銭湯の散歩道

神奈川を中心とした銭湯めぐりについて、あれこれ書いていきます

文化浴泉

2017-03-19 12:32:15 | 銭湯
東急田園都市線池尻大橋から商店街を歩いて5分。お隣は渋谷ということだが、こちらは落ち着いた雰囲気の商店街だ。ただ所々には東京ならではのお洒落なお店もあり、ほかとは違った雰囲気を漂わせている。
訪れたのは10時頃。開店して間もなくの時間帯だった。文化浴泉は最近リニューアルしたらしく、のれんからして現代的な新しさを感じさせる。入口の下駄箱は札が木製。このあたりは新旧ない交ぜの演出だろう(脱衣場の体重計も昔の目盛りタイプ。このタイプは精度が低いのであまり好きじゃないのだが…)。扉を開けると小さな休憩室と受付カウンターがある。椅子の前には大きなテレビが設置してある。
カウンターで料金を支払い、下駄箱の札を預け、ロッカーの鍵を受け取る。マンションの一画にある施設だが、内装のデザインはとにかく洗練されており、素晴らしい。脱衣場に入ると、人が多くごった返していた。年齢層は偏っておらず、このへんは魅力ある銭湯の証拠だろう。浴室に入ると、手前側がカラン、奥が浴槽。右手奥にはサウナ(別料金で300円)がある。浴槽の頭上には、丸で囲われたペンキ絵の赤富士。LED照明が当てられている。隣の女湯はまた違った絵柄の富士山のようだが、これも素晴らしい。今まで体験してきた中で、ここが一番お洒落ではないだろうか。これは来て良かったと思えた瞬間だった。スーパー銭湯でもここまで洗練された施設は期待できない。ただ、すべてが小さく、狭い。湯船も実質、二つのみ(ほか水風呂がある)。ジェットバスと薬湯。薬湯は、レモンだったが、レモンの香りは皆無である。ここは水にこだわってるらしく軟水が売りなのだが、肌音痴の自分としてほかの水道水と比べて違いが分からなかった。多分感性が豊かな人や経験値の高い人には違いが分かるのだろうけれども…。
水温は、薬湯が46℃を示していたが嘘だろう。隣のジェットバスが42℃。こちらが本当なはずだ。感覚的に両方とも変わらない。しかし、温度計が壊れてる銭湯が多すぎないだろうか? こういう設備がしっかりした銭湯でもこうなのだから、温度計というのは壊れやすいものなのか。
文化浴泉に来て発見したのは、設計デザインが素晴らしいだけで、これだけ居心地がいいのかということだった。軟水以外に設備で目新しさはないが、デザインによって銭湯の可能性の広がりを感じた。地元横浜にも是非こうしたモダン銭湯ができてほしいと思った。

評価チェック箇所
・値段 460円
・アクセス(道程) 近い
・周辺の店 コンビニやレストラン、カフェいろいろある
・休憩所 小さい
・混雑ぶり 非常に混んでる
・清潔さ 清潔
・接客 あまり愛想はよくない
・客層 年齢層はバランスが良い。背中に絵を描いた人も
・脱衣所 綺麗だが混んでる
・キャパシティ 足りない
・洗い場仕切りの有無 なし
・シャワーの出 良い。カランのデザイン、機能ともに
・温度 ちょうどよい
・高低差 なし
・眺望 内風呂のデザインが素晴らしい。見入ってしまった
・食事 なし
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福美湯 | トップ | 南青山 清水湯 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。