高野山 宗泉寺 無料運勢・おみくじ・高野山お守りアクセサリー

高野山真言宗ー宗泉寺住職で30年の信頼と実績を誇る日本易学協会開運師範鑑定士の住職による無料(運勢・おみくじ)をどうぞ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

桂三木助について

2017-04-25 | 日記

昭和の3名人(志ん生、文楽、圓生)や、林家正蔵(彦六)、桂三木助、三遊亭圓歌([エンターテインメントと趣味>伝統文化、伝統芸能>落語、寄席]

昭和の3名人(志ん生、文楽、圓生)や、林家正蔵(彦六)、桂三木助、三遊亭圓歌(二代目)、春風亭柳枝、三笑亭可楽(八代目) などは同世代ですか? またこの世代から音声や映像が残るようになったのですか? それとこれらの噺家をいいとか悪いとか 言って、ましてや現在の噺家 と比較するのはナンセンスではないでしょうか? 個人的に思うのは時代があまりにも かけ離れていますし、例えば100年前 の蒸気機関車と

古い古今亭志ん生とか桂文楽とか三遊亭金馬とか林家正蔵、三遊亭圓生、桂三木助な[エンターテインメントと趣味>伝統文化、伝統芸能>落語、寄席]

古い古今亭志ん生とか桂文楽とか三遊亭金馬とか林家正蔵、三遊亭圓生、桂三木助などの落語、圓生はまだ少しはいいですけど、それ以外の落語家で全く笑えないんですけど、どこがいいのでしょうか? ? https://www.youtube.com/watch?v=ksIKz7-WOjI よほど、この春風亭昇々(春風亭昇太の弟子)の方が大笑いできますけど、どうですか? 超面白すぎなんですけど。 まだこれは無観



オススメ落語[エンターテインメント・スポーツ>音楽・ダンス・舞台芸能>その他(音楽・ダンス・舞台芸能)]

先日初めて落語を観にいきました。 立川志の輔さんの独演会でしたが、その中での「井戸の茶碗」に衝撃を受けました。 落語面白い! 他も聴いてみたい! と思いまして色々探しています。 ...



◆生前戒名と延命祈祷◆



◆生前の位牌(供養・御祈祷)は 7倍の功徳あり


◆戒名(法名)は「生前授与が本義」


「逆修(ぎゃくしゅう)生前(せいぜん)のお位牌」


「逆修」とは、死後の行事を生前にあらかじめ行う事をいいます。戒名(かいみょう)は、本来の建て前からいいますと、生前(生存中)に、授戒の折につけてもらう名でありますが、今日では、人の死んだとき授与される習慣となってしまったので、生存中に戒名(法名)をつけてもらうことを逆修といいます。

 逆修は予修ともいいまして、葬儀供養を予め生前に行っておくもので、死後の供養に比べ「七倍の功徳」があるといわれます。日本においては、平安中期に藤原道隆が行ったのが最初といわれ、「逆修位牌(生前位牌)」については室町時代の足利義政の直筆とされるのが遺っており「慈照院殿准三宮喜山大居士寿位」と書かれています。
 その逆修位牌の戒名(法名)は、受者が生存中は、朱(赤)字で書くのが通例であります。

◆戒名(法名)は生前授与が本義
 戒名とは、その言葉が示すように、本来は戒を授かったのちに与えられる名前のことです。すなわち、得度・受戒・灌頂などを受けた者が仏門に入った証として授かるのであり、生前授与が本義なのであります。しかしながら、葬儀式において生前受戒しなかった者に受戒作法を行い、戒名を与えるようになったために、戒名といえば、葬儀で授かるものという誤解が一般的に広まることになったのです。現在では単に戒名といえば、在家の者が葬儀の際に授かる法号のことを指しているようです。
法号は正確にいえば、院号(院殿号)・道号・戒名(法名)・位階(位号)といった要素から成り立っています。 ★【詳細はこちらから是非ご覧ください】

★お守り各種はこちらからどうぞ。


梵字御守り・シルバーアクセサリーお守り
無料運勢・御神籤(おみくじ)はこちらからどうぞ。

★高野山真言宗ー宗泉寺住職で35年の信頼と実績を誇る
日本易学協会開運師範鑑定士の資格をもった住職による
アドバイスです。
★HPでは、無料【運勢・おみくじ】もご覧になれます。





 ラインバナー



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Warriors Gameについて | トップ | ビートたけしが降板暴露について »