銭湯の散歩道

神奈川を中心とした銭湯めぐりについて、あれこれ書いていきます

東京浴場(東京・大井町)

2017-07-10 12:40:56 | 銭湯


名前のとおり、東京の真ん中近くにあるのが東京浴場。
JR大井町駅から南西に10分ほど歩くと、古風な銭湯を見つけることができる。
昭和初期の姿を今も残す趣のある銭湯だった。



▲JR大井町駅


▲駅前は非常に賑やか


▲駅前の商業ビルを通って


▲裏側にまわると、少し落ち着いた雰囲気になる




▲ここを右折


▲すると少し歩けば、なにやら高い建物が…


▲煙突だった


▲東京浴場がみえてくる


▲立派な建物


▲到着


下足箱に靴を入れると、自動扉。このへんもなぜか、なんとなく昭和っぽい気がする。


自動扉が開くと、目の前にフロント。東京では番台はほとんどみたことがなく、こういう古い銭湯でもフロントなんだと変に感心してしまった。


受付は、50代後半か60代ぐらいの男性。まさに目の前にテレビがあって、フロント横に古びた味のある休憩室があるのだが、休憩室からだとテレビが斜めからしかみえない。まさに店主のためのテレビという感じだ。


男湯の暖簾をくぐると、なぜか空間があり、その先に自動扉。自動扉を抜けると、脱衣場になっている。
脱衣場はL字の形をしていて、右側に洗面台と大きな鏡。左側は基本、壁際にロッカーが並ぶ。
奥には、坪庭。しかし、店内の照明がガラスに反射してしまい、どんな庭なのか全く分からなかった。
天井は、格天井。ここらへんも新しい建物では決して見ることの出来ない格式を感じる。


浴室は、全面ガラス張りなので脱衣場からもよくみることができた。
手前の左右に立ちシャワーがあって、島カランが二つと、左右の壁にもカランが並ぶ。


それと入ってすぐ目にとまるのが、浴室内にある坪庭だ。
この庭には池もあって、その池の一部がカランからガラス越しで見えるようになっている。
よく浴室から金魚や鯉などの泳ぐ水槽がみえる銭湯はあるが、ここはカランに作られている。
ただ、池のせいなのかガラスのせいなのか、はたまた夜分のせいなのか分からないが、暗くてよくみえなかった。
かすかにみえたのが金魚が二匹ほど。たぶん、実際はもっといるはずだろうけれども…。


それと浴槽は奥にあるのだが、6対4の割合で分かれている。6が浅浴槽で端っこにジェットバス。それと4が深浴槽。
どちらとも白湯で、温度は42、3℃程度。古い銭湯なのでもう少し熱いかと思ったが、そうでもなかった。


それと、坪庭の奥に隠れるようにあるのが、薬湯。こちらは温度が少しぬるめで41、2℃程度に感じた。
熱い銭湯が苦手だけど趣のある銭湯に行きたい、という人にはちょうどいい銭湯かもしれない。


【評価チェック箇所】
▼アクセス
最寄り駅 JR大井町駅
経路 商業施設を縫って住宅街の方面へ
周辺の環境 住宅や飲食店
●空間演出
建物外観 破風造り
壁画・眺望 箱根?あたりの写真
統一感 あり
置物 特になし
照明 ふつう
★設備
休憩所 フロント横
脱衣所 L字型で普通の広さ
シャワーの出 若干安定性に欠ける
浴槽の種類 ジェット、薬湯
サウナ なし
温度 41℃、42℃
棚 なし
男女入れ替え なし
■サービス
接客 あんまり愛想は良くない
清潔さ ふつう
貸しタオル なし
備え付け なし
◆人
受付 50代後半か60代ぐらいの男性
客層 中高年


【案内】
住所
品川区大井2-22-16
TEL
03-3771-4959
営業時間
午後3時から夜11時30分
定休日
月曜日
最寄駅
大井町駅から7~8分。
日本光学通り、小野学園手前。
※品川浴場組合ホームページ転載
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 矢向湯(横浜・矢向) | トップ | 上星川浴場(横浜・上星川) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

銭湯」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。