映画チラシ館

手持ちの映画チラシのアップをメインに、パンフレットなどもアップして行きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バティニョールおじさん

2005年06月25日 | ドラマ
2002年 103分 監督 ジェラール・ジュニョ
出演者 ジェラール・ジュニョ、ジュール・シトリュク、ミシェル・ガルシア

1942年のナチス占領下のパリ。
肉屋を営むバティニョールは、ナチス支持者の娘婿が隣家のユダヤ人、バーンスタイン一家を密告したことから心ならずもナチスに協力してし、バーンスタイン家の財産を引き継いでしまう。
そんなある晩、バティニョールのもとにバーンスタイン家の12歳の息子シモンが連行先からなんとか逃げ出してやってくる
バティニョールはシモンを匿いスイスへ逃そうと画策するが・・・。

ジェラール・ジュニョが監督・主演していて、新作の「コーラス」では第77回アカデミー外国語映画賞、主題歌賞にノミネートされました。

(Monsieur Batignole)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦火の勇気 | トップ | 戦国自衛隊1549 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
バティニョールおじさん (2002/フランス) (虫干し映画MEMO)
MONSIEUR BATIGNOLE 監督: ジェラール・ジュニョ 出演: ジェラール・ジュニョ    エドモン・バティニョール     ジュール・シトリュク    シモン  1942年、ナチス占領下のパリ。肉屋のバティニョールは、ナチス協力者の娘の恋人が隣家のユダヤ人、バーンス
バティニョールおじさん (シネマ日記)
「コーラス」の先生役のジェラールジュニョが脚本、監督、主演をした作品。彼はフランスでは超有名な一時代を築いたコメディアンらしく、彼を含むコメディアン集団が作った流行言葉なんかもたくさんある、とこないだ日本に遊びに来ていたワタクシの友人Florent君が言っていた
バティニョールおじさん (cinema note+)
2002年 仏 原題 Mo
バティニョールおじさん (映画君の毎日)
パンド バティニョールおじさん ドイツ軍占領下のパリでユダヤ人迫害の下、 普通の肉屋のおじさんがユダヤ人の子供を助ける話。 日本にだっていそうな普通のおっちゃんが、 決して名声や栄光の為でなく自分の気持ちで、 子供達を助けてあげようとする。
『バティニョールおじさん』 (Mon plaisir ☆)
バティニョールおじさんパンドこのアイテムの詳細を見る この映画は、私が行きそびれた2002年の横浜フランス映画祭でも上映されました。 私は、友達に当選ハガキを譲り受けて、試写会で観ました☆ 出演:(後々考えるとすごいメンバーでした♪) 監督・製作・脚本・主演は