池田 悟≪作曲家≫のArabesque

・・・深くしなやかに・・・(フランス語に訳してます)

≪Solitude≫作曲ノート

2013-02-10 | 作曲/言葉・声
今日、作曲家にとって最も神聖な日。
バスフルートとピアノのための《ソリチュード》初演
満員御礼!アンコールは《サトミのための小品 No.1》
以下、プログラムノートとプレトークを再構成したもの。

詩の4つの連(各4行)をそれぞれ一つの楽章、全4楽章に作曲した。
作曲に当たり、詩から抽出したテーマは以下の通り。( )内は私の解釈。

Ⅰ―空、イラクサ
 (「空」「壁」は高さを示す概念)
Ⅱ―母なる海
 (「地獄」は「思い出の」、さらに「どんな」によってカムフラージュされ、最早ぼんやりと甘酸っぱい)
Ⅲ―錯乱
 (「断崖」=第1連「壁」に結びつくが、過去を拒絶し、錯乱のるつぼ。「おまえの黄色い花を、わたしの飲む泉に浸す」は性的)
Ⅳ―父なる神
 (エディプスコンプレックス。「深淵」「足下」は低さを示す概念)
そして4通りの「沈黙」。

(写真:共演者、山根尊典氏)

楽譜 / 全曲試聴
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 《サトミのための3つの小品》... | トップ | 新車購入 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL