池田 悟≪作曲家≫のArabesque

・・・深くしなやかに・・・(フランス語に訳してます)

スペインの国際作曲コンクールで1等賞

2005-07-27 | 作曲コンペ歴
拙作「Planetarium~for right hand」(右手だけのピアノ曲)が6月9日、スペインのバレンシアで行われた「国際ピアノ作品作曲コンクール/ベラルテ・ヨーロッパ 2005」の本選の結果、グランプリや、最も若い入選者に与えられるKAWAI賞には該当しなかったものの、それ以外の入選3作品の中では1番の「特別賞1等」1ª Mención de Honorを受けました。

*****審査結果*****
グランプリ:Christian Schmitz (Italy)
最も若い入選者へのKAWAI賞:Spencer H. Schedler (U.S.A.)
特別賞1等:Satoru Ikeda (Japan)
同2等:Salvador García Fernández (Spain)
同3等:Maria Manieri Amabile (Italy)

「Planetarium」は右手一本で超絶技巧的に動き回る曲です。
コンクールの要項に「両手または片手」とあったので珍しい片手の曲、しかも現代曲には右手がふさわしいと分析し、応募しました。
〆切まで3週間しかなかったので、片手分しか書けないだろうと見込んだ事情もありますが…

コンクールのピアニスト、アンブロジーニ氏が気に入って下さったそうで、グランプリとKAWAI賞に加え、僕の曲も録音したい、出版もしたいとの由、2~3ヶ月後にRadio Koszalinでスタジオ録音の予定です。

また、同作は7月5日(火)19時、東京のタワーホール船堀(大ホール)における~現代ピアノ作品の夕べ~(江戸川区音楽協議会主催)で作曲者自身によって暗譜(楽譜を見ずに)で日本初演されました。400人のお客様から鳴り止まぬ拍手をいただきました。

music.png 楽譜 / 全曲試聴 | コンサートの試聴
ジャンル:
アクセスアップ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 7・5コンサート/席取り秘話... »
最近の画像もっと見る

作曲コンペ歴」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL