池田 悟≪作曲家≫のArabesque

・・・深くしなやかに・・・(フランス語に訳してます)

ハープシコードのための≪Prism≫ロンドン初演情報/作曲過程

2013-03-16 | 作品発表・プログラム
拙作「《プリズム》~ハープシコードのための」が、このコンサートで初演されます。
チラシ・プログラムノート

For_prism英国ハープシコード協会国際作曲コンクール入賞作品コンサート
2013年7月27日(土)午後3時ロンドン、ファウンドリング博物館/The Foundling Museum

チケット(£7.50/£5) はメール予約(お名前を送信)のみ

* * * * * 作曲過程 * * * * *
2012-08-13
JR三島駅から北西へ車で数分、自然に囲まれた中に、長泉町文化センター「ベルフォーレ」がある。
「ベルフォーレ」では16年前、ホールのこけら落としの際、地元の民話に基づいたオペレッタを委嘱され、作曲、指揮した。
Cembalo 8月12日の午後、空調の整った800人収容のホールに立派なチェンバロを用意して頂き、3時間半試奏した。
音域や楽想によるストップの組み合わせの効果を確かめた。
とりわけ上下の鍵盤を異なる音色に設定し、右手と左手の鍵盤を素早く変えることで、目が眩むような効果が出せることも発見した。
最低音域のアルペジオの余韻は30秒ほどもあった。

2012-09-01
Clavecin 当然のことながら、チェンバロ音楽はバロックで一旦終焉したので、流通している楽譜はバロックのものばかりだ。
それらの楽譜には音色の指定など一切書かれていない。
そこでインターネットで検索し、リゲティのチェンバロ作品「コンティヌム」の無料楽譜を参考にした。
ここには強弱記号の代わりに「8'」、「4'」、「16'+8'+4'」等と書かれている。
拙作にはそれに加え、「peau de buffle」を加えた計4種の指定をすることにした。
そして作品は完成した。
「ピアノに憧れるチェンバロ」ではなく「ピアノが憧れるチェンバロ」を掘り起こしたいと願って…。

2012-11-11
拙作「《プリズム》~ハープシコードのための」(7分40秒)が、10月28日にキングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)で行われた英国ハープシコード協会主催の国際作曲コンクールで、入賞4人には入らなかったものの、入選5人に入りました。

《英国ハープシコード協会10周年作曲コンクール・入賞者》
第1位:Alessandro Ponti (イタリア) "In Fuga da Verona"
第2位:Jung Sun Kang (アメリカ) "Stick Boy and Match Girl in Love"
第3位(2名):Aled Smith (イギリス) "Box Toccata" | Jürgen Kraus (ドイツ) "The Ascent of the K517"
入選(5名・アルファベット順)
Thomas Donahue (アメリカ) "Five Shapes"
Satoru Ikeda (日本) "Prism"
Patrick Jones (イギリス) "Santoor Suite"
Junghae Lee (スイス) "Improvisation sur les Ondes Chromatiques"
Gavin Wayte (イギリス) "Hot to Trot Love Bot"
ジャンル:
文化
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バスフルートとピアノのため... | トップ | 自然ハーモニクスの重音 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
池田君、安藤由布樹です。大変ご無沙汰していまし... (安藤由布樹)
2013-04-10 17:03:25
池田君、安藤由布樹です。大変ご無沙汰していました。素晴らしい作品を書いたのですね、ご活躍を嬉しく思っています。一度ゆっくりお話できるといいね。
おお、フーガの友、安藤君。コメントありがとう!... (I)
2013-04-13 11:13:28
僕の方はいつでも良いですよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL