アラフォー妊活日記 雨ニモマケズ

初めての妊娠は残念ながら稽留流産になった38歳の妊活日記です。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

前回妊娠(その後渓流流産)と今回(多分妊娠)のグラフの比較

2017-05-25 18:13:10 | 妊活



今年1月に妊娠した時のグラフと今回のグラフを比べてみました。
排卵日は排卵検査薬を基にした、私の予想ですが、私の場合、体温が一番低くなって高温期への移行の時に排卵しているのではないかと思います。

予想排卵日の翌日から高温期とすると、1月は5日目にピンク色のおりものを確認しています。
今周期は9日目に同じようなピンク色のおりものを確認しました。
なので、確認した日数は違いますが、今周期このピンク色のおりものを確認した時に、これはひょっとして、と思いました。

グラフを比べてみて思うは、高温期に入ってからの体温の動きです。
1月の時は、体温にかなり変動がありますが、今周期は高温期に入ってからは36.8度代から下がっていません。
36.8度から37度の間を動いている感じ。

低温期は、今回は高めです。
今期は、排卵検査薬が濃く反応した日が3日間くらい続い(いつもなら1日だけなのに)たのですが、それが原因かなぁなんて勝手に思っています。


排卵日ではなく、排卵日の前日、前々日にタイミングを取るのが良いらしいとネットでよく見かけます。
前回も今回もそれはちゃんとクリアできていました。

でも不思議なのですが、子供を持ちたいなぁと思うようになってからそろそろ3年くらい経つのですが、これまでだって、タイミングはそんなに間違ってなかったと思うのです。
それなのにこれまでずーっと妊娠しなくて、今年1月にやっと妊娠できたと思ったら、残念ながら流産。
そして、またその4ヶ月後に妊娠できた(まだ病院に行っていないので断言はできませんが)のは何故なのかと。

ただ、排卵検査薬を使い出してすぐに妊娠できたので、もっと早くに使っていればもっと早くに妊娠できたのかもしれません。
でも、タイミングはこれまでだってそんなに間違ってなかったと思うのですけどね。


ただ流産という結果にはなったものの、前回なんとか妊娠して、それで身体のスイッチが妊娠に向けて切り替わったりしたのかもなぁと思ったりしています。
また、流産で大量に出血した時に、生理が始まった12歳頃から溜まったゴミなんかも一緒に流れたのではないかなぁと。
そう思うと、前回の流産は私が妊娠するために必要なことであった気がしてくるのです。
これも身体の不思議な機能なのではないかと。

子宮の中を綺麗にお掃除してくれた、会えずに終わった私の最初の卵ちゃんに本当に感謝の気持ちでいっぱいなのです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« D33 高温期18日目 | トップ | D34 高温期19日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

妊活」カテゴリの最新記事