早実陸上競技部  長距離部員日記

長距離部員達が駅伝形式で繋いでいく日記です。


※大会結果や女子長距離部員の自己紹介も記載しています。

かける

2016年12月31日 18時00分27秒 | Weblog

____________かける____________


『駆ける』
高校に入学し、初めての練習はたしか学芸大学の土トラックでの8000mのペース走でした。走ったこともない距離走に初日から疲労困憊。土煙が上がり、ふくらはぎ内側については練習終わりに水道で流していたのが今では懐かしく感じます。中学校とは一段とレベルの違う環境の中、自分はその雰囲気に飲み込まれていました。加えて先輩が怖くて怯えてたのをよく覚えています(笑)高校の練習強度の高さに不安を抱えながら、この時はただ与えられたメニューをこなすことだけが目的でした。ひたすら駆ける毎日。

『架ける』
漠然とただ走り続ける毎日の連続だった1年生が終わり、初めて後輩を持つ2年生も終わり…気づいた時には最上学年、3年生になっていました。自分が1年生の時に、いつかの練習終わりに先輩から「ほんとにあっという間だからな、大切に過ごせよ」って言われたのを覚えていますが、今になって身にしみて感じます…想いは先輩から後輩へ託され、架かり、その意思を受け継ぎ、チームで試行錯誤しながらここまで取り組んできました。

『欠ける』
うぃんぱーが退部。怪我で悩み、部活に来るモチベーションがなかなか見出せずにいた彼はしばらく部活に来ない時期がありました。時間はかかりましたが、一度退部を決めた彼が、またもう一度やる気を出して頑張ると言ってくれた時は素直に嬉しかったです。マネージャーという形で最後までサポートしてくれました。まったく、うぃんぱーの一連の問題には頭抱えて悩まされましたよ(笑)
でも今ではそれもいい思い出に。

『懸ける』
夏の合宿を経て、秋になれば都内の強豪校の選手が続々好記録を出し、早実の選手層の薄さを痛感させられました。戦う相手が強いのは分かっていてもチームで掲げた目標はあくまでも「都駅伝を優勝して都大路出場」。自分達で運営しなければならないこの早実は、ヘルシーを筆頭に、練習メニューを模索しました。何度も何度も練っては変え、また練っては変え。でも結局はやるしかない。自分達のやり方を信じて、残りの期間全てを懸けて練習に臨みました。

『掛ける』
え?もう最後の都駅伝?!そうです。もうここまで来てしまいました。さて最後の都駅伝。毎年恒例の、スタート前の長距離ブロック全員での襷渡しが終わり、いよいよ選手が襷を掛ける。実感が湧かないまま結局11/3を迎えていました。

『賭ける』
一か八かのメンバー編成。賭けた。でもその可能性に賭けられたのも今までやってきたことは決して間違っていなかった、信じてやってこれた証だったと思います。
スタートのピストルが鳴った時に反射的に鳥肌が立ちました。今までやって来た全てが、これから始まる2時間に詰められるのだと思うと…
補欠の身だったので(幸い自分が走ることはありませんでした。)ただ選手に行ってこい!!と言ってあげることしか出来ませんでしたが、レースが運ばれる展開一つ一つに興奮し続けました。
最後の都駅伝。結果は4位。
正直自分はすぐに受け入れられてしまいました。もちろん悔しかった。でもそれはきっと選手達が全てを出し切ってのこの順位なら、それはもう純粋な実力差があったのだと素直に認めることが出来たからかもしれません。選手はもちろん、応援組も含めて全員が全力を尽くせたのだから、後悔はありません。

『架ける』
都駅伝が終わり、関東駅伝も終わり、激動の高校陸上生活も幕閉じ。自分が1年生、2年生と先輩後輩の思いを受け継いだ様に今度は自分が先輩として後輩へ思いを託し、架ける。引退後練習には顔を出せていませんが、早速、いい雰囲気で出来ていると同輩からも聞き、自分が一緒にやってきたチームメイトとしてこれからの新チームを全力で応援したいです。どこでも応援しに行ったる!!…迷惑だったらごめんなさいね(笑)


最後にここまで応援してくれた方々。ありきたりな締めくくりになってしまいますが、皆さんのサポート無くしてはここまで来れませんでした。指導にあたって下さった先生方含め、ブログを読んでくださる方々、コメントを下さった方々。現地まで応援に来てくださった方々。感謝しています。ありがとうございました。

そして後輩へ!一度しかない高校の部活を君達と出来て幸せでした!みんなで立てた目標を、夢を、達成しようと本気になれたのも、このチームで活動できたからこそです。一年間、二年間、ありがとう!

それでは。

銀林
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 感謝 | トップ | キミに出逢えて »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (*****すん)
2017-01-04 22:38:31
勝っても反省
負けても反省
反省が在る限り
前へ進んで居ます。

私は補欠と云う文字が嫌いです。
選抜選手が安心出来る環境を
共に喜びも悲しみも共有する
ス-パ-サブは皆が必要な
補員だからです。

組織として闘う時の君は
全体を見渡せ把握出来て
正確且つ的確な判断が出来
何より君の力強さは何時も
皆の原動力となって居ました。

是からも
自身も一歩前へ
そして、おせっかいな
先輩を目指して下さい。
Unknown (銀林)
2017-01-08 08:55:31
すんさん、まずは3年間、ほぼ毎回のようにコメントを下さり、ありがとうございました。誰かに読んでいただき、またそれ以上に評価の言葉を頂けるのは自分の中では次のブログを投稿するモチベーションになり、そして純粋に嬉しいものでした。
6年間陸上をやってきて、結局選手として勝ちを経験しないまま終わりました。しかし、個人で勝つ喜び以上に、チームで試行錯誤して、勝とうが負けようが、活動そのものに、陸上を続ける意義を見出すことが出来ていました。今終えてみると改めて、誰かと一緒に何か目標に向かって努力を積み重ねる素晴らしさを感じています。
自分だけがそう思っていて、選手や、チームメイトにお前が必要だ!と思われていたかどうか、これは心残りな部分がありますが、少なくとも自分も含めて、全員が全力でいれた早実チームでした。
自分は終始、本当に恵まれた環境でやらせてもらいました。横には常にトップレベルの選手や、チームを思う仲間、自分達の活動を見守って下さる方々がいました。その恩を陸上の結果という形では返せません(でした)が、また別の形で、そして、このチームに所属していた先輩として後輩を応援し続けたいと思います。
最後までありがとうございました。失礼します。
Unknown (*****すん(銀林君へ))
2017-01-08 22:50:12
掟破りの再コメントをお許し下さい。
どうしても伝えたい事が在ります。

君は何時も
厳しさの内にも
優しさが在りました。
そして豊富な知識や
安心出来る信頼感は
同輩も後輩も
目指すべき目標で在り
頼りになる模範の人でした。

君は本当に
チ-ムにも仲間にも
必要且つ貢献しました。
素直で真面目に取り組んだ
君の誇りで在り勲章です。

是からは
自分自身の面倒も
気に掛けて下さい。

君に称賛と躍進祈願の
エ-ルを贈ります。
Unknown (銀林)
2017-01-10 21:32:05
ご丁寧に返事までいただきありがとうございます。
自分は後輩に一喝入れるようなことは出来ず、優しさが空回りしていたこともあったと思います。ただチームのために何か貢献出来ることはないか考えられたのも、そして5ヶ月の怪我の期間中モチベーションを維持し続けられたのも、先輩、同輩、後輩にたくさんの刺激をもらってのおかげです。
何度もしつこいようですが、終始チームメイト、サポートしてくれる方々の応援あっての銀林でした!本当に感謝しています。
すんさんにそう言っていただけて嬉しい限りです、これからまた精進していきます。ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL