草ノ尾日記

わたしのまんまで 生きていく。

猪の解体その2

2017年01月25日 | ジビエ
解体って
お腹を開くって
ドロドロでぐちゃぐちゃで血みどろのスプラッタなのかと思ってた。

それは勝手な思い込みだった。

血は血管に
細胞液は細胞膜に
食べた物は消化器官に
収まっている。
だから全然汚れてなんていない。


内臓(心臓とレバー以外)は犬のために川で洗いながら細かく切っていった。

肺は大気を吸って体中の血管に酸素を送り込むために
気道から枝分かれして
さらにさらに細かく分かれて
大きな木のようだ。


胃は大きな革袋
開いてみるとほとんどが草の繊維と
溶けかかったカエルが1匹 確認できた。

腸に近くなるほど壁が厚くなり
中身はトロトロになっている。


心臓は
あぁ、昔 理科の教科書で見たやつだ
ハート形
宗教画の宣教師の胸に あるやつだ。

強いやつだ。見るからに。
強くて美しい働きもの。
生を受けてから死ぬまで
休みことなく鼓動を打ってきたんだな。


どこをとっても
機能からできあがったカタチ


あぁ
哺乳動物である私たちもきっと
こんなふうになってるんだな と
おもいながら。

それは
普段は見ることができない私たちの
違う視点からの姿。


宇宙飛行士が大気圏を出て
引いて引いて
マクロの視点で
地球を見たときに
あぁ、私たちは こういう姿なんだ・・・!
と、思ったかもしれない。


逆に中へ中へ近づいて
ミクロの視点になったとき
感じることは、どこか近いのかもしれないな。



これは なんだ
こんな精巧なしくみ
だれが 創ったんだ

そして これはロボットみたいな「装置」ではなく
どこにもスイッチなんか ない。

これを
動かしていた のは

なに?



そしてそれは

どこへ行った?



それは
ここにある「これ」と

おなじもの。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猪の解体 | トップ | 「なにを」言ってるか、より... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ジビエ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL