池田 悟≪作曲家≫のArabesque

・・・深くしなやかに・・・(フランス語に訳してます)

ハープシコードのための≪Prism≫プログラムノート

2013-07-27 | 作品発表・プログラム
この作品はチェンバロの全音域に亘る一つの音列で作られている。
それは様々な和音になり、パッセージにもなる。
一つのプリズムから、様々な色の光のスペクトルが現れるように。

ハープシコードのための≪Prism≫、今日、ロンドンで初演(演奏:ジェーン・チャップマン)。 →プログラム
このコンサートのCDが、"Prima Facie"という現代音楽専門のレーベルから出版される可能性がある。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラフマニノフ「練習曲・音の... | トップ | 千葉史絵トリオ/Echoes »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL