Sound of Brass

Sound of Brass
金管十重奏の団体です。

本日

2016-10-16 22:21:21 | 音楽
本日は、日野市民オーケストラの練習に行きました。

このところ、仕事でなかなか行けずに、ご無沙汰になっていた、

リストのレプレリュードとシベリウスのフィンランディアの合奏でした。

この2曲は、学生時代より、なんども演奏したことがある曲ですが、

特にレプレリュードはC管を買って初めて演奏した曲です。

渋谷のネロ楽器で、初めてのローンを組んで、買ったものです。

そのころ、初めて吹いたモネットにも衝撃を受けて、同時にその金額にも衝撃を受けたころです。

当時は、C管で吹いたものの、自分の不慣れさ、音程の悪さにB管で吹いた方がいいのではないかと感じたものです。

今回もですが、替え指を駆使して、演奏をしております。
自分の音程のなさをカバーするためです。
音階が上がるときには、この運指、
しばらく休んでから吹くときは、この運指、といろいろ考えて吹いています。

フィンランディアは、ラッパの演奏としては特に問題はないのですが、
合わせるということになると、他の楽器との相性や、バランスが難しい曲です。
いろいろなところを聴いて演奏はしているのですが、
どこを聴けばいいのか全く分からなくなることがあります。
そんな時は、一回楽器を止めて聴いてしまいます。
聴いたところで、何とかならない時がほとんどですが,,,

本番では、力で押し切ることがほとんどですが、練習では少しでも合わせられるようになるようにと苦しんでいます。

あと1か月半、その前にサウンドドブブラスの本番がありますが、頑張ります。

ではでは。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 演奏会チラシ | トップ | 10月22日土曜日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。