つどい(地域活動支援センター)

つどいスタッフとメンバーによるほのぼのつぶやきブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

つどい文学道場 その10

2016-04-21 17:25:08 | 作品発表コーナー

 

風の中で                               南天星

 

僕はいつもの様に自転車で街を走っていた。

その時は前方に自転車に乗った人の背中に気付いた。

もしや、、、僕の心は高鳴った。うしろ髪が風になびく、その髪型がなんとなくその人を連想させた。

もしやー、、からきっとそうにちがいないと思えてきた。

僕はその日、ある目的の用事があり、その方向へ向かっていた時であったが前方のその人のうしろにつかずはなれず同じ距離を保ってしばらく自転車を

こいでいた。

追い抜こうと思えば、、追い抜けるのだが、どう声をかけるべきかをあれこれ考えた。

どう声をかけようか。

それで偶然に見せかけようと意を決して追い抜きざまちらりとその人の顔を見た!

あれ、またじっと見たらちがっていた! よく似ているがうしろ姿はまさにその人だったが、前からはちがう人だった。

僕の高鳴る心はなえてしまった。振り向きざま「すみません、人違いでした」と照れくさそうに追い越して先へ行った。

                                                                     おしまい

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

つどい文学道場  その 9

2015-05-23 17:04:08 | 作品発表コーナー

つどい文学道場 その9   

その8 がいっぱいに なったので  その9 に  してもらいました。

つどいでは  川柳 講座が  はじまっています。

くわしくは コメントで  このつどい文学道場 その9   がなかったばっかりに!

これから コメントに  書きますから よろしく

 

それでは               by      じぇじぇじぇー

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

利用者さんの作品紹介

2015-04-25 13:20:30 | 作品発表コーナー

 

 

 

これは、利用者さんが手作りが一人で描いた絵葉書です!

よくつどいにも送ってくれる、とても素敵な作品です。

今回は春の作品を集めて一緒に額に入れましたが、このほかにも沢山の作品がつどいに飾ってあります。

これから、夏、秋、冬バージョンを作って行く予定なんだとか。

この作者様は、ふれあい祭りで 「社会福祉法人創和」 のブースで似顔絵を描く予定です。

ぜひ足を運んでみてください!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニ小説 ノンフィクション

2015-02-07 13:14:32 | 作品発表コーナー
      闘争
              南天星

ある日、白き大きな猫があらわれた
静かな野良猫社会の均衡が破られた
白き大きな猫は
百戦錬磨の逞しさと大きさが、あった
白きボス猫に追い掛けられ
あげくには、その姿を見ただけで脅える
猫達があらわれた

相手を威嚇する鳴き声が
突如大きく鳴り渡った
場所を変え 一騎打ち
2匹は巌流島の武蔵と小次郎か!
2匹は間合いをとりつつ
一触触発の呼吸
見よ!白きボス猫の動き
スローモーションのごとき足どりで回りこむ
一方は、これまた
時計回りで、場所を変え
同じくカメレオンのごとき
スローモーションの動きで
間合いを取りつつ・・・
そっと去ってゆく・・・。
ボス猫は、それを知ってか
ボーっとため息をついたかに見えた
座りこみ 静かに
目をつむった
あたりに何事もなかったかの
ように静けさがもどった

ボス猫をして、かくなる
しぐさをせざるを得なかった
内心はボス猫も
恐かったのであろう
いつもいじめられっぱなしではなく
気骨のある
若きオス猫の存在の台頭が
将来、ボス猫の位置を
脅かす存在となってくるということを
この時悟ったのだと思う

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

つどい文学道場 その8

2014-12-06 12:51:43 | 作品発表コーナー
去る11月21日(金) 市民体育館にて~
ソフトバレーボール交流大会がおこなわれました。
かつて私も、狭山市のスペースきずなに通っていたことがありました。
その時 ポエムの会というものがありました。
今はつぶれていて散々になりましたが、
不思議なことに、強健美茶チームと所沢のシューティングスターズのチームの人の中に
かつてのポエムの会メンバーがいることがわかりました。
試合会場でその方が私に今もポエム作っているかい?と聞いてきたので
私はつどいの「つどい文学道場」の事を話ますと、その友は嬉しそうに家に帰ってみると言いました。
それゆえに私も頑張らなくっちゃと思いました。
これからもこれを続けてゆきますので皆さん宜しくお願いします。
お互いに良いポエムが作れますように健闘を讃えます。                                  
                                                   Byじぇじぇじぇじぇ
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加