『斬(ざん)』
移転しました。
移転先:http://souryuusei.blog61.fc2.com/
 



 以前から、個人的なポリシーとして、サイト(ブログ)のコメント欄や掲示板などにはじめて書き込む場合には、挨拶として最初に「はじめまして」を極力入れるように心がけています。しかし、最近ちょっとしたことがあって、あれこれとまた考えていました。

 結論から言うと、「はじめまして」はやめる

になったのですが、ではそのいきさつを。

◆「はじめまして」をなぜ書くか。
 ・相手への敬意
 ・コミュニケーションの円滑化
 ・コメントのタイトルでつまずくのを回避する

 の3点なのですが、「相手への敬意」は、間違えて既に初めてではない場合には、逆に失礼になってしまいます。そうなると「コミュニケーションの円滑化」では無くなってしまいます。また、相手のサイト(ブログ)の運営ポリシーに「挨拶は必要ない」とあった場合には、やはり書かないほうがいいから、余分なことになってしまいます。「コメントのタイトルでつまずくのを回避する」は、特に無ければタイトルは入れなければいいので、別段困らないです。

 以上の理由が、「はじめまして」をやめる主な理由です。
 しかし、挨拶をノイズという考え方はすこし違うと考えますので、挨拶はあったほうがいいという考え方自体に変わりありません。そして、挨拶されれば返したいというか、返すことが当たり前という考え方に変わりはありません。なので、されるのはご自由に、です。ただ、こちらが返事を忘れたりする場合もありますので、その場合はご容赦いただきたいです。もし挨拶の返事が無かったとしたら、それは単に忘れてしまっただけで他意は無いです。

 もう少しだけ余談を書くと、最近ソーシャルブックマーク( SBM )や RSS リーダーなので、記事やコメントを大量に読みます。ですので、どの方と絡んだのかの線が非常に曖昧であり、その数も増えすぎているため、管理できる状態では無くなっています。さらに、忘れやすい自分の性格も手伝って、初めてでは無くても、数ヶ月前に一回くらいの絡みでは忘れている場合も増えています。その辺りを考慮に入れると、「はじめまして」はもう破綻していると感じます。

 極力失礼の無いようにということでの判断です。元々覚えていないのが失礼なのではありますが、覚えきれないというのも、正直な現実であり、切実(ってほど大げさではないかもだけど)な問題です。

 ですので、本来は、初めての方には「はじめまして」を入れたいんだけど、という気持ちがあることだけは分かって頂きたいと思います。

 以上の結果より、今後、自分からの「はじめまして」ではじまるコメントはやめます。

 ついでに「おはようございます」、「こんにちは」、「こんばんは」は、相手がいつ読むかで、返答に迷う場合があるので、こちらも極力しないです。

 「やー」とか「どうも」というのもいいかなとも思いますが、なんか馴れ馴れしさもあるんですよね。いつでもどこでも誰にでも使える適切な挨拶ってなんかないでしょうかね。

[関連]
はてなブックマーク - 『斬(ざん)』 コメントにおける「はじめまして」について考える

追記(2006.12.23)
・関連にリンクを1つ追加。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 結局トラック... 悪ふざけの実... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (LSTY)
2006-12-21 08:26:00
>間違えて既に初めてではない場合には、逆に失礼になってしまいます。

 僕もこれで「はじめまして」をやめました。初めてであろう時や、ほとんどコメントしたことのない人の所に書き込む場合には「こんにちは」を使っています。
 「こんばんは」や「おはようございます」と比べると、読む時間を問わないかな、と思うので。
 
 
 
LSTY さんへ> (souryuusei)
2006-12-23 20:36:21
 はてブのコメントでも「こんにちは」を使っていると書かれている方を見受けられますが、「こんばんは」な夜のときはやはり違和感があります。コメントって、書込み時間が表示される場合も多いので、その整合というのが気になるんですよね。素直に「こんにちは」には「こんにちは」で返せばいいのでしょうけど、心の中でもう一人の自分が「真夜中に書き込んでおいてそれでいいのか?おまえ」と突っ込むんですよね。

 メールなら第三者は関係なくなるのでいいんだけど、公開されている場所では、夜時間で「こんにちは」は使いづらいんです。芸能界が「おはようございます」で統一してるのも、そういった時間感覚を感じさせないというのが、元ではないかと思ったり。

 社会的に業務としての挨拶で「お世話になります」がありますが、これは使いたくはないし、一時期流行った「こん○○は」ってのも、相手によってはふざけてるようにも取られかねないですしね。

 メリットとデメリットを考慮すると、挨拶文を何も書かない場合では、それほど問題にならないいという無難さを重視ですかね。「こんにちは」が無難というのも、分かりますがオレみたいなひねくれモノの場合を相手に想定してしまうので使えないんですよね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。