相馬市九条の会

憲法九条、今こそ旬

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

思いやりあふれる日本の政府

2008-10-17 22:57:36 | Weblog
全国商工新聞(9/1付)が、東京新聞(8/21付)が報じたと紹介している。
「インド洋に展開する各国に燃料を無償給油している自衛隊が、イラク空輸では米軍から燃料を購入している。新テロ特措法で、01年から07年11月までに989回の洋上給油が行われ、224億円以上の燃料を無償給油。ところが、イラク空輸ではクウェートに駐留する航空自衛隊は、同じ基地にある米軍から航空燃料1840キロリットルの提供を受け、1億2600万円を支払っている。」
 日本政府ってのは、いつもそうだ。アメリカの兵隊には年間2600億もの「思いやり予算」で、寝室が4つもある1億円のマンションをどんどん作ってやったり、株でもうけた金持ちには株式投資減税で税金を大まけにしてやったりと、われわれ庶民や中小零細企業以外には、あふれんばかりの思いやりをしめす。
腹立たしいので、へたくそながら、川柳と相成った。
  
  おもいやり 国民いつも 対象外
  自衛隊 くれた油を 高く買い
                       さしみしぇふ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「敵は誰だ」「敵をみたか」*... | トップ | イラク現地からの最新情報が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
インド洋では無償で提供、イラクでは有償で購入 (Internet Zone::WordPressでBlog生活)
相馬市九条の会のブログに、こんな面白い記事が載っていました。 インド洋上ではアメリカ軍艦船などに無償で燃料を提供している日本ですが、イラク、クウェートに派遣された航空自...