高野山 宗泉寺 無料運勢・おみくじ・高野山お守りアクセサリー

高野山真言宗ー宗泉寺住職で30年の信頼と実績を誇る日本易学協会開運師範鑑定士の住職による無料(運勢・おみくじ)をどうぞ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

阿蘇山について

2016-10-08 | 日記

阿蘇山噴火…旅行は控えるべきですか? 来週、九州ふっこう割を利用し黒川温泉に宿[地域、旅行、お出かけ>国内>観光地、行楽地]

阿蘇山噴火…旅行は控えるべきですか? 来週、九州ふっこう割を利用し黒川温泉に宿泊予定です。しかし今回の阿蘇山噴火による影響がどんな感じなのかわからず… 大観峰や草千里観光をメインに 考えており、地震の影響で先月やっと再開した草千里のカフェ利用とかを非常に楽しみにしていたのですが… 安全や現地の状況を考え、今回の旅行は見送った方が良さそうでしょうか?

深夜に阿蘇山が噴火して熊本から大分まで降灰がある。というのを見ました。 今月の[ニュース、政治、国際情勢>災害>火山]

深夜に阿蘇山が噴火して熊本から大分まで降灰がある。というのを見ました。 今月の20、21に大分に旅行に行くのですが控えた方がいいレベルの噴火の規模でしょうか?現地の方の意見を聞いてみた いです。



湯布院→阿蘇山→熊本駅[[地域情報]旅行・レジャー>国内>国内旅行(全国)]

4月初旬に湯布院に行く予定です。 湯布院に1泊、次の日レンタカーを借り、阿蘇山経由の熊本駅で乗捨て、 新幹線で新大阪まで帰るという計画を立てています。 上記が可能なレンタカー...





◆生前戒名と延命祈祷◆



◆生前の位牌(供養・御祈祷)は 7倍の功徳あり


◆戒名(法名)は「生前授与が本義」


「逆修(ぎゃくしゅう)生前(せいぜん)のお位牌」


「逆修」とは、死後の行事を生前にあらかじめ行う事をいいます。戒名(かいみょう)は、本来の建て前からいいますと、生前(生存中)に、授戒の折につけてもらう名でありますが、今日では、人の死んだとき授与される習慣となってしまったので、生存中に戒名(法名)をつけてもらうことを逆修といいます。

 逆修は予修ともいいまして、葬儀供養を予め生前に行っておくもので、死後の供養に比べ「七倍の功徳」があるといわれます。日本においては、平安中期に藤原道隆が行ったのが最初といわれ、「逆修位牌(生前位牌)」については室町時代の足利義政の直筆とされるのが遺っており「慈照院殿准三宮喜山大居士寿位」と書かれています。
 その逆修位牌の戒名(法名)は、受者が生存中は、朱(赤)字で書くのが通例であります。

◆戒名(法名)は生前授与が本義
 戒名とは、その言葉が示すように、本来は戒を授かったのちに与えられる名前のことです。すなわち、得度・受戒・灌頂などを受けた者が仏門に入った証として授かるのであり、生前授与が本義なのであります。しかしながら、葬儀式において生前受戒しなかった者に受戒作法を行い、戒名を与えるようになったために、戒名といえば、葬儀で授かるものという誤解が一般的に広まることになったのです。現在では単に戒名といえば、在家の者が葬儀の際に授かる法号のことを指しているようです。
法号は正確にいえば、院号(院殿号)・道号・戒名(法名)・位階(位号)といった要素から成り立っています。 ★【詳細はこちらから是非ご覧ください】


★お守り各種はこちらからどうぞ。


梵字御守り・シルバーアクセサリーお守り

無料運勢・御神籤(おみくじ)はこちらからどうぞ。

★高野山真言宗ー宗泉寺住職で30年の信頼と実績を誇る
日本易学協会開運師範鑑定士の資格をもった住職による
アドバイスです。
★HPでは、無料【運勢・おみくじ】もご覧になれます。






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビートたけしが降板暴露について | トップ | 阿蘇山について »