池田 悟≪作曲家≫のArabesque

・・・深くしなやかに・・・(フランス語に訳してます)

シューマン「ノヴェレッテ第8曲」

2017-07-23 | 弾いたピアノ曲

16分音符の波に揉まれて上昇し、シンコペーションが強打される鮮やかな冒頭主題は、なぜか序盤で姿を消す。
突然楽観的なスキップするリズムになり、また力強いワルツになり…。
後半は技巧を封印し、オルガンのようなハーモニーの深淵。
一見単純に見える下行音型の緩慢な主題は、フレーズの構造が一筋縄ではいかず、暗譜に注意。
脇役クラスの主題が再現するだけの終わり方には最初期待外れと感じたが、冒頭の苦悩に満ちた主題が肯定的なワルツに変貌したのだ!
シューマン「ノヴェレッテ第8曲」を暗譜した。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弟の意志 | トップ | 弦楽合奏のための≪HATAORI≫完成 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

弾いたピアノ曲」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL