池田 悟≪作曲家≫のArabesque

・・・深くしなやかに・・・(フランス語に訳してます)

ドビュッシー「月光の降り注ぐテラス」「金色の魚」

2017-05-16 | 弾いたピアノ曲
前奏曲集第2巻第7曲「月光の降り注ぐテラス」
属七の揺らぎ、素朴なメロディーと半音階的和声。
そして臨時記号だらけのパッセージは一見複雑そうだが、実は属七を刺繍しているに過ぎない。
神秘的な響きも、緩慢な超低音を取り除けば割と普通。
頂点で白鍵だけのマーチのリズムとなるのは、鮮やか。

「映像」第2集第3曲「金色の魚」
前半の殆どを占めるピアニッシモを、もしフォルティッシモで弾けば、たちまちラフマニノフの「楽興の時」。
クラシックのエンハーモニック転調のように、思いがけない手法でテーマが戻る。
全体が即興演奏のような、野放図なまでの展開。「花火」のような後半。

ドビュッシーのこの2曲を暗譜した。それをセットにしたのは僕の目利き。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルトフルートのための"The ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL