旦那さ~ん♪ お燗ですよ! - 根津雙柿庵のブログ-

日の出町より移転して参りました根津雙柿庵(ねづそうしあん)公式ブログです 店のご案内・日々の出来事を燗番女将が綴ります

根津雙柿庵営業のご案内

2021年09月05日 | 営業のご案内-コース・ご予約


根津雙柿庵のご案内を申し上げます
(2016.9.5更新)

完全予約制・コース仕立てにて
蕎麦料理を含めた酒肴を順々に、
〆にもり蕎麦を手繰って頂く
「蕎麦」と「日本酒」の店を
夫婦二人で営んでおります

夜の部は
鴨ロース 又は 蕎麦寿司 をお選び頂く
・「おきまり」8,500円(税込9,180円)

鴨ロース と 蕎麦寿司 両方 織り込んだ
・「ひととおり」10,000円(税込10,800円)

ご同席の方は同じ料理のコースをお願いします

(☆フランスの鳥インフルエンザの影響で
☆現在 鴨ロースをお休みしております
☆今しばらく蕎麦寿司コースのみとなります)

日曜日の昼は
・「お花見膳」6,000円(税込6,480円)
ひといろとなります

アレルギー食材がおありの方は
可能な限り対応いたしますので
ご予約の際 ご相談ください

カウンター5席
テーブル4席(1卓)
ひと組 最大4名様まで(テーブルにて)
お一人様も お気軽にご予約ください

入店時間
・平日(夜のみ営業)17:00~19:30
・日曜(昼のみ営業)12:30~13:30

定休日 月・木
(休業日も お電話お受けしております)

〒113-0031
東京都文京区根津2-28-8
電話:03-3827-6117

地下鉄千代田線根津駅
一番出口より千駄木方面へ徒歩4分
(☆不忍通りのSoftBankさんの向かいにある
☆「防災倉庫2」脇の細い路地を入ってすぐ)

蕎麦を石臼手碾きで製粉しております故
前日までに ご予約をお願いしております
(☆キャンセル・人数変更等も 必ず前日までにご連絡下さい
☆当日のキャンセルは全額ご負担頂きます
☆休業日も問合せのお電話お受けしております)

お飲物は日本酒(と乾杯用ビール小瓶)のみで
ソフトドリンクはございません

お子さまのご入店はご遠慮頂いております

全席禁煙となっております

店内での写真撮影、携帯電話での通話は
ご遠慮ください

以上、恐れ入りますが
ご理解とご協力 よろしくお願い致します


今後変更・追記を行った際には
記事内の日付を更新致しますので
どうぞよろしくお願いいたします
(最終更新2016.9.5)

なお 日の出町雙柿庵の営業案内は
混乱をふせぐため削除いたしました

その他2015年以前の記事は
移転前のものになります
日付をご確認の上お読み頂ければ幸いです

目印

2020年09月05日 | 営業のご案内-交通・アクセス
地下鉄根津駅から地上に出ると
目の前に 左右に通る道が不忍通りです
駅を背に立っていただいて
右手が湯島上野方面
左手が千駄木方面です

まずは信号で道の向かい側へ渡り
左・千駄木方面に しばらく進みます

文京区の施設「ふれあい館」を過ぎたら
右手によーく注意してください



この「防災倉庫2 」が目印です
倉庫手前の石畳を右に進んで頂くと…
『根津雙柿庵へようこそ!』

細い路地ですので見落しやすく
薬局「どらっぐ ぱぱす」さんまで行かれたら 行き過ぎです

迷われましたら お気軽にお電話下さいね

日本酒の試飲会

2016年09月14日 | 日本酒
恒例の秋の試飲会に参加してきました

原料・味・ネーミング・ラベル等
様々な要素で各蔵個性を引き出されている事を改めて感じます

一口含み 味を確かめ
専用の容器に吐き出す、を繰り返すのですが
あ、美味しい!と
つい飲み込んでしまう事もしばしば(^^;

今回は そのなかでも…
年月に耐え得る酒、生酛
その「熟成」にロマンを持って取り組んでいるんです、とのお話を聞きながら試飲した
二本松 大七酒造さん
純米吟醸酒を 敢えて常温で熟成させた
厚み深みある美酒が印象に残りました

醸された蔵元さんの想いと共に
お酒をお出ししていきたいので
蔵の方に直接お会い出来る
こういった機会は本当に貴重です

さて お酒の仕入れをしなければ!

ふたつ柿 その2

2016年09月06日 | 日々の事

柿の紙風船 …「柿風船」!

プゥッと空気を入れ
まんまるになったら
上下をちょこっと潰して
よりそれらしく

そして こちらは
店主お気に入りアレンジ「つるし柿」(^-^)

ディスプレイのみならず
お料理の食材も
少しずつ 秋めいて参りました

コースの流れについて

2016年09月02日 | 営業のご案内-コース・ご予約
お問い合わせに
「コースは何品ですか」
というご質問をいただきます

料理の組み立て方や
食材の入荷状況等で
多少前後する場合もございますが
基本的な流れをご案内致します

○夜の蕎麦寿司コースの場合(2016.9現在)
・前蕎麦(蕎麦豆腐 そばがき等)
・季節の炙り味噌
・酒肴の盛合せ
・中蕎麦(お椀仕立ての軽い蕎麦)
・蕎麦寿司
・平飼い卵のだし巻き
・〆蕎麦(手碾き十割蕎麦)
そして別立てでお作りする蕎麦湯にて
ひと通り となり

蕎麦にはじまり
蕎麦をはさみつつ
蕎麦におわる
という流れのご用意です

一口サイズのおつまみを
二段重に詰め込んだ「酒肴の盛合せ」は
日本酒とゆっくりお楽しみ頂けるものと
自負しております

日曜昼は
酒肴が控えめになり
蕎麦にややボリュームを持たせた
内容となります

ご参考になれば幸いです
内容を大きく変更する際は
改めてblogにてお知らせいたします