池田 悟≪作曲家≫のArabesque

・・・深くしなやかに・・・(フランス語に訳してます)

6手のための「ショパンのノクターン」初演予定

2010-11-22 | 作品発表・プログラム
僕が編曲した《6手のための「ショパンのノクターン」》が、3人のピアニスト(小松原章子さん、西山由紀さん、西山由香さん)により、このコンサートで初演されます。

3pianists Piano Joint Recital
かなっくホール
2010年12月18日(土)
18:30開場/19:00開演
全席自由 3,000円

【ショパン・シューマン生誕200年】
<ショパン>
■アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ op.22
■バラード 第3番 op.47
■幻想ポロネーズ op.61

<シューマン>
■パピヨン op.2
■幻想小曲集 op.12 より
■ウィーンの謝肉祭の道化 op.26 より
その他

チケットはこちら

ジャンル:
文化
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6手連弾編曲 | トップ | 小林倫子 ヴァイオリン・リサ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
先生、おひさしぶりです。 (norisuke)
2010-12-02 00:06:16
レッスンに通えず申し訳ございません。

さっそくですが、近々「作品」をお届けしたいと思います。

宛先は島村楽器ミュージックサロン池袋 気付 池田 悟様でよろしいでしょうか。
norisukeさん、お元気ですか。 (I)
2010-12-16 23:45:02
「2作品」とメッセージ拝受しました。
いつもありがとうございます。
またのお越しをお待ちします。
いつもお世話になっております。 (norisuke)
2010-12-17 19:33:35
そうですか、無事に届いてホッとしております。

それにしても先生、うまいなあ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL