銭湯の散歩道

神奈川を中心とした銭湯めぐりについて、あれこれ書いていきます

ぽかぽかランド鷹番の湯(東京・学芸大学)

2017-07-08 10:32:00 | 銭湯
■住宅街にあるが駅から近い銭湯

東急東横線の学芸大学を降りて商店街を抜けると、住宅街の中にぽかぽかランド鷹番の湯がある。
鷹番とはなんのことかと思っていたら、ここの町名のことだった。
駅から歩いて7~8分ほど。住宅街にありながら、けっこう近くにあるので便利な場所でもある。



▲学芸大学駅を降りる


▲商店街を歩き




▲途中で千代田湯を通り過ぎる。開店前だったが、年配の女性が数人並んで待っていた


▲大通りに出て


▲通りのはす向かいにぽかぽかランドがある


▲到着


■さり気ない昭和の名残も

たどり着くと、場所は住宅街ながら、建物はけっこう大きい。
それと、ここは組合に加入していないのだとか。それでこれだけの規模を維持できるのは、なかなか凄いと思う。


自動扉を開けて中に入ると、立派な下足箱のスペース。しかも優雅な音楽まで流れている! やはり一般の銭湯とはサービスが違うと思った。
それと、珍しく下足箱のところでチケットの自販機があった。紙ではなくてプラスチック製。このあたりは昭和の名残を感じさせる。
ここでチケットを購入して、フロントに提出する。


■休憩所の施設は立派だが…

フロントのすぐ横には、縦長の休憩室があって、上の方にテレビが設置してある。自分が訪れたときは、野球を中継していた。


フロントでチケットを渡すと、下足箱のカギを出すように言われる。それと、カギの番号を覚えておいてほしいと言われる。
普通は、下足箱のカギを渡すとロッカーのカギを渡されるものだが、番号を忘れたらどうなるんだろうか?と思ったりもした。


そんなことを考えながら、フロントの横を進むと、二階が男湯になっている。一階が女湯。男女入れ替えがあるかは確認しなかった。
階段横には、また休憩室。さらに、その奥には坪庭があって、坪庭を眺められる休憩室もある。
さらにその奥がコインランドリー。とにかく休憩室が充実した銭湯である。この時点でさぞかし浴室も凄いだろうなと期待するのだが、その期待は見事、裏切られることになる。


■消化不良の施設

二階に上がると脱衣場。脱衣場も想像通り広い。しかもすごく綺麗だ。
床材は撥水性のある材質で、真ん中にテーブルがある。部屋の奥にマッサージチェア。けっこう最近のものかもしれない。
ロッカーも普通サイズのロッカーもあるが、縦長のロッカーもあったりと、かなりきめ細かい配慮がされた脱衣場と感じた。


そして肝心の浴室へ。ところがである。この浴室が意外にも小さいのだ。ほとんど他店の銭湯と変わらない。むしろ、不満だらけだった。


配置としては、左手前に立ちシャワーと、ボディシャワー。その奥に壁と島のカランが続く。一番奥がサウナ。小さい。サウナの横に水風呂。これも小さい。
右側は、浴槽。これも小さい!
3人ぐらい入れる白湯に、あとは座湯や寝湯がずっと続く。つまり、ここはお一人様用のスペースがほとんどなのである。だから、元々狭いうえに窮屈感が拭えない。
それと一番奥に露天風呂。これも小さかった。ここまで細切れにされた銭湯は珍しいと思う。


温度はすべて41℃。熱くもなくぬるくもない温度だろう。それだけに全体的に消化不良の感が拭えなかった。


■他にも不満が。しかし人気のある銭湯だった

あと不満に感じたのが、シャワーの出が場所によってマチマチであること。ちゃんと勢いのあるところもあれば、全然良くないところもあった。あと、酷かったのが立ちシャワー。
お湯のハンドルを全開にしてもチョロチョロしかでないので、水のほうも全開にしてみたが、結局チョロチョロしかでない。事実上、使えない代物だ。


それと浴槽が汚い。ちゃんと掃除してるのか疑問に思うレベルだ。目地が黒ずんでおり、正直清潔感があるとは思えなかった。
休憩室や脱衣場までがすごくよく出来ていたので、なぜ肝心の浴室がこうなのか理解に苦しむ。


やっぱり銭湯の大前提は清潔感にあると思うので、この浴室が綺麗にみえないのは致命的な気がする。
とはいえ、お客さんはすごく多かった。サウナなんかは、もうすし詰め状態。それと若い人もとても多く、駅前の千代田湯を凌ぐ数だろう。それだけにとても人気のある銭湯らしいのだが、個人的には銭湯に求める(つまり、家庭にない)広さや熱さがなかったのが残念。
いろんな魅力がこの銭湯には沢山あるのだろうが、個人的にはガッカリ感の拭えない銭湯であった。


【評価チェック箇所】
▼アクセス
最寄り駅 学芸大学
経路 商店街を抜けて住宅街の中へ
周辺の環境 住宅街
●空間演出
建物外観 ビル銭
壁画・眺望 なし
統一感 あり
置物 特になし
照明 少し暗い
★設備
休憩所 かなり充実している
脱衣所 広くてきれい
シャワーの出 あんまり良くない
浴槽の種類 座湯、ジェットバス、電気湯(天然温泉が看板に掲げられていたが、よく分からなかった)
サウナ あり
温度 41℃
棚 あり
男女入れ替え ?
■サービス
接客 ふつう
清潔さ 浴室は汚いが、ほかは綺麗
貸しタオル あり
備え付け なし
◆人
受付 60代ぐらいの女性
客層 中高年や若者、小さな子どもも


【案内】
浴場のご案内

主な設備

露天風呂、塩アンドドライサウナ、水風呂、各種ジャグジー、和室付ロビーに各種自販機、駐車場5台。天然温泉

営業時間

午後3時(土曜日・日曜日・祝日は午後2時)から午前0時30分まで

定休日

金曜日

最寄り駅

東横線学芸大学駅下車7分

所在地

目黒区鷹番二丁目2番1号

電話番号

03-3713-1005
※目黒区ホームページ転載


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黄金湯(横浜・和田町) | トップ | 矢向湯(横浜・矢向) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

銭湯」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。