唄と暮らす

ピアノを少し習っただけだけど、音楽の美しさと楽しさ、自分の言葉で語ってみたい

赤とんぼ

2016年10月19日 22時18分35秒 | 音楽と暮らす
日本人なら誰でも幼いころから歌っているこの歌

夕焼けこやけの赤とんぼ・・・

この歌を嫌いだという人はいないでしょう。
いっけん、とってもシンプルな歌なんだけど、心の奥深くのいちばんやわらかなところにやさしく触れてくる歌。
どんな異質な人どうしでも、みんなでいっしょに大合唱できる歌。


安田南さんは、個性的な歌をたくさん歌われたコンサートのいちばん最後に、これを歌われました。
「もっと歌わせてください。」と。

個性的なすてきな歌をたくさん聞いたあとに聞く、なじみの歌。
めったに食べられないようなごちそうのあとの、さっぱりしたお茶漬けみたい。
さっぱりしたお茶漬けだから、もっとほしくなるのです。

私の個人的な嗜好だけど、たとえば、椿姫とかのオペラや、こってりした交響詩のあとに、アンコールとはまた別に、一番最後にこの歌が出てきたらすてきだろうなあ、と想像しちゃいます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手のひらの歌 | トップ | BGM »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。