銭湯の散歩道

神奈川を中心とした銭湯めぐりについて、あれこれ書いていきます

富士乃湯(横浜・綱島)

2017-07-14 06:48:32 | 銭湯 温泉

東急綱島駅を下車して、幹線道路沿いをしばらく歩き、住宅街に入ると富士乃湯がある。
富士乃湯は、いわゆるビル銭で、テナントには卓球センターなども入っていた。


▲住宅街の細い道を通り


▲しばらくすると煙突がみえてくる


▲子どもの声が窓から聞こえてくる。銭湯の上が卓球センターだ。






▲富士乃湯に到着


入り口の前に立つと、銭湯のにおいが漂ってくる。
下足箱のところで靴を脱いでいると、帰りの人と入ってくる人が同時にやってきて板挟み状態に。
この時点ですごく人気のある銭湯なのだと感じた。
入り口の目の前には休憩所があるのだが、ここもすべての椅子が人で埋まっていた。


受付はフロントで、けっこう若い女性。20代前半か半ばぐらいだろうか。そして、しっかりした対応だ。「ふつうの入浴ですか?」とはじめて聞かれた。サウナがあるからだが、ほかの銭湯ではそうしたことを聞かれたことがない。


脱衣場に入ると、まず最初に、かなり広い脱衣場でビックリ。開放感が抜群である。天井が高くて入り口部分は、すべてガラス張り(それかアクリル板)。
なので浴室全体が脱衣場からみえるのだが、壁画がとにかく壮大だ。これほど大きな壁画はなかなかお目に掛かれないと思った。
男女仕切の部分に大きな富士山。その裾野の部分に森が広がり、下のほうになると滝と渓流が大胆な構図で描かれている。


浴室は、手前左側にサウナ室に続く扉。この扉をあけると、目の前が水風呂になっていて、左側にサウナがある。右側は外気浴のスペースだ。


それと浴室の真ん中には島カランがふたつ。右側にはカーテン付きの立ちシャワーが2つ。
両壁際にもカランが並ぶ。


奥に浴槽があって、左側からバイブラ、電気湯、寝湯、スーパージェットバス(名前はスーパーだが、ほかのハイパージェットと変わらず)、それと仕切られてラジウム鉱泉の黒湯。やはり黒湯は人気らしく、だいぶ混雑していた。
浴槽の上には、水槽が組み込まれていて、鯉や金魚が泳いでいる。
ただ残念なことにバイブラ付近は水槽が綺麗なのだが、寝湯あたりになると黒ずんでいて、よく見えない。


温度は、温度計が45℃だったが、おそらく41、2℃くらいかと思われる。
客層は、高齢者ばかりでなく中年や若い人、子どもたちもいる。非常にバランスの取れた構成だ。それとマナーも良かった。


そんな感じで、このまま気分良くあがろうとしたのだが、最後の最後に残念なことがあった。
貸しタオルでいざ顔を拭くと、生臭いにおいがする。


どういう洗い方をしてるのか分からないが、このへんでちょっと残念たった。
それ以外は設備もしっかりしてて人気があるし、それだけにこういう部分こそしっかりしてほしいなあと思った。


【評価チェック箇所】
▼アクセス
最寄り駅 東急綱島駅
経路 幹線道路を歩く
周辺の環境 住宅や卓球センター
●空間演出
建物外観 テナントビル
壁画・眺望 壮大な富士山
統一感 ある
置物 特になし
照明 明るい
★設備
休憩所 入り口前
脱衣所 広くて天井も高く開放感がある。それと喫煙所まで完備
シャワーの出 ふつう
浴槽の種類 バイブラ、電気湯、寝湯、ラジウム鉱泉黒湯
サウナ あり
温度 42℃
棚 あり
男女入れ替え なし
■サービス
接客 素晴らしい
清潔さ ふつう
貸しタオル あり
備え付け なし
◆人
受付 若い女性
客層 いろんな年齢層


【案内】
住所
〒223-0053 横浜市港北区綱島西3-22-18
電話
045-531-6890
営業時間
15:30〜23:30
定休日
毎週木曜日
※神奈川公衆浴場業生活衛生同業組合ホームページ転載
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上星川浴場(横浜・上星川) | トップ | 太平館(横浜・大倉山) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。