池田 悟≪作曲家≫のArabesque

・・・深くしなやかに・・・(フランス語に訳してます)

メルボルンで≪Ki-e≫初演

2008-12-13 | 作品発表・プログラム
13日(土)3:30pm、メルボルン大学(オーストラリア)メルバ・ホール(写真)にて「尺八室内楽国際作曲コンクール2008」コンサート。
「Ki-e~尺八、ギター、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのための」の初演(僕は出席せず)。

---プログラム---
1. 第3位
Ki-e    Devotion    / Satoru IKEDA (Japan)
Barry Bignell 指揮, Andrew MacGregor: 尺八, Kanishka Karunaratne: ギター, Aaron Barnden: バイオリン, Ceridwen Davies: ビオラ, Caerwen Martin: チェロ

2. 第2位
Essence    / Doug Gibson (Australia)
1. Trust But Verify    2. Passacaglia
Barry Bignell 指揮, Anne Norman: 尺八, Kanishka Karunaratne: ギター, シロ弦楽四重奏団

3. 第1位: winner of the Shakuhachi Chamber Music International Prize 2008
Sky Mirror    / Derrik Jordan (USA)
1. Floating Clouds    2. Stirs The Surface    3. Everything Is Alive
Andrew MacGregor: 尺八, Geoff Hughes: エレキギター, シロ弦楽四重奏団

休憩: 聴衆賞の投票

4. Jukan 樹冠    Crown    / NAGASAWA Katsutoshi (1979)
5. Songs of the Earth and Sky / Johanna Selleck (2008)
6. These Terrestrial Commitments / Brenton Broadstock (2008)

終演: 聴衆賞の発表 Essence  / Doug Gibson
------
1ヶ月前Andrew氏に、4人の演奏家の名前の発音の仕方を発音記号か、似た発音の英語の組み合わせで教えてくれないか、とメールで質問したら、何とカタカナで返信して頂いた。
Aaron Barnden: アアロヌ バアルンデヌ, Caerwen Martin: カエルウェヌ マルチヌ, Ceridwen Davies (Ker-RID-Wen): ケリヅウェヌ デビエス, Kanishka Karunaratne: カニシュカ カルナラツネ
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シューマン「クライスレリア... | トップ | 魂の講評―第25回現音作曲新人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL