展示物で見た鉱物も神秘的でした。
恐竜の複製ではあまりの巨大さに驚き、ライオンや熊、バイソンの剥製も大きくて怖かった。あんなのがアフリカやカナダ、アメリカにいるんでしょう?絶対、かないません。私はサファリツアーはノーサンキューです。
他にもたくさんの剥製がいます。一堂に並べられると、結構、圧巻ですよ。

「そういえば、昔はあんなおっきな恐竜がいたんだ!人間なんていなかったんだ!」
そう思うと、地球って、やっぱり変化してるって感じます。
人間は長ーい歴史の中で出来上がったもので、そんな後から出来た人間が地球を変化させる一因になってるんですね。

46億年前からあった地球が変化し続けていて、今から2億5千万年後にはオーストラリアが赤道の方に上がっていく、なんて想像できないけれど、2億5千万年もまだ先があるのなら、億単位から見たら一瞬の命の私が地球を壊していくのはいけない気がします。

小学校、中学校で習ったのかもしれないけれど、理科の教科書で見ても興味が湧かなかった地球。そんなのも、大人になって見ると面白く感じます。
結構、10代、20代の若い子たちがデートで来ていたのが興味深かったです。







コメント

アメリカで新鮮だったこと

2008-03-17 15:39:05 | '07.04 ロサンゼルス /'07.09 カナダ西部
最初に驚いたのはトイレ。
個室の下の方が空いていて、外から足が見えるし、中で隣の人の足も見える。
あと、便座が大きかった。一瞬、中に落ちてしまわないかと心配した。
位置は高いので私では軽く背伸びして座るようだった。
成田ではスーツケースが個室に入らなくて、扉の外に置いている人がいたけど(ちょっと心配)、LAXでは個室がすごく大きかったので、一人旅でも困らないだろうな、と思った。

続いては、空港内での案内。
スーツケースを持って、「さて、シャトルバス乗り場へ。」と思っていた。
「ガイドブックで読んできたし、あそこだな。」と看板も見つけていた。
いたって迷わず真っ直ぐ歩いていたのに!
空港の制服っぽいのを着た黒人の大きな女性が寄ってきて、どこへ行くのか尋ね、案内を始めてしまった。「まあ、空港の人みたいだし。」と思って聞いていたが、最後にチップだか、寄付だかを迫られた。カモられたのね。
でも、制服で「どちらへ行かれるのですか?」って話しかけられたら、答えないではいられないと思う・・・。

そして、大きな人々。
背も高いけど、横幅がなんといってもおおきい。おしりも信じられないくらい。
トイレが大きく、高くなるのも分かる。
あまりに重たくなりすぎて支障がでたのか、車椅子に乗る太った方が多かった。
また、車椅子の方がたくさんいるので、みんなも慣れている感じで、手を貸したり、場所を譲ったりしていた。

お金次第。
①アムトラックという電車に乗った。
がら空きで席は自由、使いたい放題でよかった。
ただ、窓が汚い。面白かったのは指定席の窓だけちゃんと拭いてあった。

②ユニバーサルスタジオの駐車場にて。
駐車場が園内に近いと20ドル、遠いと10ドル。

③ユニバーサルスタジオのフロントオブザラインパス。
アトラクションに優先的に入れるので、みんなが暑い中、長いこと行列していても、ちょうどいい時間に来てさっさと入れる。
特にウォーターワールドでは、待たずに中央の一番いいブロックに案内されるし、ショーの終了後、他の観客が出ていってから、出演者の話も聞ける。

④ホテル
値段と良さは比例するかも?
安全もお金で買えるなら出しておいたほうがいいかも。









コメント

LA旅行~食事2日目以降~

2008-03-10 17:39:50 | '07.04 ロサンゼルス /'07.09 カナダ西部
早くも2日目に、私達はアメリカ食では生きていけないことが分かった。
普段、ハンバーガーとかホットドック、ピザみたいなのは頻繁に食べません。
週末に1回食べても、平日は体にいいご飯、ってペースができちゃっているせいか、立て続けにそんなのを食べるお腹は持ち合わせていませんでした。

2日目はディズニーランドリゾート。
両ディズニーとも入れる1Day Park Hopper券で遊ぶ。
ハンバーガーを避けて店を探してみたものの、結局、昼はファーストフード店で大きなパック入りのシーザーサラダ。
夜はルームサービスで餃子とミネストローネ。
動いてる割に食べてない。でも、食べたい物がない。食欲がどんどん減退していく。

3日目はアムトラックに乗り、サンディエゴへ。一人往復$40。
そこから電車を乗り継いでold townへ。一人往復$2。
昼はtex mex。
これは美味しかった。トルティーヤという、パンケーキをふくらませないような物に、エビとパプリカと玉ねぎ炒めや、グアカモーレというアボカドのペースト、トマトの刻んだもの、豆を乗せて食べた。
スープは豚肉入りで、ハーブ、とうがらし、玉ねぎのみじん切り、ライムが添えてあり、好きなだけ入れるようになっていた。
チップスやサルサソースは注文外だがたくさん付いてきた。
そして、戻って夜はダウンタウンディズニーでホットドッグとサラダ。

4日目はハリウッド。
一見、ショッピングセンターで適当に食べれるのでは?と思ったのだが、気分に合う胃にやさしそうな物はなく、仕方なく、マックのチーズバーガー。
その後、ユニバーサルシティウォークに夕食を狙って行った。
ハードロックカフェやすし屋、中華もあったが、海外旅行で日本食を食べてはいけない、などと意地になり、イタリアンにした。
どこの店もすごく混んでいて、ここも30分待ちだった。
シーザーサラダ、フライドカラマリ(いか)、ミートソーススパゲティ、ジンジャーエールをオーダー。
ところが、あちらの間違いか発音が悪かったのか、ミートボールスパゲティが運ばれてきた。
巨大ミートボール(げんこつサイズが2コ!)入り、しかもSmallなのに5人分くらいの量!残さず食べなきゃ、でも、味もいまいち。ジンジャーエールも大ジョッキの大きさ・・・カンベンしてください。
食べきれず、持ち帰りも勧められたが断って、落ち着かない食事を終えた。
これで6,000円弱か。うーん、もったいない。

5日目はユニバーサルスタジオで遊んだ。
園内のレストランを2周ぐるぐるまわって見たが、いいお店がなく、ハンバーガーとサラダとスプライト。
「もう、肉、肉、肉ってなんでこんなにハンバーガーばっかりなんだー!」ともどかしい気分になった。これもイマイチな味だった。
夜はゲッティ美術館へ。
高級レストランには入らず、カフェテリアへ。
またしても何もない。ジャムとピーナツの食パンサンド、コーヒー。さみしい。

まあ、今回は遊園地だったからこういう種類のお店だったのかもしれないけれど、アメリカは無理だなぁ、とおめおめと尻尾を巻いて逃げてきました。
「住むのなら、食は重視しよう!」としみじみ思う私でした。






コメント