銭湯の散歩道

神奈川を中心とした銭湯めぐりについて、あれこれ書いていきます

鶴の湯(東京・豪徳寺)

2017-09-02 08:36:42 | 銭湯
小田急豪徳寺駅に降りると、小田急線と交錯している東急世田谷線沿いの商店街を歩いて2分ぐらいのところに鶴の湯がある。
建物は少し奥まったところにあって、こじんまりとした地元向けの銭湯だった。


▲豪徳寺駅。招き猫で有名な豪徳寺にちなみ、招き猫の像が置いてあった


▲近くのスーパー


▲ここは行き過ぎたところ。奥まったところにあるので、見逃してしまった


▲振り返って戻ると、看板を発見


▲鶴の湯に到着


全体に小さな銭湯。中に入って自動扉を開けると、受付はフロント。60代ぐらいの女性が座っていた。


脱衣場に入ると、建物の古い外見とは異なり、かなり新しい感じがした。
壁際にロッカーが並ぶのだが、サイズは均一ではなく、色々とある。自分の荷物に応じて好きなサイズを選ぶことができる。
それと脱衣場の入り口にはマッサージチェアが置かれてあった。お金を入れるところがなかったので、無料で使えたのかもしれない。
あとは部屋の隅っこにベンチが二つ。実用性があるとは思えない小さな扇風機があるぐらいだ。


浴室に入ると、まず最初の印象としては、なんの変哲もない銭湯という感じがした。
短い島カランが真ん中にあって、左右の壁にもカランが並ぶ。
右手前側に一つだけ立ちシャワーがある。


浴槽は奥にあって、主浴槽が強力なバイブラ。それと右側に座湯とハイパワージェットがある。
左側に小さな水風呂。
お湯の温度が45℃前後で、水風呂が25℃。水風呂はかなりぬるい。


浴槽はこれだけかと思っていたら、外にでる人がいたので、あれ?と思ってみると、外に露天風呂があった。
狭い通路にタイル張りの浴槽があって、一般的な岩を配した露天風呂ではない。
温度も室内より低く、42℃前後ではないかと思われる。 


脱衣場も浴室もかなり新しく、何年か前にリニューアルしたものだろう。
室内の天井は高く、いろんな音がよく響いていていた。


お客さんは、ほとんど中高年だが、夏休みのためか、小学生ぐらいの子ども3人が来ていた。
いろんな大人たちから話しかけていて、かなり人気者の子どもたちだった。


【評価チェック箇所】
▼アクセス
最寄り駅 小田急・豪徳寺駅
経路 商店街を歩いてすぐ。スーパーを過ぎた先。セブンイレブンの目の前
周辺の環境 商店街
●空間演出
建物外観 昔ながらの銭湯
壁画・眺望 富士山
統一感 あり
置物 特になし
照明 ふつう
★設備
休憩所 脱衣場兼ねる。ほぼ休憩室らしきものはない
脱衣所 綺麗だが、やや狭い
シャワーの出 ふつう
浴槽の種類 ジェットバス、ハイパワー、バイブラ、露天風呂、水風呂
サウナ なし
温度 42℃、45℃
棚 あり
男女入れ替え なし
■サービス
接客 ふつう
清潔さ きれい
貸しタオル あり
備え付け あり
◆人
受付 60代ぐらいの女性
客層 中高年やチビっ子たち


【案内】

住所
〒154-0021
世田谷区豪徳寺1−23−20

電話番号
03-3426-2360

アクセス
小田急線「豪徳寺」駅下車、徒歩1分

休日
水曜、第2火曜

営業時間
15:00−24:00

※東京銭湯ホームページ転載

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新生湯【太陽の湯】(東京・... | トップ | 八幡浴場(東京・大岡山) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

銭湯」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。