『斬(ざん)』
移転しました。
移転先:http://souryuusei.blog61.fc2.com/
 



他人の不幸は蜜の味: むだづかいにっき♂批判

observation: 考えるために書いた文章と考えた結果を書いた文章

 実は、この両記事とほぼ同じような発想の記事が、草稿中の中にあります。そして、この両記事と出合ったときに同じように感じたことが、

「うわ、ネタ被った!」

では無くて、

「同じ発想じゃないか!」

でした。
 以前は、同じような発想や視点で書かれた記事を読むと、

「同じようなこと考えてる人がオレ以外にもいるんだなぁ」

と、ちょっと嬉しく思ってましたが、今回は、

「う~ん、同じこと言うブロガーがいるなら、オレ要らないんじゃない?」

と、ちょっとネガティブな考えを持ってしまいました。丁度そのころタイミングよく(?)、『趣味のWebデザイン:備忘録の緩やかな変化』の記事を読んでいて、その中で
 それはやはり、以前書いた通り、主流派には名文書きがたくさんいて、基本的に私の出る幕はない。自分がそれを読み満足して、おしまい。……ということなのですね。ブロガーが激増した結果、視界の中に「少数派としての私」の主張を代弁される方が増え、その記事を読むだけで充足してしまうのです。屋上屋を架す意欲がわかない。

 となるともはや「少数派の主張」を声高に訴える道はほとんど閉ざされ、いっそうニッチなテーマについて書く他ない。「価値観対立にどう折り合いをつけていくべきか」は備忘録の開始当初から折に触れ書いてきたテーマですが、他に書くことがなくなってきたので、相対的に目立ってきたように思う。
と述べられているのに影響を受けた面もあるのですが。

 話は少し逸れますが、はてなブックマークについても、最近同じようなことを思っています。それは、1GET などのいわゆる早押しゲームに近いブックマークについてです。有名ブロガーの記事の場合、多くの人に読まれます。その中で、この記事はイイ!!と特に感じた記事は、多くの場合、読者も同じように感じるはずです。だから、その記事のブックマーク数が膨れ上がるのは、ある程度予測できます。つまりは、それを最初にブックマークすることには、それ程の価値は見出せないのです。それは新着で早く読んだか読まないかだけでしかありません。最近、そのことが気になっていることもあり(それ以外にもいくつかあるのですが)、はてなブックマークをあまり利用していません。つまり、有名人ブロガーのブックマークの1GET についても、誰でもいいんじゃないか?と思うのです。ただ、はてなブックマークの魅力はそれだけでは決して無いのですけどね。

 それで、あまりにネガティブな発想で考えを進めるのも何だなと思い、いろいろと思考を廻らせてる中で出た、今の答えが、

「LSTY さん(他人の不幸は蜜の味)や yosiyama さん( observation )と同じような発想が出来るということは、それなりに自己評価してもいいんじゃないか?」

という事。自信とまではいかずとも、未だ彼らと同等の新たな良記事を書ける可能性があるんじゃないか?と思えたのです。

 少しだけ気持ちが楽になりました。これからもたとえ発想がダブったとしても記事を書いていこうと思った次第です。

 あ、草稿中の記事が気になる方がいるかもしれませんが、気まぐれで上げるかもしれないし、上げないかもしれません。気長にお待ちくださいね。

(追記)2006.01.17
[関連]
「居合いの間」へのお返事

コメント ( 6 ) | Trackback ( 1 )



« オンラインで... 「居合いの間... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (LSTY)
2006-01-16 10:59:46
 はてなブックマークを読んで驚いたんですが、この記事への反応はおおむね悪い、というか叱咤激励的な感じですね。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://blog.goo.ne.jp/souryuusei0401/e/7fcc5a2c381bbe93a682e1feae7a906e



 僕自身は、souryuuseiさんの気持ちはよく分かります。僕もたまに思うから。



 でも「存在価値がないかも知れない」と思うっていうのは、裏を返せば「俺には存在価値がある」という自負心から来てたりするんですね。それこそ傲慢なわけで、僕は「たまに人のためになる記事が書けたらいいかな」くらいに思ってます。



 でも話題が被っても僕はあまり問題がないと思う。既出でも。人によって言葉は変わるし、僕が書いても届かなかった人に、souryuuseiさんが書いたことによって届くこともあるから。

 そういうのって偶然なんですよね。誰に届くかっていうのは。
 
 
 
LSTY さんへ (souryuusei)
2006-01-16 21:49:32
> はてなブックマークを読んで驚いたんですが、この記事への反応はおおむね悪い、というか叱咤激励的な感じですね。



叱咤激励で記事の意図とはちと違う気もするコメントもあるようですが、オレとしてはどれも非常に嬉しいですけどね。記事に対するコメントというよりブログ主という立場で考えると、これだけ濃いリアクションをいただけたってのは、それだけで充分だったりします。ほんとありがたい。



それと、ブログ単位と記事単位でのこの記事の見方の違いが、はてブコメントではよく解ります。



 このブログが、度々この手の記事(迷走系でブログ運営での疑問や違和感、気付きなどの問題を記事にする)を書いてるブログと知ってるか知らないかを知ることが出来たのはよかったです。



>裏を返せば「俺には存在価値がある」という自負心から来てたりするんですね。それこそ傲慢



 傲慢と書いてしまうとちと乱暴にも思えますが、存在価値があって欲しいという願望ですね。それと、これは影響力とも関係があるのですが、やはり公開して大衆に向けて記事を発信してる。そして、敬愛してる人や尊敬してるブロガーにも読まれてるというのを知ってるわけです。単純に100人が読んだとして、その100人分のパワーに負けない(というか受け止められる)パワーが、ブログ主には必要だと感じます。



 有名な方々も、その大衆のパワーを受け止めるパワーを持てる方々が大成してると思います。オレは以前そーゆーのが、煩わしいと考えてましたが、啓蒙しようとか、何かを訴えようと思うと、やはりある程度多くの人に影響力のある位置にいないと駄目だと感じました。故に、少しずつ閲覧者のパワーに負けない、そして、いい意味で慣れるようになろうとしてます。それには、やはり自負心は必要ではないかと思います。それを傲慢と捕らえるのは違うように思いますよ。というより、自負心というのを、かりそめでもいいから持って、それに酔わせて欲しいのかもね。



 それで、いずれかりそめが取れたらラッキー!!とね。ま、今回の事も、ブログ運営の成長過程での壁なんでしょうね。



> 人によって言葉は変わるし、僕が書いても届かなかった人に、souryuuseiさんが書いたことによって届くこともあるから。



 同感です。誰がどの記事のどの部分に、心の琴線が触れるかなんて分りませんからね。



あ、それと少し色気がでて、記事が被ったときは、記事上げのタイミングを見計らうってのは、ありますけどね。
 
 
 
Unknown (LSTY)
2006-01-17 10:29:10
 傲慢って書いたのは、僕自身のことなんですよ。

 僕は記事を書く時、「俺が書くんだから有用でなくてはいけない」とか「俺だからみんなと同じ視点で書いてはいけない」という事を考えるんです。

 すごくいやらしいと思うんですよ、そういう自分が。自意識過剰というか。

 でも、それが、僕がブログをやる意味だし価値だという気持ちがあるから、そういうことはいつも考えます。



 SNSに書く日記は例外なんですけどね。あ、それから他人のブログにコメントする時も例外だ。

 ああ、ここら辺のスタンスの違いって面白いな。記事にしようかな。
 
 
 
LSTY さんへ (souryuusei)
2006-01-17 20:17:00
傲慢というより、それはプライド(自尊心)なのでは?



「練習では自分が一番下手だと思え、本番では自分が一番上手いと思え」



ってのが、あるけど、それに近いかな。

練習=人の記事を読むとき

本番=自分が記事を書くとき



 記事を書く上で、

>「俺が書くんだから有用でなくてはいけない」とか「俺だからみんなと同じ視点で書いてはいけない」という事を考える

のは、必要なんじゃないかと思う。オレは、いけないとまでは思わないけど、常に違う視点や発想で書くことを心がけてるし、個性とか味とかよばれるモノってそーゆー他人じゃ出来ない魅力でしょ?それが、読者を惹き付けるのであって、いやらしいとは、思わないけどね。スポーツでも相手のいる競技じゃ、相手の一番嫌がる方法で攻めるでしょ?でも、それで勝ち抜いて栄光を掴んだ選手を、あいつはいやらしいとはいわないでしょ(明石屋さんまさんが、よーゆーてることですが)?それとよく似てるかな。



ブロガーって、ある程度自意識過剰でなきゃ、続かないでしょ?だから、オレもこの記事にあるように欲が出て、同じ発想で書かれてるのがシラケた部分でもあるし。



ちゅーか、立場逆転してないか?あ、それが狙いか、流石や。



とりあえず、記事ネタの素が一つ見つかって何より。程よく仕上がりを期待してます。
 
 
 
通りすがりですが^^; (通りすがりのエ)
2006-11-13 16:16:12
初めまして偶然お邪魔させていただきました。
実は今各サイトの存在意義について個人的に調べてたところこちらに導かれまして…
現在のネット世界ではブログによって収集できない状況にあると思います。
昔なら新聞記者や作家によって発言されていたものが
個人レベルで発言できるようになったので同じような意見がいろんなところで見えるのは必然だと思います。
昔の新聞が個人レベルで書かれていればきっと記事がかぶったりしてたはずなんですよねぇ(まぁ編集長によって生き残った記事だけが載ったりするわけなんですけどね実際はーー;)
souryuuseiさんのコメントは人として素直な意見だとおもいますよ(私もそうなので^^d)
さて今一度私も存在意義について考える旅をしてきますね^^;
突然失礼しました^^;
 
 
 
通りすがりのエさんへ> (souryuusei)
2006-11-15 20:43:09
 ブログが誰にでも簡単に情報発信できるようになって、「玉石混淆」となり、石が増えているのは確かですね。ここでも情報の氾濫は起きています。それらを選別すべくサービスが持てはやされる昨今ですからね。google しかり、はてなブックマークなどの SBM しかりね。

 で、存在意義についてですが、自然淘汰されて、いいものは目立ち、汎用なモノは埋もれる傾向に変わりは無いと思います。ただ、いいものというのも人によって千差万別ですから、埋もれてしまう場合も多々あるわけです。その中で、埋もれているけど存在価値の高いものが、その価値に気が付かないままだったとした不幸ですね。

 サイト(ブログ)の存在意義なんて必要ないのかもしれません。ただあって欲しいと思い続けることで、あるとき存在価値のある記事が生まれる可能性はあるんじゃないかとは思いますけどね。

 基本的には、昔から同じことの繰り返しなんだとも思ったりもします。真理としてはね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
居合いの間 (不備日報)
■『斬(ざん)』:このブログの存在価値を考えさせられた を読んで思ったことを書きます。 ブログの存在価値などを考えてはいけません。もともとブログなど余計なもので、価値などないからです。価値があると錯覚するから迷いが生まれ、わけが分からなくなってしまうので.