(相続PRO)相続手続支援センター長野・松本・飯田から

相続手続を行い日々感じたことや、セミナーなどの情報発信を行っていきます!

1288.THE PTA

2017-01-30 12:58:14 | ニュース
Aquaはここにいます↓相続HPはこちら!
(相続PRO)相続手続支援センター長野・松本・飯田

こちら↓ぴっとお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へにほんブログ村毎日がんばります。


先日ヤフーのトップページに大変興味深い記事が(←ぴってしてね)

みなさん、どう思われますか?
とても難しいテーマですね。
私がこの入会しない方に希望することは、

記事に書かれていました
①PTAの代わりに、保護者有志による団体をつくろうと模索している。

こちらが有言実行となるようにお願いしたいです。
また

記事に書かれていました
②花壇整備や学習ボランティアなど、PTAに限定されない子どものための活動には参加する

ことについても、他の保護者以上に頑張ってもらいたいなと思います。



PTAを全面的に肯定するつもりはありません。
私も上の子でPTAにかかわり、
よいところも、悪いところも見ました。

①でもPTAにはそれなりに存在価値があって、
今も日本全国で継続しています。
例えば、バザー。
各家庭から提供された物品にPTAの役員が値札をつけ、
体育館に並べ、販売します。
もちろん労働に支払われる対価はありません。
無償で頑張った保護者のおかげで生まれたバザーの売り上げは、
子どもたちのために使われているわけです。
PTAのよいところのひとつだと思います。

②そしてそのPTAにほとんどの家庭が加入して、
やりたくない役員をやっています。
やりたくなくても、強制的に1家庭1回とか、子ども1人につき1回とか
役が回ってきています。

この女性が加入しないとしたならば、
それに代わる「何か」がないと、
他の家庭からは、「ずるい」とか「逃げている」とか
思われてしまうのではないでしょうか。


①PTAに代わる、子どもにとって良いことをする団体を作るとか、


②各家庭が負担を強いられているPTA役員にかわる活動をするとか、


そういったことがないと、
「加入しない」という選択肢を選んだことの意味が薄れてしまうように感じます。
勇気をもって「加入をしない」という選択をされた保護者の方。
「旧態依然」からの脱却、変革をすることはとても大変なこと。
頑張っていただきたいと思います。


そして私は、、、、
来年度、PTA役員になり、内部の変革を検討中
確かに、いろいろめんどくさいことがたくさんあって、
PTA解体しちゃえばいいのにと正直思います(笑)
でも小心者の私は、加入をしないという選択ではなく、
加入をして内部から変えていきたいと張り切っています。
子どもたちのために、、、
保護者は意味のある活動をしていきたいものですね。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1287.体調不良は最初が肝心 | トップ | 1289.THE PTA~続編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事