夕刊/金田ヒサ

THE RAMBLINGSのフロントマンが贈る漂流記

38年目の放課後

2017-06-15 | Weblog
バンドを熊本でスタートさせて来月で38年を迎える。

相変わらず俺達の放課後の旅がずっと続いてる感じだよ。

長くやってると興行的に周年記念ライヴの勧めやお誘いとかあるんだけど

ライヴの動員は何を銘打とうが大差ないと思うし面倒くさいからやらない(笑)。

無名のロックン・ロール・バンドにキャリア云々記念なんて関係ないしね。

俺達はプレイするのが大好きで演り続けてるだけだしさ。

しいて言えば俺が想い描いた景色や音のニュアンスを

メンバーが音楽にしてバンドで演奏出来るかって事に尽きるんだわ。

それがランブリングスの最終目的地だったりゴールなんだろうと思うもん。

勿論、ランブリングスを楽しみに待っていてくれる人達や

俺達を知らない人達にもライヴに足を運んで欲しいといつも思ってるよ。

ロックン・ロール・バンドに興味を持ったら気楽に聴きに来てよ。



2017年7月15日(土曜日)

【THE RAMBLINGS ONEMAN LIVE】

@Musicians'paradise Jam(千葉中央/市場町)

「ザ・ランブリングス」

金田ヒサ/唄とギター

湯村恭生/ドラムス

川畑政司/ベース



開場18時 開演20時

charge 2000yen(学割1000yen)オーダー別

予約・お問い合わせ れすとん邪夢 043-227-7229
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ライヴ後記 | トップ | さよならマサ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む