のーりーの茶の湯日記

茶道教室を開催する傍ら、関連する勉強を通して感じたことを記します。

風炉の稽古が始まりました。

2017-05-16 21:21:40 | 茶道


写真は左から、オオムラサキツユクサと華鬘草、鉄線と山吹草、コバノズイナと鉄線とヒメヒオオギです。

炉から風炉に移ると、戸惑う事が多いですね。

今年は、例年使用している道安風炉ではなく、鬼面風炉(鐶付き)を出してみました。

初炭手前も灰器を使用せず、初掃き・後掃きも道安風炉とは異なります。
又、鐶の上げ下げもつい忘れがちになります。
常とは違う稽古も刺激になったかしら。?

初風炉の点前は、平点前を習いにしています。運び点前、棚点前の濃茶・薄茶と稽古をします。

棚は桑子卓(仙叟好別名矢筈棚)を使用しました。
薄器は5月なので、五代常叟好みの甲赤棗を、茶杓の作も常叟として、歴代宗匠を覚えるようにします。
平建水の扱いも滅多にしませんので、良い稽古になったのではないでしょうか。

切り掛け風炉での炭手前を全員に回るようにしたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万座温泉に行って来ました。 | トップ | 大学の指導に行って来ました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。