池田 悟≪作曲家≫のArabesque

・・・深くしなやかに・・・(フランス語に訳してます)

原初の音

2007-01-16 | 作曲/小編成
太古からある楽器―そのことが楽器名の由来になったかどうか知らないが―恐らく声の次に人類が手にした、最初の楽器。
目下、歴史上最も古いものに属す楽器のために作曲中
音を出すだけなら何も難しくない。その楽器のために譜面を書くことも…それゆえ独創的な物を作るのは並大抵の事ではない。

ではなぜやるのか?面白そうだから。複雑さは「逃げ」だと思うから。
現代音楽の、否、自分自身の作曲語法の行き詰まりを打ち破るのに、音楽の原点に帰るのは一番の特効薬だと思うから…断食して健康を取り戻すように。

この楽器には一種のストイシズムがある。ハーモニーが無い。メロディーも無い。
代わりにそれらの不在を補って余りあるほどの、理屈抜きに共鳴させてしまう力がある。
人を、動物を、植物を、水を、空気を…振動のコンポジション。まるで電子音楽!
多くの現代音楽は調性が無いばかりか、メロディーもハーモニーも、時にはリズムすら無い。このことも同じ理由なのだろうか。

この作曲を始めてから、風呂に入ってお湯の音がチャポーンとしても、自分の足音がドン!と鳴っても、何かが擦れてシュッと鳴っても、ハッとしてしまう。
曲のアイデアは次々に湧いてくる。しかしいざ譜面にすると、簡単が故のディレンマに悩み、数日は何も進まなかった。
これこそ自分が求めていた事だったのだが。

原初の音…現代の音。

試聴
『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サントリーホール《吹楽》プ... | トップ | 作曲と仕事のリエゾン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL