夕刊/金田ヒサ

THE RAMBLINGSのフロントマンが贈る漂流記

チョコドロ・リハーサル

2016-10-12 | Weblog
ライヴから一夜明けてチョコレイト・ドロップスのリハーサル。

知らない人達にチョコレイト・ドロップスの話を少々。

(以下チョコドロ略)

高橋コウ率いるこのバンドの再始動には紆余曲折あった。

90年代後半チョコドロ活動停止後は新バンドを作ったり弾き語りしてきた

高橋コウ自身だんだんライヴ活動のスパンが長くなり

特にバンド名義のライヴからは随分と遠ざかっていた。

(働きながらの音楽活動は誰もが生活基盤あってナンボでね。)

チョコドロのオリジナル・メンバーでのバンド再始動は

既にライヴから離れてしまった人間も数人いるので実現は困難。

だけど残った楽曲はチャーミングでロックで眠らせるには惜しい。

もちろん高橋コウのフロントマンとしてのパフォーマンスもね。

俺はどんな形にせよライヴ・サーキットに復帰させたかった。

活動停止以後は野外ライヴとジョアン40周年ライヴの

2回だけステージに立った事があるけど完全復帰ではなかった。

前回ANGAのライヴを観に来てくれた人達は分かると思うけど

高橋コウのバックは俺達ランブリングスのメンバーがつけている。

(クロッパーズ名義で演ったけど、そりゃあ分かるよね・笑。)

チョコドロは活動期間が数年と短いので知らない人が殆どだと思うけど

ベースの川畑はランブリングス加入以前からチョコドロで弾いてたし

俺もギタリストとして作詞作曲含め参加していたバンドだ。

足りないピースは前述の通り現場復帰は難しい状況。

そこで何回かトラ(代役)で叩いた経験のある湯村に声をかけて

少しずつ再始動に向かって動き出しました、という経緯なんだ。

高橋コウはオリジナルメンバーでの再始動か

もしくは新たなバンド結成を考えてたかも知れないけどね。

俺は考えてるならやっちまおうぜって感じで誘ったんだ。

いつまで出来るか分からねぇんだからさ。

29日のロッキン・ソウル・レヴューで正式に再始動するんで

皆さん、ザ・チョコレイト・ドロップスどうぞお見知りおきを!
ジャンル:
モブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ありがとう。 | トップ | Dylan nobel pr... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (こーはい)
2016-10-13 06:50:36
噂では金さん、こうさんがチョコドロやるみたいと聞いてました。

お〜マジに再始動するんすね。

祝チョコドロ再始動!

29日のANGA.目撃しに行きますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む